ミュゼプラチナムVSエピレの脱毛サロンどっちがいいか比較対決

このエントリーをはてなブックマークに追加
エステでワキ脱毛をする女性

脱毛エステのミュゼプラチナムとエピレどっちがいいのかを比較対決しました。

低価格で脱毛できるのはいいけれど、脱毛効果やその後の予約状況などはどうなのでしょうか?1回で脱毛効果は現れませんので、その後何回かエステに通うことになるので予約状況などは把握しておきたいところです。

そんなみなさんが疑問に思っていることを比較して比べてみました。安いばかりで決めてしまっては損することもありますので事前に調査することをおすすめします。

ミュゼプラチナムとエピレの比較表

サロン名 ミュゼ エピレ
脱毛方法 SSC(Smooth Skin Control)方式
ジェルの上から光を当てる脱毛方式
毛が生えた状態で施術
一瞬痛みを感じる程度(個人差アリ)
1秒で約200本
黒い色に反応する光を利用して、お肌に光を照射するムダ毛の処理方法。
ムダ毛がなくなるだけでなく、お肌もキレイに。
施術頻度 2~3ヵ月に1回 ヘアサイクル(毛周期)にあわせて約2ヵ月間隔
保湿ケア プラセンタエキス配合ミルクローション ジェルにコラーゲン、プラセンタ、ヒアルロン酸を配合
店舗数 日本国内:185店舗 海外:20店舗 31店舗
予約方法 ・会員サイト(24時間)
・電話(10:00 – 19:00)
・店舗
公式サイトまたはフリーダイヤル
店舗変更 手続き・手数料なしでいつでも店舗変更可能 可能
予約のキャンセル料 なし 無料
無料カウンセリング カウンセリングのみ施術不可 60~90分 あり
コース詳細 ミュゼのコース詳細ページはこちら エピレのコース詳細ページはこちら
年会費 無料
支払方法 固定料金:現金またはクレジットカード(分割可) クレジットカード
VISA、Master、JCB、AMEX、ダイナースクラブ
分割払いは可能
キャンペーン 【はじめてコースW】 ワキV完了+全身から選べる2カ所セット 90%OFF 1,280円(税抜)※2016年7月31日まで【両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース】100円(税抜) 新規WEB予約限定 紹介特典:3,000円割引
はじめて割:980円
はじめての方限定、夏本番!つるスベ応援キャンペーン
実績 美容脱毛サロン 店舗数・売上 No.1(4年連続) 顧客満足度 No.1(2年連続)※2015年7月東京商工リサーチ調査JEMエステティシャン認定試験合格率 98.3% 痛みがなく快適だった100%
接客やサロンの雰囲気に満足99%
エピレを紹介したい98%
※2011年9月に、エピレへご来店のお客様508名様にお伺いした結果
公式サイト ミュゼの公式サイトはこちら エピレの公式サイトはこちら

知名度&店舗数対決

◯WIN ミュゼプラチナム
TVCMや雑誌などでもよく見かける「ミュゼプラチナム」。抜群の知名度があり、女性で知らない人はいないのではないでしょうか。直営店舗は国内に191ヶ所、海外に21ヶ所あります。入会すれば何度も通うことになるので、自宅や会社の近くにあるかどうかというのは重要なポイントになりますね。

×LOSE エピレ
エステティックのTBCがプロデュースしてできた「エピレ」ですが、まだまだ知名度は高くありません。店舗は国内に33ヶ所。全国展開しているものの都市部が中心なので、誰でも通いやすい、というわけにはいかないようです。

紹介特典対決

◯WIN ミュゼプラチナム
紹介した人、紹介された人の両方に、脱毛に使える9000円分のチケットがプレゼントされます。これは双方かなりお得感があるので、お友達をどんどん紹介したくなますね。

×LOSE エピレ
紹介した人、された人の両方にエピレのプランやホームケア品に4000円OFFが適用されます。合わせて、紹介した人にはSパーツの脱毛1回分が無料になります。こちらもかなりお得な感じがしますが、ミュゼの9000円OFFにはかないません。

初回特典対決

◯WIN ミュゼプラチナム
初めてミュゼを利用し、WEBから予約をした人は、両ワキ+Vラインの脱毛を何度でも受けられるコースがなんと100円です。「100円なら試しにやってみようか」という気持ちになりますね。

×LOSE エピレ
両ワキの脱毛が6回250円でできます。6回やればかなり効果は期待できそうですね。ミュゼと同じ両ワキ+Vラインの初回コースは、6回で700円になります。こちらの特典でも十分お得ですが、料金的にも回数制限がないという点でもミュゼの圧勝です。エピレには、他にも初めての方向けコースがいくつかありますが、いずれも回数が限定されているので、のちのち追加料金がかかってしまいそうです。

料金・コース設定対決

◯WIN ミュゼプラチナム
両脇・Vラインを期間・回数関係なく何度でも受けられるコースや、脱毛したい箇所が多い人のための、決められた回数内で全身を一気に脱毛するコース、回数内で、脱毛箇所を自由に選べるコースの3タイプの料金設定です。入会金、年会費、カウンセリング料は一切かからず、料金もシンプルで分かりやすいです。

×LOSE エピレ
こちらも、回数内で脱毛箇所を自由に選べるコースがあります。脱毛箇所はミュゼより細かく設定されているので選択肢は多いですが、ミュゼよりも多少高い料金設定になっています。

全身脱毛コースは、通常料金はエピレの方がかなり安いのですが、ミュゼでは期間限定で50%OFFなどをやっているので、その場合はミュゼの方がかなり低価格で脱毛することができます。また、エピレは回数無制限のコースはなく、全て回数制のコースになっています。入会金、年会費、カウンセリング料はかからないので安心です。

キャンセル料&返金保証制度対決

△DRAW ミュゼプラチナム
急に都合が悪くなり当日の予約をキャンセルする場合でも、キャンセル料がかからないのは嬉しいですね。返金保証制度については、「ミュゼの8つのお約束」のひとつとしてうたわれていますが、よく読んでみると適用されるのは「両ワキ美容脱毛完了コース」のみです。

『契約期間の範囲内で残りの回数を返金』と書かれていますが、もともと3600円と低額なコースなので、あまりこの制度を利用する人はいないのかな…と思ってしまいました。返金保証制度をうたっているからには、適用範囲などをもっとハッキリと書くべきではないでしょうか。

△DRAW エピレ
こちらも予約のキャンセル料は一切かかりませんので、急な予定や残業などがあっても安心ですね。全額返金保証制度については、ファーストプランでコースが2回以上あるもの、さらにコースの2回目を受ける前の方に限られます。もともとの金額が250円から6000円と低額なコースばかりに適用されているので、こちらもあまり制度として魅力的なものではないですね。

結局どっちがいいのか?

対決項目 ミュゼプラチナム エピレ
知名度&店舗数 ×
紹介特典 ×
初回特典 ×
料金・コース設定 ×
キャンセル料&返金保証制度
合計ポイント WIN:4
LOSE:0
DRAW:1
WIN:0
LOSE:4
DRAW:1
総合結果 ◯WIN ×LOSE

近頃の脱毛サロンの低価格化には目を見張るものがありますが、ミュゼプラチナムの「両ワキ+Vライン」が期間・回数無制限で100円というのは、ダントツだと思います。その安さをきっかけに入会してもらい、他の箇所の脱毛もしてもらうのが目的だとは思いますが、その他のコースも全体的に良心的でわかりやすい料金設定になっています。

エピレも決してミュゼに劣るほど高いわけではありませんが、全てのコースが回数制のプランな点が気になります。規定の回数で満足のいく脱毛ができなかった場合は、プランの追加をするなどしなければいけないので、プラスアルファの料金がかかってしまうのではないかと思われます。ベーシックなプランだけでも無制限のコースがあればいいのにな、と思いました。

そして、やはり店舗数の違いは大きいと思います。ミュゼプラチナムは全国に191店舗あるので、自宅や会社近くにある可能性が高いです。待ち合わせまでの間や会社帰りなどに気軽に行けるのは嬉しいですね。一方、エピレは都市部を中心に全国に33店舗しかありません。

短い施術時間のために、何時間もかけて通うのはやはり面倒だと思います。そしてエピレはTBCプロデュースという技術面での信用度はありますが、やはり知名度は断然ミュゼプラチナムの方が高いです。というわけで、ミュゼプラチナムに軍配が上がりました。

ミュゼプラチナムとエピレを比較対決したみんなの口コミ

エピレの担当スタッフの対応が臨機応変で良かった
私はエピレの方がとても良かったです。
基本的に毛の処理は自分でしていかなくてはなりません。
毛が残っていれば、その部分は光脱毛の対象から外されて周りだけ当ててもらうようになってしまいます。
ところが、エピレに行ったときに、担当スタッフさんが「もし剃刀を持っていたら一時外すので自分で剃っても大丈夫ですよ」
と配慮してくださいました。
私はできないと諦めていたのですが、その配慮で施術を受けることができました。
本当に感謝しています。
ミュゼも施術はあまり変わらないですが、沢山の人が通う中でも一人ひとりに寄り添った対応のできるサロンがエピレだと思いました。
100円脱毛ができるミュゼプラチナム
キャンペーンで永久脱毛100円で両脇とVラインの脱毛を継続中ですが、勧誘は一切なく、100円しか払っていないにも関わらず、すでに6回通っています。正直、勧誘されるんだろうと思っていたのですが、これまでにそんなことは一切なく、丁寧な接客で対応していただいています。勧誘に不安を抱いていられる方でしたら、ミュゼプラチナムがおすすめです。何回通っても、終了するまで、気兼ねなく通うことができるので、脱毛お考えの方はお勧めです。
全身脱毛以外なら比較的値段が安い点
私が脱毛サロンのミュゼプラチナムとエピレのどちらがおすすめかと聞かれれば間違いなく
ミュゼプラチナムをおすすめします。それはどうしてかというと、全身脱毛以外の部分脱毛なら比較的ミュゼプラチナムの方が
安い料金で利用できるというのがあるからです。

ですから、これから脱毛サロンのミュゼプラチナムとエピレのどちらを利用しようか迷っているならぜひミュゼプラチナムを利用される
事をおすすめします。それぐらい部分脱毛ではここがおすすめです。

価格の安さです!
エピレより、ミュゼプラチナムの方が、価格が断然安いのでおすすめです。ミュゼプラチナムでの両ワキ+Vラインの美容脱毛完了コースは、キャンペーンのときは、100円や200円です。これは、どこの脱毛サロンにもかなわないと思います。やはり脱毛というとワキをまずやりたい、という人が多いと思いますが、ミュゼプラチナムでは、100円でできてしまうのです。この値段なら、もしミュゼプラチナムの脱毛が肌に合わず、赤みなどが出て通わなくなってしまったとしても、損はしないと思います。
ミュゼプラチナムのほうが宣伝の多さがポイントです
ミュゼプラチナムの方が、宣伝に力を入れているのでおすすめです。エピレはあまり宣伝をしていないのか有名ではない気がします。それに比べてミュゼプラチナムは、電車の中の広告、雑誌のページ、テレビコマーシャルなどで多く見かけます。広告を多く出し、人々が多く知る機会があるミュゼプラチナムの方が、客数の増加にも影響を与え、売り上げが伸び、その分お客さまに還元してくれる気がします。広告を出せる利益を多く得ているとも言えます。


会社概要

商品名 ミュゼプラチナム エピレ
販売事業者名 株式会社ミュゼプラチナム 株式会社シュプレイムルミナス
所在地 東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエア19F 東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービル43F
ホームページ http://musee-pla.com/ http://www.epiler.jp/
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。