ミュゼプラチナムと脱毛ラボのどっちがいいのかVS比較

このエントリーをはてなブックマークに追加
ワキ脱毛イメージ

口コミでも人気の高い脱毛エステティックサロンであるミュゼプラチナムと脱毛ラボ。この二つの脱毛サロンではどっちのほうが良いのか?

脱毛方法やオススメの施術コースや気になる料金体制など、さまざまな視点から比較対決!全身脱毛や永久脱毛をどちらかの脱毛エステティックで受けようと迷っている方の参考になれば嬉しいです。

ミュゼプラチナムと脱毛ラボの比較表

サロン名 ミュゼ 脱毛ラボ
脱毛方法 SSC(Smooth Skin Control)方式
ジェルの上から光を当てる脱毛方式
毛が生えた状態で施術
一瞬痛みを感じる程度(個人差アリ)
1秒で約200本
SSC方式
ジェルの美容成分で脱毛
一瞬あたたかみを感じる程度
全身脱毛1回60分~90分
施術頻度 2~3ヵ月に1回 最短2週間に1回、通常1ヶ月に1回
1年に7.3回(平均)
保湿ケア プラセンタエキス配合ミルクローション
店舗数 日本国内:185店舗 海外:20店舗 72店舗
予約方法 ・会員サイト(24時間)
・電話(10:00 – 19:00)
・店舗
電話(10:00~21:30)
店舗変更 手続き・手数料なしでいつでも店舗変更可能
予約のキャンセル料 なし 可。当日のキャンセルは不可
無料カウンセリング カウンセリングのみ施術不可 60~90分 カウンセリングのみ施術不可 約60分
コース詳細 ミュゼのコース詳細ページはこちら 脱毛ラボのコース詳細ページはこちら
年会費 無料
支払方法 固定料金:現金またはクレジットカード(分割可)
キャンペーン 【はじめてコースW】 ワキV完了+全身から選べる2カ所セット 90%OFF 1,280円(税抜)※2016年7月31日まで【両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース】100円(税抜) 新規WEB予約限定 全身脱毛おためし5ヶ月無料体験(通常3,980円、8/31まで)
20,000円相当の全身エステパック何回でも無料
実績 美容脱毛サロン 店舗数・売上 No.1(4年連続) 顧客満足度 No.1(2年連続)※2015年7月東京商工リサーチ調査JEMエステティシャン認定試験合格率 98.3% 施術予約が希望通りに取れやすいと思うサロン第1位※楽天リサーチ2014年11月
公式サイト ミュゼの公式サイトはこちら 脱毛ラボの公式サイトはこちら

店舗数と売上げ対決

◯WIN :ミュゼプラチナム
東京商工リサーチ調べによると、ミュゼプラチナムは2014年の時点で、全国の美容脱毛専門サロンの中で店舗数・売上ともに3年連続ナンバー1になりました。店舗数が国内189店舗、海外22店舗となっています。

×LOSE:脱毛ラボ
それに対して脱毛ラボは、国内80店舗、海外4店舗となっている。ただ、創立4年で国内80店舗というのは、出店規模数としては業界トップクラスと言われています。売上げについての記述はHP上にはなかったので、わかりません。

料金対決その1 − 全身脱毛

◯WIN :脱毛ラボ
他者にはない月額制全身脱毛プランというのがあり、月々10778円で脱毛することができます。1回の来店で全身の4分の1が脱毛でき、月2回ペースで来店することができます。2ヶ月でミュゼプラチナムの1回分に相当し、料金は21556円と圧倒的に安くなります。また、月ごとの支払いなので、金銭リスクがありません。

×LOSE:ミュゼプラチナム
1回の来店で全パーツを脱毛することができます。時間はかかるようですが、何度も店に運ばなくていいというメリットがあります。ミュゼプラチナムでは“まとめて割プライス”という料金帯があり、1→4→6回と回数をまとめて購入すると料金が安くなるシステムをとっています。

1回分購入で42000円、4回分で111720円、6回で167580円となり、6回まとめて購入すると1回分が27930円の計算になります。また、現在12周年記念12%OFFというキャンペーン中で、こういったキャンペーンを利用するのはいいかもしれませんね。

料金対決その2 − パーツ脱毛

◯WIN :ミュゼプラチナム
SパーツとLパーツに料金帯が分けられていて、Sパーツは2、8、12回で、 Lパーツは1、4、6回で選べるようになっていて、全身脱毛の料金設定と同じく、まとめて購入すればするほど1回分の料金が安くなっていきます。自分で回数を自由に決めたい人にはちょっと不便かもしれませんが、この“まとめて割”を利用すると、おトクにパーツ脱毛ができます。

×LOSE:脱毛ラボ
パーツごとに価格がつけられていて、自分で回数やパーツを自由に決めることができます。ただし、このいわゆる“単発脱毛メニュー”は、ミュゼプラチナムよりも価格帯が高くなっています。

サロンスタッフ対決

◯WIN :ミュゼプラチナム
サロンスタッフは全員正社員で、スタッフそれぞれが専門の指導を受け、JEMエステティシャン認定試験に98.3%合格してます。

×LOSE:脱毛ラボ
研修を受けた脱毛師との記載はホームページ上にありますが、それ以上の記載はないので、試験等を受けているかどうかの判断は難しいです。社内で独自のテストはあるようですが・・・

脱毛機器対決

△DROW:ミュゼプラチナム、脱毛ラボ
ミュゼプラチナムでも脱毛ラボでも、世界的な医療メーカーであるDEKA社(イタリア)が開発した美容用脱毛機をしようしています。これまでの脱毛機は刺激が強く痛みがありましたが、この脱毛機はお肌に直接的なダメージを与えず、専用ジェルとの相乗効果で脱毛処理するため、刺激が少なく、痛みもほとんどないようです。

イチオシ対決

◯WIN :ミュゼプラチナム
あくまでも個人的な意見ですが、お客様に納得してもらえるということを優先しているように見受けられます。

×LOSE:脱毛ラボ
これも私の主観ですが、下記の表のラインナップを見ると、顧客獲得のためのサービスが前面に押し出されている感じがします。

イチオシポイントの比較

  ミュゼプラチナム 脱毛ラボ
おすすめポイント ・ムリな誘導はしない
・返金システムあり
・表示料金以外は請求なし
・納得がいくまで無料カウンセリングを行ってくれる
・24時間いつでも予約&変更可
・サロン移動可
・キャンセル料金なし
・女性専用サロンなので、スタッフも全員女性

・予約が取りやすい
・乗換割引あり
・通い切ったら1万円分プレセント
・ドクターサポート全額補償
・肌トラブルゼロ宣言

HP対決

◯WIN :ミュゼプラチナム
白と水色を基調とした爽やかなHPとなっていて、広告モデルが自然体で写っている写真を使用しています。全体的に清潔感があり、広告も少なくすっきりとしたHPになっています。

×LOSE:脱毛ラボ
一方脱毛ラボは低年齢層向けの色遣いでピンクと白ベースのHPとなっています。あくまでもそれぞれの好みだとは思いますが、広告や文字も多く、落ち着かない印象です。

結局どっちがいいのか?

対決項目 ミュゼプラチナム 脱毛ラボ
店舗数と売上げ ×
全身脱毛料金 ×
パーツ脱毛料金 ×
サロンスタッフ ×
脱毛機器
イチオシ ×
HP ×
合計ポイント WIN:5
LOSE:1
DRAW:1
WIN:1
LOSE:5
DRAW:1
総合結果 ◯WIN ×LOSE

今回の対決ではミュゼプラチナムに一票投じたいと思います。全身脱毛の価格は圧倒的に脱毛ラボが安いですが、それ以外の料金は思ったよりも安くないと言えます。

ミュゼプラチナムは顧客満足度ナンバー1に選ばれている実績もあり、信頼感はバツグンだと言えると思います。

最初から全身脱毛をするつもりで、さらに価格重視の方には脱毛ラボがおすすめです。

ミュゼプラチナムと脱毛ラボを比較対決したみんなの口コミ

プランが少なく選びやすい脱毛ラボ
脱毛サロンのミュゼプラチナムと脱毛ラボのどちらがオススメかというと、ずばり脱毛ラボです。
脱毛ラボはほかの脱毛サロンよりもプランの種類が少ないところが特徴で、脱毛サロンに通ったことがない方でも選びやすいのが大きなメリットです。
なおかつ脱毛ラボはほかの脱毛サロンよりも比較的低料金なので、かなり敷居が低い方だと思います。
店舗数が多いミュゼ
ミュゼの方が圧倒的に店舗数が多いので通いやすいです。自分が行きたいお店で脱毛ができるので、仕事終わりにエステティックに寄り休みの日に自宅の近くから通うなど、その時の都合に合わせて店舗を選べるのです。なので、引っ越しをした場合でも何の心配もなく継続して脱毛できます。これは、店舗が日本全国にあるミュゼはだからこそ出来ることだと思います。
キャンセル料金のないミュゼプラチナムがおすすめ
仕事が不規則で急な用件も多く、日ごろから忙しく働く自分としてはキャンセル料金の発生しないミュゼプラチナムの経営方針が嬉しいですし、経済的にもとても助かります。
あたりまえのようにキャンセル料金を求めてくるエステティックも多いので余計なお金は支払わずに済めばそれにこしたことはありません。忙しく働く人が安心して通えるエステティックであると思います。
ミュゼプラチナムは勧誘が全くない!
脱毛サロンというとドキドキしながら店内に入り、希望箇所の脱毛の申し込みをするときにスタッフさんからのとても圧力高めの勧誘があるイメージなのですが、ミュゼプラチナムではスタッフさんのノルマがないため勧誘は一切ありません。自分の脱毛希望箇所を伝えるとそれに沿ったプランを案内してくれます。予定範囲の金額に応じたプランもあるので好きなのを選択できる自由があります。
シェービングサービスのある脱毛ラボがおすすめ
友人が通うミュゼプラチナムでも以前はシェービングサービスを行っていたようですが、
混雑が原因なのでしょうか、剃り残し箇所は施術していただけなくなったようです。
私が通う脱毛ラボでは、シェービング補助代金1,000円(デリケートゾーン+500円)を支払うことにより、
手の届かない部位などをスタッフさんがシェービングしてくださいます。


会社概要

商品名 ミュゼプラチナム 脱毛ラボ
販売事業者名 株式会社ミュゼプラチナム 株式会社セドナエンタープライズ
所在地 東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエア19F 東京都港区港南2-16-1品川イーストワンタワー16階
ホームページ http://musee-pla.com/ http://datsumo-labo.jp/
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。