ミニミニvsアパマンショップの大手賃貸業者を比較対決

このエントリーをはてなブックマークに追加
お部屋選び

お部屋探しのミニミニとアパマンショップの不動産仲介業者を比較対決しました。

どちらも大手仲介業者です。なるべくなら仲介料が少ないところを選びたいですよね。それぞれのメリット、デメリットを比較しあなたのお部屋探しのお役に立てれればと思います。

ミニミニとアパマンショップの比較表

賃貸業者名 ミニミニminimini アパマンショップ
会社名 株式会社ミニミニ 株式会社アパマンショップリーシング
設立 1977年3月 2005年4月
事業内容 賃貸物件仲介 賃貸斡旋事業、プロパティ・マネジメント事業
特徴 仲介手数料は家賃の50%(別途消費税) 来店不要のIT接客実施中
拠点 全国に直営店240店舗、フランチャイズ 236店舗 1,132店舗(直営店舗とフランチャイズチェーン加盟店舗の合計値、海外及び契約店含む)
プラン ・スーパー君シリーズ
・エース君シリーズ
・ダブル0
・マンスリー
・APAMAN B&B(民泊サービス)
会員サービス minimini入居安心サービス
・2年分加入費15,000円(税抜)
・カギ、水まわり、ガラス、ガス・給湯器、電気トラブル、在宅確認、入居者相談、健康・医療相談、近隣情報、パソコンのアドバイス・出張、自転車のトラブル、ハウスクリーニング等の無料サービスあり
アパマン友の会
・月額1,000円(税抜)
・生活用品が最大70%OFF
・レジャー、スポーツ、ショッピング、リラクゼーション、エステ、
旅行、宿泊などが特別価格で利用可能
キャンペーン 2016/8/1(月)~2016/9/30(金)
・余暇満喫!上質な暇つぶしキャンペーン 第1弾
・アパマンショップでお部屋を借りるとWi-Fi無料
・新生活応援企画 現金50,000円プレゼント
ポイントサービス Tポイント対応。
仲介手数料100円につき1ポイント付与。
Pontaポイント対応。
初回来店の際に10P。
仲介手数料の1%がたまる。
問い合わせ お客様相談室
0120-19-3232
お部屋探し専用ダイヤル
0120-27-1000+6桁の店舗番号
公式HP ミニミニminimini アパマンショップの公式サイトはこちら

手数料対決

◯WIN ミニミニ
ミニミニの仲介手数料は半月分。

1か月分の仲介手数料をとるところがほとんどなのでこれは注目ポイントです。専任物件ではない、一般公開されている物件であれば別の不動産で見つけた物件もミニミニで紹介してもらえばお得ですね。

ただし仲介手数料が安いという事は不動産業者の儲けが減るわけですから、別のところで上乗せされてる可能性は否定できません。

例えば入居前のクリーニング費用がやたら高額であったり、敷金礼金が高くなっていたりということです。

初期費用で払う必要がないものが含まれていないかしっかりチェックしないといけませんね。ミニミニ手数料でもう一つ注目すべき点は仲介手数料がTポイント対象ということ!100円につき1ポイントが還元されるので10万円の家賃だったらその半額の52500円が仲介手数料なので525ポイント貯まります。

×LOSE アパマンショップ
アパマンショップの仲介手数料は1か月分になります。仲介業者の中ではごく平均的な金額になります。

その他、室内殺菌消毒代金、アクト安心代金、抗菌コート代金、保険料、カギ交換など初期費用として提示されるようですね。

保険料、カギ交換は払ってもいいと思いますが仲介手数料で家賃1か月分支払っているうえにこんな提示を「条件」としてされたらちょっと考えてしまいます。

大家さんが必須として指定されている場合以外は任意となりますので必ず確認しましょう。

支払い方法対決

◯WIN アパマンショップ
アパマンショップはクレジットカード払いに対応しています。VISA、JCB、マスター、アメックスなど様々なカードに対応しているのでわざわざ作り直すこともなく、自分の持っている普段使いのカードを指定すればOKです。家賃だけでなく礼金、更新料などもクレジットカードOK。

どれもある程度高額な支払いになりますからポイントがどんどん貯まって嬉しいですね。しかもアパマンショップはPontaカードとも提携しており、家賃の支払いのたびにクレジットカードのポイントとは別にポイントが貯まります。ただしアパマンショップはフランチャイズ店もたくさんあり、すべての店でクレジット対応といわけではないようですので要確認!

×LOSE ミニミニ
ミニミニもクレジットカード払い対応なのですがこちらの場合指定カードを作ることになります。賃貸契約をすると「ミニテックカード」という名のオリコカードが作成され、毎月の家賃はそこから支払うことになるのです。

クレジットカードが欲しかった人なら別ですが大抵の人は今手元にあるカードだけで十分。増やしたくないのが本音なのではないでしょうか。しかも引き落とし手数料は家賃の1%となっており、10万の家賃であれば月1000円支払うことになります。

支払い方法がカードのみであることはぎりぎりまで言われないことも多いためカードはちょっとという人は事前に確認が必要。

安心サービス対決

◯WIN アパマンショップ
様々なトラブルに365日24時間対応してくれるという2年間で15750円のサービス。

具体的にはカギのトラブル、水回りのトラブル、ガラスのトラブル、ガス、給湯器のトラブル、電気トラブル、入居相談サービス、健康医療相談サービス、近隣情報相談サービス、パソコンのアドバイザーサービス、在籍確認サービスなどなど様々なジャンルでサポートが受けられます。

このほかにも自転車のトラブルやハウスクリーニングの割引サービスもありますがすべてのサービスは修理費など自費になりますので、なにかあってもパソコンなどで探し、自分で対応できるという人にとっては必要のないサービスですね。任意ですので入らない選択もできます。

×LOSE ミニミニ
こちらも同じく2年間で15750円のサービスになります。カギのトラブル、水回りのトラブル、ガラスのトラブル、ガス、給湯器のトラブル、電気トラブル、在宅確認サービスなど。

サービス内容はアパマンショップの方がバリエーション豊かですね。そもそも必ず必要なサービスではないので大きな問題とは思えませんがどうせ入るならサービス内容が良い方がいいですよね。

総合力対決

◯WIN ミニミニ
全国500店舗を誇るミニミニは仲介業者として30年以上の歴史があります。敷金礼金0物件や家電付物件などを一番手で考え出したのもこの会社。常に新しい試みを打ち出して業界をけん引してきた存在です。最近ではミニミニのオリジナル商品「スーパー君」が人気です。

敷金礼金が0になり初期費用が抑えられるだけでなく、通常使用であれば退去時はカギを返すだけでOK。立ち合いの必要もありません。地域に密着した店舗が多く、エリアに詳しいスタッフが揃っています。学生向け物件には特に力をいれており学生来店数は年間2万人以上にものぼります。

×LOSE アパマンショップ
アパマンショップグループは全国47都道府県のにある1000店以上。少し栄えた駅ならほぼ店舗を構えているのではないかというくらいよく目にします。そんなたくさんの店舗のネットワークを活かして日本最大級の物件数といわれています。それが何よりの強みですね。

「アパマンショップオペレーションシステム」という独自のお部屋探しシステムがあり街の情報なども合わせて広い範囲の複数の物件を比較できます。CMや情報誌などで大々的に宣伝をしているため知名度も高く、店舗の内装も非常に清潔感あります。それだけで安心ですね。

また、対応がスピーディーなことでも評判が高い仲介業者ですので引っ越しを急いでいる人には特におすすめです。商品=人という考えをもっており年2回の定期研修やフランチャイズオーナー会議などを開催し人材育成に熱心な会社です。

しかしお値打ち感はあまりなくとにかく費用を抑えたい人には不向きな会社かもしれません。

結局どっちがいいのか?

対決項目 ミニミニ アパマンショップ
手数料 ×
支払い方法 ×
安心サービス ×
総合力 ×
合計ポイント WIN:2
LOSE:2
DRAW:0
WIN:2
LOSE:2
DRAW:0
総合結果 △DRAW △DRAW

今回はどちらも名の知れた不動産仲介業者同士の対決となりました。

勝負結果はドロー2対2で同票となりました。中でも内容を見るとミニミニのお値打ち感は魅力的があります。仲介手数料が半月分から始まり、敷金礼金が不要になるスーパー君などのオリジナル商品も強みです。

家賃の支払いにカードを作らなければならないところがマイナスポイントですが家賃用は別にしておきたいという人もいるでしょうから、さほど問題にならないと言う人も多いと思います。

地域に密着した店舗が多く土地感のあるスタッフが多いと言うのもメリットですね。

会社概要

商品名 ミニミニ アパマンショップ
販売事業者名 株式会社ミニミニ 株式会社アパマンショップネットワーク
所在地 東京都港区港南2-5-3 東京都中央区京橋1丁目1番5号 セントラルビル
ホームページ http://minimini.jp/ http://www.apamanshop.com/
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。