ペットとして犬と猫のどっちが好き?100人の意見から比較対決

このエントリーをはてなブックマークに追加
犬と猫の画像

犬派か猫派か?という話を一度はしたことがありませんか?だいたい半々に分かれることが多いように思いますが実際はどうなのでしょう。

ただのペットではなく、人間と一緒に暮らす家族のような存在だったり、悩みを聞いてくれる友達のような存在だったりするのが犬や猫なのかもしれません。

さて、どちらがよりカワイイのか、ペットとしておすすめなのか、結果を見てみましょう。

スポンサーリンク

★アンケート結果

48人
52人

犬とネコのどっちが好きなのか実際100名に聞いた結果はこちら

猫の方がいいです
犬も猫も好きですが、ペットとして飼うなら猫の方がいいです。犬は散歩も必要だし、むだ吠えのしつけも大変です。室内で変えない犬種も多いです。猫は散歩が必要ないですし、基本室内でかえます。鳴き声も犬よりは小さいです。あとは性格的にも、人につくと言われる犬より、家につくと言われる猫の方が自分には合っています。動物は可愛いし大好きですが、ベタベタ溺愛したいとは思わないのでパートナーとしては猫の方が適しています。
やっぱり猫が好き。三谷さんのドラマも好きです。
往年の三谷ドラマが好きだから、ではないんですが、ネコが好きですね。家族が飼い始める前は、犬だったんですが、家の中に猫が登場して以来、情に流されまくっております。「身勝手なところがいい」というのは、ネコ好きが良く言うセリフですが、本当にその通り。従順じゃないところに惹かれるのは、人類の常、かもしれませんね。どこがいいの?と問われれば、「うちのはかわいいから」と答える以外に、正しい答えが見つかりません。よその猫も好きだけど、やっぱりうちのが一番かわいいですね。
犬と一緒に育ってきたから
私は断然犬派です。何故か?と聞かれると実家で犬を飼っているので、私が小さい頃から犬に慣れ親しんで育ってきたというのが一番大きい理由な気がします。犬と猫の顔を見比べても犬の方がかわいいと思ってしまいますし、猫のそっけない性格よりも、犬のフレンドリーな性格の方が好みです。久しぶりに実家に帰っても、私の顔を見るなり尻尾をふって駆け寄って来てくれる姿にいつも癒されます。だからといって猫が嫌いというわけではもちろんありません。友人が飼っている猫や野良猫の自由気ままな姿を見てかわいいなと感じます。ですがやっぱり一緒に散歩に行って遊んだり、言う事を良く聞いてくれる賢い部分も含めて犬の方が好きです。
犬派
犬は聞き上手ですが、何でも飼い主に話してくれます。
犬の飼い主のうち、どの位の方が実感しているか分かりませんが、お散歩中に愛犬が一生懸命飼い主を見つめることがあります。「こっちの道なら公園に行くコースだね。」「飼い主さん楽しいね。」「信号でオスワリして待てたよ。」「今日は早足だね。」等々でしょうか。こちらから「信号待ちできて良い子だね。」と言うだけで、パァっと愛犬の表情が明るくなり「できるよ!」と誇らしげでもあります。散歩だけでもこんなに楽しいのです。
何かを一緒に楽しむのなら、断然「犬」でしょう。
ペットとしてなら一緒に遊べる犬が好き
ペットとして犬と猫のどちらが良いかというと、個人的には犬です。猫もとても魅力的ではありますが、犬はまず番犬にもなってくれるのではないかと思いますし、しっかりとしつけを行えば家の中でもおとなしくしていてくれるのではないかとも思います。
また、散歩をすることによって飼い主の運動不足も軽減されるというメリットもあります。外でボールやおもちゃを投げるなどして一緒に遊ぶのはとても楽しいです。
犬用の洋服もたくさん売っているので嫌がらない程度にきせかえを楽しめるのも魅力的です。
犬とネコ、ペットとして好きなのはどっちですか?と聞かれたら、すごく迷うけれど、ネコかな。
犬とネコ、ペットとして好きなのはどっちですか?と聞かれたら、すごく迷いますが、どちらかを選ばなければならないのなら、ネコですね。

犬の、素直さ、飼い主に対する、ストレートな愛情表現もかわいいですが、ネコの方が、小さくて、きれい好きで、犬よりニオイが少ないので、室内で飼うには飼いやすいので、ネコが好きかな。

散歩に連れて行かなくてもいいので、その点も、犬に比べて、飼いやすいですよね。

犬と違って、ツンデレな、ネコの気まぐれさも、魅力のひとつです。

ルックスも、犬もかわいいですが、ピンと立った耳、丸い顔、ほっぺがふっくらと出ている横顔もかわいいです。

ネコのふわふわした毛並みを撫でていると、気持ちが癒されるので、その点も、ネコの魅力のひとつですね。

一緒に暮らしていると実感出来るので犬が好きです
割りと人間のことを理解してくれるので犬が好きです。しつけをすると言うことを聞いてくれますし、家族の一員のような感じで一緒に暮らすことが出来ます。散歩をすることも好きですし、犬を飼っていると健康的になれるのもいいです。家の中で買うことが出来る犬もいますし、庭に犬小屋を建てて飼うことが出来る犬もいます。いつもそばに居てくれるような安心感がありますし、飼いやすいので犬が大好きです。犬ならペットを飼うのが初めての人でも安心です。
猫が好きです
どっちかというと猫が好きです。自分が猫タイプだからかもしれません。
犬のように飼い主にこびていない感じが好きです。
一度野良猫になつかれたことがありますが、そのときにとても気分がよくて、
嫌なことがあったり、体調が悪かったときだったけど、翌日とても癒されて、
心身ともに快適になったという体験をしたのも猫好きの理由です。
今現在ペットとして飼っていないのは、家族がアレルギーなので、猫を飼ってみる勇気がないからです。
それさえなければペットとして猫を飼ってみたいですね。
飼い主想いのイヌがやっぱり好き!
私は猫も好きですが,やはり犬の方が好きです。自由気ままな猫と違い,しっかりしつけをするとその習慣を覚え,忠実に従うところが犬が好きな理由の一つです。また,人間の気分や感情のようなものをしっかりとくみ取り,甘えてくる時は人懐っこく甘え,そうでないときはしっかり人間の様子を伺っていて,本当に賢い動物なんだとつくづく思います。犬も自分自身を家族の一員だと思っているのか,何事も人間の家族と同じように一緒に遊んでくれるので,とても可愛く思います。
健気な犬
犬が好きです。
名前を呼ぶとまっすぐに飛んで来る、そのときの舌の出た笑顔と、地面を蹴る脚が必死で愛おしく、そのまま抱きしめるのです。
黒く潤んだ瞳で見つめられ、ペロッと顔を舐められると私は抱きしめる手に力が入り、背中やお腹を鷲掴みにし、肉感を楽しみます。
そのお腹に顔をうずめ、「犬臭」を存分に楽しみながら「かわいい~」と声にもならない声を発し、唸りながら体のにおいを嗅ぐ。
これが私の一連のルーティンです。
それを嫌がらずに、しかし呆れながらも飼い主の私に身を任せてくれる健気さ、好きにならずにいられません。
気を遣わせない関係だから楽で長続きする
断然、猫です! あんな風に自由で気まぐれなので、こちらとしてもあんまり気疲れしないで付き合っていけるかなと。「餌くれー」とかそういう時だけ欲望丸出しで近づいてくるので、言ってみれば超ワガママなんですけど、それはつまりこちらもワガママできるということだから気持ちは楽です。散歩もいらないし、小屋を作る必要もないし、良くも悪くも手間のかからないペットではないでしょうか。それよりなんといっても、どんな猫も昼寝している顔がかわいいっていうのが、一番の理由ですけどね!
犬と猫なら断然猫がおすすめです
私は今,ペットを飼ってはいませんが,子供の頃はどちらも飼ったことがあります。両方との親戚からもらったものなのですがどちらも私になついていました。
私は,兄弟がいなかったせいか犬も猫も自分のかけがえのない兄弟のように感じました。本音を言うとどちらも好きなのですが,どちらかを片方選んでくださいと言われたなら猫の方を選びます。
なぜなら,猫は犬と違ってやたらと吠えたりしないし,毎日のように外に散歩をさせる必要もないからです。
猫は,運動したくなったら自分で外に出てきて時間が経ったらまた戻ってきます。猫は犬と違ってとてもマイペースに感じます。
そういう点から言って,犬は体育会系で猫は文化系ということが言えるのではないでしょうか。私自身は文化系なので猫の方に親近感を覚えます。
それに,猫の仕草や行動パターンを見ているととても癒されます。
これからペット飼いたいと考えている人がいたら,私は断然猫の方をオススメします。猫の行動や仕草の一つ一つに多くの人が癒されるはずです。
ある駅で猫が駅長をやっていたことが話題になったことを思い出してください。
勝手気ままな猫が好きです。
犬は、飼ったことがありませんが、飼い主になついて従順なイメージがあります。友人の飼い犬は、時間になると部屋を走り回って「早く散歩に行こう。」と、ねだってくるので、毎日欠かさず朝夕にお散歩に行っています。一日に2回もお散歩に連れて行くのは大変だなと思います。我が家は、猫を一匹飼っていますが、ご飯が欲しい時に鳴いて来るだけで勝手気ままに過ごしています。寒い時に膝に乗って来て寝てくれますが、寝姿がめちゃめちゃ可愛いです。あまり構ってあげられないので勝手気ままな猫がいいです。
どちらも好きだけど、どちらかといえば犬派です
私は、犬と猫のどちらが好きかと言われると悩んでしまします。動物全般が好きなので、犬も猫も可愛らしいと思っていますし、眺めているだけでも癒されます。しかし、私は猫アレルギーを持っているので、いくら猫を可愛いと思っても飼うことも、猫カフェに行くことも出来ません。そのため、今までに飼っていたのは猫ではなく、犬です。アレルギーさえなければ猫とももっと触れ合いたいのですが、アレルギーがあるので、犬派か猫派かと聞かれたら犬派です。
ぜったいに犬です!
犬の中でも小型犬で、トイプードルが飼いやすくていいと思います。
なぜなら私もトイプードルを飼っていますがおりこうさんなんです!
犬は誠実とよく言いますがその通りだと思います。
食べちゃいたいくらい好きです
猫です。もう見てるだけで癒されるし、あのくにゃというボディの触り心地と、自由な性格たまりません。
犬が決して嫌いなわけではないんですが、ある意味相棒というか、パートナーみたいな感じがしちゃって、無条件に愛せるって存在ではないような気がしてしまいます。
猫は甘えたりとかしてたと思ったら、ツンってするあの感じ。女性も猫っぽいほうが男性を引き付けるのかもしれませんね。
どうしてもほっとけなくなるし、つんってされると相手が猫でもつらいですからね。
心をぐっととらえてはなさい猫が好きです。
人間と同じように成長して育つ犬
犬と猫、ペットとして好きなのは犬です。
小さい頃から犬を飼っています。いままで柴犬の豆柴という大きくならない種類の犬とミニチュアダックスフンドを飼ってきました。
犬は猫と違い、しつけをすることが多く、小さい子供が一人増えたような感覚になります。
犬の成長は飼っている飼い主にはとっても大きな喜びです。
トイレをする場所を教えるのも一回ではなく、何回も繰り返し教えるのが子供の子育てとよく似ています。
おて、お座り、ふせ…など何か月もかけて覚えてくれる喜びは大きいです。
また、しっぽで感情をしることができたり吠え方、鳴き方で猫より犬のほうが気持ちを読み取ることが可能です。
飼い主が寂しい時や嬉しいときは感情を読み取って側にいてくれることが多く、親や友達に話しているかのように安心感を得ることができます。
猫と違い人間に近く、寄り添いやすく育てるのが楽しいという気持ちにさせてくれます。
なのでペットとして犬が好きです。
ペットとして犬のほうが好きです
ペットは現在の日本において、とても需要があると思います。それは、核家族化がすすみ家族がいつでも団欒しているということがなくなったからかもしれません。
ペットとして、犬と猫のどちらが良いかというと、絶対に犬がいいと思います。
なぜかというと、犬はやはり番犬にできるということです。最近のニュースでは物騒なことばかりですが、外で番犬を飼えば見慣れない人を見たら吠えてくれるし、空き巣よけに効果を発揮します。
室内犬だとしても、家に犬がいたら、やはり空き巣なども躊躇することでしょう。
また、犬はとても頭のいい動物で忠誠心も強いので、かわいいですね。人間の気持ちも理解してくれているのではないでしょうか。
それから、犬の場合は毎日散歩をするのが日課になると思うので、散歩に連れていく人間にとっても健康的になると思います。
それに比べて猫は、忠誠心が低いので、言うことは聞いてくれません。
また、猫はどこにでも糞をするので、ご近所に迷惑がかかると思います。
毎日散歩はおろか、人間にもなつかない様子です。
心の安心を求めてペットにするなら、犬が良いと思います。犬が好きです。
可愛さが凝縮された生物それは猫。
今は20代の女ですが、幼少期より猫を飼い始め今に至ります。初めの出会いは里親募集の会でした。初めて見たときは爪が鋭く感じ怖く思いましたが、一緒に生活をするうちに猫の可愛さにメロメロになりました。にゃあと可愛らしい声で鳴き、寂しくなるとすり寄って来て頭をなでてと言われたり。大きなアーモンド形の眼に見つめられるとたまらないです。ふだんはそっぽ向いて人間に興味のないふりしていますが、かまってほしい時の愛想のよさとか愛おしくなります。今は猫ブームなので色々な猫商品が販売されいて、嬉しい限りです。これからも猫好きでいたいです。
犬が好きです。
犬は従順な生き物なので、かわいがったら、その分、甘えてくれて、とてもかわいい動物だと思うからです。その点、猫はマイペースな生き物なので、自分のやりたいように行動します。家でしか飼えません。私は動物アレルギーを持っているので、家で動物を飼うのは無理です。その点、犬は外で飼えるのがいいです。犬を散歩するのは、運動にもなるし、他の犬を飼っている人と、顔見知りになって、挨拶をかわす中になることもあります。
犬が好きです
犬は、外に連れて行くことができるので、色んな所に一緒に出かけられます。
最近では、犬と一緒に泊まれる宿泊施設も増えているので、旅行にも一緒に行けるし、ドッグカフェで犬と外食を楽しむ事もできます。
犬の方が、お風呂に入れやすいのも助かります。
猫はお風呂を嫌がる子が多く、以前うちで飼っていた猫もお風呂に入れると、唸り声を上げて引っかくので、怖くて自宅ではお風呂に入れられませんでした。
その他、犬は芸を覚えたり、感情表現がストレートで思いっきり甘えてくるところも好きです。
昔は犬でしたが、今はネコがペットとして好き
ペットとして犬もネコも飼ったことがない私ですが、子どものころはペットにするなら犬がいいと思っていました。いつもジャレてきたり、言うことをきくところが可愛いと考えていたからです。しかし、大人になると、ネコの方がいいかもと思うようになりました。つかず離れずの距離感がネコにはあるように感じたので、犬よりネコがいいと今は思っています。犬は散歩に連れて行かなければいけないのも大変そうですし、ネコならその点は楽なのでは?飼ったことがないので実際のところは分かりませんが。
ご主人は猫
子供の頃から、家では犬をずっと飼っていた。父が犬好きだったからからだが。実は自分は猫好き。いつも尻尾を振ってすり寄ってくる犬も可愛いのだが、まとわりつかれるのがちょっと苦手だ。猫の自分勝手に振舞う姿が、自分には可愛らしく思える。こちらがかまおうとするとすっと身を交わしてすり抜けていく。その癖。かまってほしい時には、そっと傍に寄り添ってくる、その身勝手さがとても好きだ。まるで自分が主人、人間が下僕的に振る舞われると、なでなでしたくなるのです。
猫が好きです
以前、猫をたくさん飼っていてとても魅力的だったからです。見た目もきれいで可愛いし、独特のしぐさや性格もハマってしまいました。猫がいると生活が豊かになる気がします。ペットという面で言っても、犬よりは手がかからないです。なかなか飼えないので、今は猫の画像や動画を見たり近所の猫と遊んだりしています。スコティッシュフォールドという種類が気になっているので、いつか猫と暮らせる生活がしたいなと思っています。猫グッズも集めています。
やっぱり断然、猫が好き
私は猫派です。小さい頃から猫のいる家庭に育って、就職とともに家を離れた時期もありましたが、戻ってきたらまた猫を飼いました。気まぐれに寄って来てはゴロゴロとのどを鳴らしてじゃれつく日もあれば、プイっとそっぽを向く日もあります。でもそれがかわいい。私が高校を卒業して上京する前の晩は、ベッドに入った私の顔の上に乗っかってきて、明日から私がいなくなることがわかるのかな?と思ったこともありました。犬が嫌いなわけではないけれど、私にとっては人生の様々な時期に猫との生活があり、思い出があるのです。
子どもの頃は犬でしたが、今は猫と思います。
子どもの頃は、犬が好きでした。親戚がポメラニアンを飼っていたこともあり、私に懐いていたこともあったので好きでしたが、よく吠えるし、故郷の町で知り合いの飼い犬から挟み撃ちにあったり、知らない犬から吠えられることもかなりあったのでの、それから嫌いになりました。
引っ越した先の飼い猫が人に慣れていて、よく遊んでいたこともありますし、どっちかというと猫の方が怖いと感じたことがないから好きになっています。
ペットとして飼うなら断然猫派です。
私がペットとして飼うのなら、犬よりも猫が良いです。
元々猫が好きで、実際に家でも1匹飼っているのですが、見ているだけでもとても癒されます。
犬は体のにおいが気になったり、しつけや日々の散歩をしなければなりませんが、猫の場合は違います。
室内だけで飼うなら散歩の必要はありません。それに大体の猫はしつけをしなくても、トイレできちんと用を足します。
猫のしつけは出来ないと思ってしまえば、気も楽になりますし、猫はきれい好きなのでにおいもしません。
犬のように激しい愛情表現はありませんが、それでも私は猫のほうがペットとして断然好きです。
いつもそばにいてくれる癒しの犬派
猫の自由気ままで媚びないところも魅力的ですが、私はペットと一緒に遊びたいので犬派です。毎日一緒に散歩に行き、犬を飼っているご近所さんとも知り合いになれたり、公園で走り回って一緒にじゃれ合いながら遊ぶのも楽しいです。何よりいつでも甘えてきてくれる我が家の犬はとっても可愛いです。また犬は賢いので、人間の言うことを分かっているし、言葉に出さずとも私が悲しいときには分かるようでそっと寄り添ってくれます。そんなわけでいつも癒してくれる犬が好きです。
やっぱり猫が好き
犬が嫌いなわけではないのです。犬をつれて旅をするなんて番組をみると目を細めてしまいます。一言でいうと犬の場合責任感が生じるからではないでしょうか。大型犬でない限り人に危害を加えることはないとは思いますが、飼った以上は散歩だって最低限の義務です。そうなると体力的に不安があります。犬を飼っている人は比較的お元気な方が多いように思います。猫だってトイレの世話などはあるのですが負担は少ないです。これが外飼なら散歩も行かずに済むし全く手がからないのですが、今はほとんど室内飼です。
私がいなければこの子は生きていけないんだみたいな充実感がいいのです。でもこれ人間の思い上がりで猫にとっては迷惑かもしれません。
ツンデレな猫が断然可愛い
犬は従順で、飼い主の言うことをよく聞くのでそれも可愛いですが、猫の偉そうな態度やふてぶてしい表情も捨てがたいです。犬は、散歩が欠かせないという手間もありますが、猫は家の中で自由に遊んでくれますし、ほとんど寝て過ごすので、本当に手がかかりません。
ツンとした態度を取っていたかと思えば、急に甘えてきたりするテクニックは、本当に感心します。自分の可愛さに気付いているとしか思えないところもまた愛おしい存在です。
絶対ネコがいい!
ネコはいつも甘えてくるわけではないし、呼んでも来ない時もあります。でもそのネコが寄ってきてくれた時は、すごくかわいく感じます。犬はいつでも全力で甘えてくるイメージがあって、私は苦手です。ネコくらいの甘え方の方が合っているんだと思います。また、ネコがゴロゴロしている時とか丸まって寝ている姿は、かなり癒されます。本当に気持ちよさそうに寝ていたり、くつろいでいるので、こっちまで幸せな気分になってきます。
犬が好き
犬と猫、どちらも非常にかわいくて好きなのですが、
「ペットとして」となると、やはり犬のほうが好きです。
猫のいいところは、あの気ままな感じなのですが、
これがペットとなると、飼い主としては物足りないというか、
猫の気ままさに振り回されてしまう感じがあります。
一方、犬は飼い主に忠実で、芸を覚えさせたりもできます。
いつもそばにいてくれるという感じも犬ならではではないでしょうか。
そういった意味でも「ペットとして」は、やはり犬のほうが好きです。
今では、実家から離れてしまったので猫を飼うということななくなってしまったのですが、ずっと猫を実家にいるときは飼っていました。
犬よりも猫が好きという理由ですが、愛をむき出しにして寄ってこないというところです。
これでもか!!!っていうほど、むき出しにしてこられてしまうとかわいくてもちょっとこちらも遠慮したくなります。
猫は、自由気ままですし呼んでも来てくれないところもありますが、たまに寄ってきてくれるあの感じがたまらなくさせてくれます。
しいてあげればネコ
究極の選択に近いような質問ですが、飼うことを前提にすればネコがいいです。なんといってもしつけが楽です。トイレもネコ自身のオシッコがついたティッシュをトイレに置いておけばそこがトイレと学習して一発で覚えてくれるので一日かかりません。あとは、部屋にタンスやラックなどの高低の段差をつけていれば、それで飛び乗ったり運動をしてくれるので散歩に連れていかなくてよいというのもあります。ネコは甘えてはきますが、そこまでベタベタ感はないので適度な距離感で接することができるので好きです。
犬が好きです
昔は「猫派」だったのですが、妻が犬を飼ってからは「犬派」になりました。
うちの犬は、まるで猫のようにツンデレな性格で、犬だか猫だかよくわからない部分もあるのですが。
私はホームワークが多いこともあり、運動不足になりがちなのですが、散歩という日課があることも良い面です。
たまにめんどうに思うこともあるのですが、歩くことで犬を飼う以前より健康になりました。
今では犬は大事な家族で、いつも一緒にいて癒やされています。
ペットの犬が飼い主の帰りを待ちわびているのが可愛い
犬も猫も飼ったことがあります。が、正直いうと猫は個体差はありますが、自由気ままなネコちゃんが多いです。しかし犬は毎日夜遅くに帰宅する飼い主を待ちわびている姿がとてもいじらしく可愛いくてなりません。疲れていてもずっとそばから離れない犬を見ていると、「この子の為にもまた明日から頑張ろう」と思えます。逆に猫は飼い主にベッタリということが少なかったと思います。疲れていて癒しを求めるのであれば犬が拠り所になります。
やっぱり犬が好き
猫と犬ならば、やっぱり犬が好きです。
犬のきれいな瞳を見ているだけで癒されます。目がまるまるくりっくりだからです。
そして、人間が言っていることをそれなりに理解していて賢いな~と思うからです。
しつけができるところも好きなところです。
そして、一緒にお散歩へ行けることです。猫は一緒に首輪を着けてお散歩とはいきません。
一緒にお散歩をすることで季節を一緒に味わうことができたら、犬の体調を把握することができるからです。
そして何より飼い主にとってもなついてくれるところが大好きです。かわいい。
犬と猫ペットとして好きなのは猫。
犬と猫をペットとして隙なのは断然猫です。犬は飼い主に忠実でいうことをよくきき芸をしますが、鳴き声やとおぼえがとても大きく私の場合、鳴き声がとても我慢ができません。その点、猫は犬に比べあまり忠実ではなく、気まぐれなところがありますが、鳴き声は犬と比べあまりストレスになるような大声で鳴いたりしません。静かなのを好む私の性格では猫が性に合っていると思います。あと犬は大きい犬種になるととても威圧感があり、かまれたりすることもあり、ちょっと怖く感じてしまいます。猫はあまり威圧感がない点が好きです。
犬は少し怖いし手間がかかりそうです
私は犬より猫が好きだと思い猫を飼っています、理由は犬を飼ったことがないので想像ですが犬は散歩が大変です、雪が多く寒いこの
土地では毎日の散歩はつらいと感じます、それに犬は愛情を沢山かけてあげないとダメな動物に思えます。猫はあるていどほっておいても大丈夫ですが犬はそれでは寂しがってしまいかわいそうなのでそこが重荷に感じます。
後は鳴き声も大きく噛む力や爪なども強そうで小さな犬種でも牙をむいてくる可能性を考えると少し怖いと感じます。
犬のほうが好き
犬のほうが好きです。

実家で飼っていた犬は自分を人間だと思っている節があり、面白い犬でしたが賢い犬でもありました。

庭で飼っていましたが、脱走歴6回。一回は保健所に連れて行かれ、一回は保護され、残りは自分で帰ってきました。脱走してから2時間ほど経つと、自宅が見える塀から見てました。帰ってきたもののどうしたもんかという感じですかね。

うちの母は近所の人から「犬の名前ちゃんのお母さん」と呼ばれていましたが、母は冗談通じない人なので、「私は犬を生んだ覚えはない」って怒っていました。その時、犬ながらすごくショックそうな表情をしていたような覚えがあります。

寝言もよく言っていました。

飼い主バカな所もありますが、そんなところです。
ちなみに猫にもすごく好かれます。が、ネコ目が好きではないです。

気楽さで言うならば
犬と猫どちらも飼っていたことがあります。
自分は犬も猫も大好きですが、飼っていて圧倒的に楽だったのは猫です。
犬を飼っているときは、正直人生の半分以上の時間を犬に捧げていたと言っても過言ではありません。
犬を残して出かけるにも心配だし、旅行へ行くなんてもってのほかだったので、外出というと決まって犬の散歩でした。
その点、猫は四六時中構わなくても、勝手にご飯を食べたり、パトロールに出かけたり、ぐうたら寝ていてくれるので、気持ちが楽でした。
家族として迎えるなら
ペットとしてうちに迎えるならば、やはり犬です。
犬は人に対してなついてくれますし、こちらの働きかけにダイレクトに答えてくれると思うからです。猫は気が向いたときにしか寄ってきてくれませんが、犬はそうではないと思います。
また、猫の場合は家中ひっかき傷ができそうで躊躇してしまいます。犬でも家は汚れてしまうことがあるとは思いますが、より猫の方が汚れそうな気がします。
毎日の散歩など、犬には手がかかりますが、それでもやはり、ちゃんと働きかけに応えてくれる犬がほしいと思います。
犬が好きです。
私はペットで買うなら犬が好きです。理由としては、実家でずっと犬を飼っていたからです。現在はアパート暮らしなので飼えませんが、家を買ったらまた犬を飼いたいと思っています。きちんとしつければ、犬は飼い主に従順なところが良いです。呼んだら必ずと言って良いくらいしっぽを振って寄ってきますし、なついてくれます。その点ネコの多くは、基本的になついてこないです。せっかく一緒に暮らすなら、やはりなついてくれる犬が良いと思います。
イヌよりもネコが好きです
ネコの方が好きです。理由は主に三つあります。一つ目は、鳴き声です。イヌの「ワンワン」という鳴き声をうるさく感じるのです。ネコの「ニャー」の方がはるかにかわいいと思います。二つ目は、外見です。イヌは小型犬でもゴツゴツした体形の種類が多く、見ていて気持ちが落ち着きません。ネコの体は柔らかい曲線で、眺めているだけでも癒やされます。三つ目は、性格的傾向です。イヌは飼い主に対して忠実ですが、その忠実さに卑屈さを感じてしまいます。ネコは自由気ままで、卑屈なところが一切ありません。
やはり猫ですね
猫は自由に飛び回る姿を見ていてとても楽しくなります。その身勝手な行動がかわいくて仕方ないんです。イメージが小さいときから身勝手で気分屋というのがありますので、例えば自分がおなか空いたときやなでてほしいときなど近寄ってくる態度にはとてもかわいく思えてしまいます。しつけとかも余りすることなしに本能的に買うことができるのがとても魅力的なところですね。あえて難点を言うとすれば身勝手すぎてどこか遠くに出かけてしまって帰ってこないときなどはとても気になります。
やっぱりネコが好き!
子供の頃からネコをずっと暮らしてきました。
今も10頭のネコと生活しています。

犬も、もちろん可愛いんですが、やっぱりネコの姿や仕草が、たまらなく可愛いです。
ネコの柔らかい毛並を、撫でている時が一番リラックスできるように感じます。

それに、飼い主と一定の距離を取ってくれる所も、つかず離れずな感じがして、ネコの方が飼いやすいと思います。
トイレなどのしつけをしなくても、自然に覚えてくれるのでネコは飼いやすいペットという点でも好きですね。

犬はお外で!
犬と猫のどっちが好きについては、結果から言えば犬です。その理由には、1つ猫のお散歩なんて聞いたことがないし、実際にもやらないでが、犬は喜び外駆け回るというくらいですから散歩が必要です。それは私が出不精で用事がなければ外出はもとより、今日は1日外履は使わなかったなんてことも多々ありなので、犬の散歩と言う用事にかこつけて朝晩出かけることができます。なお、他に猫は飼ったことがないが、庭の芝にどこの猫とは言わないが芝の上が気持ちが良いらしくフンをおいていき、これがかなり強烈に匂うのでうんざりするところです。Aさんち何とかしてくださーい!
犬よりも猫が好きな理由
私が猫を好きな理由は、ツンデレで自由に生きているところです。
猫は自由奔放で常に自分の感情を優先して行動しているので、その生き方を羨ましい、尊敬しています。
それにツンデレであり、犬は飼い主に従順なのに対し、猫はこっちに近寄ってきたかと思って可愛がっていると、次の瞬間には不機嫌になりどこかにいってしまうのに、しばらくするとにゃー、と言ってベッタリとくっついてきたりと予想ができない行動をするのが猫を好きな理由です。
甘え上手なネコにメロメロ
私はネコの方が好きです。一番好きなところはネコの甘え上手な所です。甘える時と甘えない時のギャップがあり、適度に自分から距離を置いてくれる所も好きです。よくネコはなつかないと言われますが我が家で飼ったネコの3匹ともよくなついてくれて名前を呼ぶと近寄ってきてくれます。また家に帰ると玄関でお座りをして待っていてくれる所もとてもかわいいです。またネコのしぐさひとつひとつは本当にかわいくて、毛づくろいをしたり日なたで丸まったり、おやつをおねだりする姿にいつもメロメロで時間も忘れて遊んでしまいます。
お留守番も出来る猫が好き
犬と猫だったら、断然猫の方が好きです。
犬は従順、猫は自由気ままという感じもありますが、猫だって呼べば近寄ってきますし、何よりその仕草が可愛いです。

それだけではなく、ほったらかしでも比較的平気です。
犬の場合には散歩に連れて行ったり、毎日大変ですが、猫は散歩をすることもなく、寝ていることが多いので構ってあげることができなくても、ストレスはたまらないようです。

一緒に寝たり、遊んだり。
そういうことが出来るので猫が好きです。

やっぱり犬が好き
猫もかわいいし癒されると思うけど、犬の従順さがたまらなく好きです。「ご飯ちょうだいっ」のしっぽを振ってのアピールや、「散歩につれていって」アピールに「やったーお散歩だ」のはしゃぎっぷり。黙っていても、「どうしたの?」とつぶらな瞳で問いかけるコミニュケーション力。教えると、賢く色々覚えてくれる所(お手・おすわり・ふせなど)もいいです。たまに外出してのドックランや公園の散歩などは、犬ならではの解放感があります。家ではずっと犬派なので、犬以外考えられません!
犬の方がペットとして好みです。
犬も猫も基本的に可愛いと思うのですが、ペットとするなら犬がいいなと思います。
犬は態度がはっきりしていることが多いので、意思疎通がはかりやすいところがいいと思います。
猫は友人宅へ遊びに行った時など、直接触れる機会がある度に感じるのが、何を考えているのかいまいちつかみかねてしまうため、ペットとして飼うにはちょっと躊躇してしまいます。
また、犬を飼っていると散歩が必要ですが、散歩がとてもよい運動になります。
家族なら持ち回りで行くことが多いと思いますが、ある程度年齢が上がってもウォーキングを兼ねたエクササイズにもなるので、家にこもりがちな冬など、運動不足になることも基本的にない感じがします。
やっぱり犬を飼いたいですね
ペットを飼うなら、猫よりも犬を飼いたいですね。猫は基本的に散歩が不要で、手をかけなくても良いという印象がありますが、部屋飼いしている人たちに聞くと、けっこうストレスによるいたずらに悩まされていることが多いように思います。犬は一度信頼関係をしっかり築くことが必要ですが、信頼関係ができればしつけも比較的楽にできますし、一緒に遊んだり外出することで思い出のバリエーションが広がります。子供の教育にも役立ちそうですしね。
やっぱり猫が好き。
家族も元々、犬より猫好きということもあって猫を飼いたいですね。犬好きの方には申し訳ないのでですが、小さいころに犬に吠えながら追いかけられて以来苦手になったことも理由の1つです。猫は散歩をしなくていいところ、トイレをすぐに覚えてくれるところが特にいいなあと思います。そして、猫自信が綺麗好きで自分で毛づくろいをしたりするので匂いがしないところもいいです。気まぐれでたまに寄ってきてくれるところがかわいくて仕方がありません。
愛犬と過ごす時間は何事にも代えがたい
犬も猫も大好きですし、両方とも飼ったことがあります。それぞれに良いところはありますが、人間に対する犬の愛情表現の可愛さは、言葉にできないほどです。ネコはその点クールなところがあります。犬の方が人間との意思の疎通がスムーズにできる気がしますし、ネコのように家具やソファーをボロボロになるまで引っ掻いたりしません。仕事から疲れ果てて帰ってきても、しっぽを振りながら嬉しそうに私に飛び付いて出迎えてくれるので、嫌なことも一気に忘れて癒されます。
ネコは比較的マイペースで犬のようにムダに吠えたりしないので、1人暮らしでペットを飼うならネコのほうがいいと思いますが、家族で飼うなら断然犬のほうがいいです。
ネコの方が好き
私はネコの方が好きです。犬は人間の顔色をうかがって過ごしているような気がします。その点、ネコは自分を持っていて自分が散歩したい時に勝手に外に出て散歩するし、ちゃんと自我を持っているところが共存している気がして好きです。それに鳴き声もかわいいし、夜も一緒に寝られるし、フワフワして気持ち良いです。夏はちょっと暑苦しいですが。犬は毎日、散歩を連れて行かなくてはならず、とても大変だと思いますので、ネコがいいと思います。
ペットとして犬が好きです
私はペットとして犬が好きです。
過去に10年近く飼っていた経験があります。
例えば、ピアノを弾いていたらメロディーに合わせて気持ちよさそうに一緒に歌ってくれます。
また、家族の中では私に一番なついてくれていたので家に帰ると真っ先に嬉しそうに駆け寄って迎えてくれます。逆に、叱った時はものすごく悲しそうな顔をします。
本当に喜怒哀楽、表情が人間並みに豊かなので一人の家族として接することができるのが犬の魅力だと思います。
犬の方が大好き
私は動物全般が好きです。犬も猫も大好きなのですが、どちらかと言うと犬です。犬は家から帰ったら思いっきり喜んでくれたり散歩に行く時も嬉しさを体一杯に表現してくれます。芸も教えようと思ったら結構覚えてくれます。後は一緒に公園などに行ってボール遊びやフリスビーなどの運動が出来る点も非常に大きいです。犬と一緒に山登りや渓谷など
行って思い出作ったり、お出かけも出来ます。猫も可愛くて好きですがそっぽを向かれることもあったり撫でたいのに逃げられたりするので、少し寂しい気がします。
可愛くて癒される猫が好き
前は犬が好きで犬を飼っていましたが、最近は猫の方が好きです。仕草や表情が可愛いし、わけの分からない行動をよくするので見ているだけで楽しいです。それに散歩の必要がないので飼うのも楽な点も気にいってます。犬を飼ってた時はトイレのしつけに時間が掛かり、悩んでいましたが、猫を飼った時は教えていないのにシートを敷いたトイレを置いていたら勝手にそこでおしっこをしていました。なので猫は意外と頭がいいんだと思います。
犬と猫のどちらが好きか私の意見
犬と猫はいまや、人間にとってなくてはならない大切な存在となっています。
そんな犬と猫で私の好きなのは犬です。
特にチワワが好きです。
今現在も飼っているので非常に愛着がわいています。
そんな犬の歴史は、古くは旧石器時代から日本で飼われているといいます。
旧石器時代の犬は、猟犬がほとんどでした。
愛玩用として飼われ始まったのは外国との交流が深まったことにより様々な犬種が日本にやってきたからです。
とても愛らしく人懐っこいのでほかの犬も飼ってみたいと思っています。
一緒に遊べる犬が好き!
ペットとして飼うなら、猫よりも犬です。これまでの人生で、犬との暮らしはとぎれたことがないのです。気が付けば30年間、ずっと犬と一緒に生きてきました。一番最初に飼ったのは、柴犬のミックスでした。この犬との出会いで、私は絶対犬派になったと言っても過言ではありません。私がちょうど18歳という多感な年頃でもあったので、学校での悩みをいつも犬に話しかけていました。時には涙が溢れ出てしまう事も。そんな時、いつも私の顔を舐めて慰めてくれたのが犬だったのです。犬との会話があったからこそ、不登校にもならず、楽しく学生生活を過ごせたと思っています。今でも実家に帰った時は、その犬の存在がいかに大きかったか、楽しく思い出を語っています。
動物は好きですが清潔感があって飼いやすい猫が好きです
私は飼い易い猫が好きです。
とても奇麗好きで、日課のように毛ずくろいし、いつもこぎれいにしてないと気がすまないようなところが好きです。
殆ど汚れないし異臭もないので家にも上げやすいし、寝床で一緒に寝ることも可能でしょう。ところが犬だとそうはいきません。
例えば外国の映画にベッドで犬と一緒に寝てたりするシーンが出てきたりするのですが、日本じゃよほどの犬好きでない限り考えられないのでは。
トイレもし放題でいつもかたずけるのは飼い主だなんて頭のいい動物だとの評価が私にはとても理不尽過ぎるように思われます。
やっぱり猫が好き
私は、動物大好きです。犬も猫も、鳥も、金魚も可愛いです。犬とねこ、どちらが好きかと言われると、困りますが、結論は、猫です。猫は、とってもあまえじょうずです。可愛い声で鳴いてすりよってくる様子は、可愛くてたまりません。寒い時、ぴったりくっついてくるのも、温かくて、可愛いです。家の外に出かけて行き、なかなか帰らず心配することもありますが、帰る、ネズミ、蛇など、びっくりするようなお土産をもって帰ってきます。ありがたくないお土産ですが、私を喜ばそうとしたり、褒めてもらいたい期待のまなざしに、まあいいかと、おれてしまいます。犬も本当に可愛いですが、私は、猫が一番かな。
やっぱり猫が好きです
犬と猫、実際に我が家でペットを飼おうと考えたときにも悩みました。
犬は昔からの人間のパートナーで飼い主に従順ですし飼いやすいイメージ。
ひと昔前のCMにもありましたが、小型犬のあの潤んだ瞳で見つめられたら思わず連れて帰って来たくなります。
しかし、我が家は猫を飼いました。
理由はしつけすることがほとんどないこと、散歩の手間のないことです。
トイレは最初に場所を教えただけで失敗はありません。爪とぎの場所も用意した場所で必ずしています。
何より、あのツンデレな態度。普段は飼い主が居ても全く気に自由気ままに過ごしていますが、遊びたくなると飼い主にゴロゴロと甘えてきます。
そのギャップにいつもメロメロです。
自由気ままな猫
犬はきちんとしつけないと飼うのが大変。なついてくれて、帰ってくるのを待っててくれて嬉しいかもしれないけどきっとそれが当たり前になってしまうと思う。一方猫は自由な所が可愛い。お帰りって待っててくれたら感動しちゃうし、本当に賢いのは猫だと思う。なのに、そこを隠して『分からない』って顔してる。飼い主が凹んでたら分かってくれて近くに来たり、と思うと抱っこしても『下ろせ』って暴れたかと思うと後ろからひょこひょこ着いてきたり、お仕事してると邪魔したり本当にツンデレ。甘えたいの?一人が良いの?思い通りにならない所が多くあって、そこが凄く可愛い!
犬と猫、私は断然犬派です。
犬と猫、人それぞれ好きなタイプが別れるところでしょうが私は断然犬派です。
犬は猫に比べ喜怒哀楽がはっきりしており嬉しい時のしっぽをブンブン振り回す様子にはとても癒されます。
猫は気まぐれで気分がのったときはなついてきますが、犬はいつも飼い主には忠実な気がします。その点ではやはり犬の方が可愛さが増します。
また犬は公園などでフリスビーなどをして一緒に遊べるのも魅力の一つです。
一緒に遊んでるうちに絆もどんどん深まるような気がしています。
このようなことから、私は猫より犬が好きです。
我関せずの自由さがたまりません。
飼い主に従順で飼い主に連れられての散歩が欠かせない犬より、好きな時に好きな場所で好きに生きる猫の自由さが良いです。暑ければ涼しい場所を探して寝そべり、寒ければ日向ぼっこ、飼い主が呼んでも気が向かなければ知らん顔。叱られても数分でに何事もなかった様に遊び始める始末。トイレが済んだら掃除を求める。構って欲しい時だけ可愛い声で甘える。人間でこんな気ままな暮らしは到底出来ないだろうと考えると、羨ましくも有りますしたまらなく好きです。
言う事をきく。これが犬の可愛さです。
確かに猫もかわいいです。見ているだけなら、時々触れ合うだけなら。だけど猫って、どうしても室内飼いですよね。するとまぁ毛が散らかる、匂いはする、家具やカーテンが破られる・・・。躾けることが出来ないのです。それに比べれば犬たちは、ご主人様の命令絶対です。寂しがらせなければ、まず悪戯もしません。良い子でいて、可愛がってもらえることが無上の喜び、と心得たあの健気さ、いじらしさ。飼い主のちょっとした言動にも素直に反応し、共に喜び共に憂える。これぞ人類の伴侶だ!と思わざるを得ませんね。
やっぱり「ネコ」が好き
断然、「ネコ」派です。
「犬」も子犬とか柴犬、ちわわなどはかわいいとは思うのですが、どっちと言われればやはり「ネコ」です。
きりっと整った顔立ちが多く(中には「ぶさかわ」と言われるユニークなタイプもいます)、しぐさ(招き猫のごとく座っている姿、暖かい場所を選んで寝ている姿)、ツンデレ具合(自分の好きなように行動するところ)など、心をわしづかみにされてしまっています。
そして、今は家で飼われている猫が多いので少なくなりましたが、自分の死期が近くなるとどこかに行ってしまうといった行動がたまらなく愛おしさを感じます。
猫です
犬も猫もどちらも好きですが、ペットにするなら、断然猫派です。かわいらしいツンデレぶりはもちろん、家の中で十分運動出来れば散歩いらずです。大きさにもよりますがたいていの猫はそれほど重くないので病院に連れて行くときに車が運転出来なくてもケージに入れて歩けば大丈夫です。寝るときにそっと布団に入って丸まってのどをゴロゴロ鳴らして、シッポをパタパタさせているのはかわいくてたまりません。体がやらかくふわふわしているのも、顔を洗う仕草もとにかくかわいいです。事情があって今は猫飼えないのに、名前を決めてる始末です。
i犬派
わたしは、犬のほうがスキです。

理由は、単純に好みだからです。
細かく理由を述べていくと、懐っこくて従順だからです。

猫は懐かない、自由気ままなイメージがあります。
みんながそうではないと思いますが。

それから、犬は外に出しやすい、散歩がしやすいところです。

猫は、外に出すのが怖いので。
帰ってくるのか、事故にあわないか心配になります。
そのせいでストレスも溜まりやすそうなので。

より、ペットと言うか家族のように愛着を持って、
癒やしを得られるほうが、わたしは犬です。

断然犬が好き
断然犬が好きです。犬の方が従順で優しく、人なつっこいから大好きです。 生きるための術を知っているようだったり、主人が誰であるかきちんと把握しているところもすごいと思います。 エサをくれる人が一番上というより、うちの場合はお父さんは何もしないのに一番上のようで、家族で一斉に名前を呼ぶと父に一番に行くところがすごいと思います。
そんなところもあれば単に癒しを与えくれるところや、こちらの気持ちがわかるかのように側にきたり、甘えてきたりと可愛いから好きです。
猫派になった理由。
ペットとして犬と猫どちらが好きかというと、猫です。
なぜなら、散歩させなくても良いからです。
元々は犬を飼っていましたが、一日二度の散歩が面倒臭がりな私には苦痛になりました。
一度猫を飼う機会があり、それ以来猫派です。
散歩させなくても良い所が楽だし、自由気ままな猫は同じく自由な私にピッタリでした。
ペットというより、ルームメイトのような感じでした。
時々、甘えてくる仕草の愛らしさは猫ならではだと思います。
一度猫を飼うと、猫派になると思います。
犬の方が好き
実際に飼っているのも犬ですし、猫を飼おうと思ったことはこれまでありません。犬は大きいので存在感がありますし、猫よりも意思疎通がしやすいというのもいいです。もちろん猫も興味はありますが、気まぐれなのがちょっと・・・と思っています。犬は散歩にも一緒に出掛けることができたり、孤独を紛らわすことができて家族が犬がいることにより結束が増すといういい面があると思います。ただ、犬のアレルギーの問題があるのでその前にチェックした方がいいです。
いつでもかまってくれるから犬が好き
犬は私が構ってほしい時にいつでも一緒に遊んでくれるから犬が好きです。猫は可愛いしトイレも1回で覚えたりと賢いけれど排せつ物が臭かったり壁をひっかくので飼いたくありません。こちらが遊んでほしい時に遊んでくれなかったりするのも寂しいです。猫は飼い主がいなくても独りで生きていけそうですが犬は飼い主がいないと生きていけないと思うのでいつも一緒に居てあげたいと思います。犬のキラキラした目が大好きで構わずにはいられません。
やっぱり猫のが好き
犬も嫌いではないですが、やっぱり猫が好きです。臭いがトイレ以外無く、体臭がないことが1番猫が好きな理由です。そして、散歩がないことも猫が好きな理由になります。あとは、気が向いた時にしか寄って来てくれない素っ気ない感じが好きです。犬と比べると落ち着きのある行動も好きです。まったりゆったりのんびりしているのに、実はすごいスピードで走ったりするところも可愛くて仕方ないです。猫パンチなどもすごい早さでできるのに、普段はのんびりしているギャップがたまらないです。私はやっぱり猫が好きです。
飼ったことはないけれど
猫派です。もう見た目が可愛らしいし、散歩も必要がないし、お互いに自由さもあるのが面倒くさがりな私には合うと思います。トイレも練習すれば綺麗にしてくれるし、爪は怖いですがワンちゃんに昔噛まれそうになったことがあるのと吠えられると怖いので猫派です。
どちらも好きですが。
あえて言うなら犬です。
犬は癒されます。うまくしつけが出来れば飼い主の言うことは絶対です。仕事から帰るとしっぽを思い切り振り、「待ってたよ」といわんばかりに喜ぶ姿がほんとに愛おしいと思います。犬は世話したらした分だけ愛情を注いでくれます。猫も昔実家で飼ってました。猫も好きですが、猫は気分屋さんが多いような気がします。かまってほしいときには自分から寄ってくるけど、そうでないときは、ほっといてよ。といった感じで自由気ままに過ごしていた感じです。その点、犬は自分の気分よりもまずは飼い主さんに大好きアピールをします。そんなとこがほんとに可愛いので犬の方が好きです。
犬を飼っていると泥棒よけになる
猫を飼ったことはありませんが、自分勝手そうな感じがするし見た目が怪しげな雰囲気なので敬遠してしまいます。けれど犬は飼っています。外出先から帰宅すると、尻尾を振って玄関までお出迎えしてくれるし、フレンドリーなところが好きです。ただ、隣近所から鳴き声がうるさいとクレームを受けてしまったこともありますが。
以前、真夜中に突然けたたましく吠えだしたので、何事かと思ったら泥棒が1階の窓から侵入しようとしていました。電気をつけたら家に入られる前に泥棒は逃げて行きましたが、犬を飼っていたので何も盗まれず、家族が危害を受けることもなく助かりました。
やっぱり猫が好き
犬と猫どちらが好きかと聞かれると私は猫のほうが好きです。
犬はいつもご主人様の事を見ていていつも一緒にいたい・べったりしたいという感じがするのに対し、
猫は自分の気が向いた時や用事がある時に来てそれ以外はお互い無干渉がいいというスタンスなので適度に距離が置けるというのがとてもいいと思います。
私の家ではペットを飼っていませんが、親戚の家に行くと犬はずっと来客である私に尻尾を振り吠えたり近寄ってきて匂いを嗅いだりしていますが、
猫のほうはどこかにいて私を見ているようで気が向くと近づいてきて私のそばに座るという事があり猫のほうがまったりしていてペットとしてよいと思うのです。
犬と暮らすと幸せ倍増
幼少期近所の野良犬に追いかけられて以来犬が苦手でしたが、ひょんな事で犬を飼う事になりました。現在10歳になりました。
犬は人に懐くと言いますが、本当に懐きます。飼い主の私を始め、8歳から一緒に住み始めた主人、両家の両親にも懐いています。家族の車の音も分かりますし、主人が帰ると毎日ラブラブのお出迎えをしています。
そして人間の表情を本当に良く見ています。泣いていたら慰めに来てくれますし、夫婦喧嘩をすると両方の間を行ったり来たりします。
また、年々一緒に旅行することも増えています。少しずつではありますが、ペット可のホテルや旅館も増えてきているので行動の範囲も広がりました。
犬といる事で癒されますし、行動的にもなれます。是非家族にわんちゃんを迎えて下さい。きっと楽しい毎日になりますよ。
犬しか飼ったことがないけど猫の方が好き
猫を飼ったことがないのですが、基本的に犬は外で飼う、猫は家の中で飼うものです。犬は外に置けば番犬の役目をしますが、触れ合う時間がその分少なくなりがちです。その点で家の中に居座る猫はまさに家族の一員となり得ます。犬は毎日の散歩が欠かせませんが、猫は勝手に動き回ってストレス発散するのでほったらかしでも構いません。種類によるのですが、犬は毛が長く猫は短かいので、部屋の汚れも少ないように思います。まとめると、自立心が強く扱いが良い。だから猫が好きです。
犬にメロメロです!
私が物心がついた時には実家で犬や猫を常に飼っていたので、家族の様な存在でした。それぞれの特性や良さも知っていて、どちらもが好きな動物です。若い頃は出かけている事も多かったので、猫のマイペースな態度や気が向いた時だけに見せる妙に甘えてくるしぐさが可愛くて気に入っていましたが、今の自分には圧倒的に犬との生活の方が楽で楽しいです。犬は本当にどんな時でも全面的に飼い主を受け入れてくれる動物だと思います。甘え上手でもあり純粋に人間に忠実なところが、疲れきった日々の生活に心の潤いを与えて癒してもらっている気がします。
断然犬派!
うちには犬がいます。
トイプードル11歳で、とってもかわいいです。
子どもの頃から犬を飼っていることもあるかもしれませんが、呼ぶと来てくれる、しつけると意思疎通が出来ている気がすることもありまさに家族の一員だと思っています。
更に犬の方が一緒にお出かけもできます。ドックカフェやアウトレットモールも…
散歩も運動不足のためと、母親と一緒に夜必ずするようにしていて一石二鳥!
猫ちゃんだと家中ひっかかれて壁がボロボロ…なんて事もなく、おりこうさんで飼いやすいです。
なので、絶対犬です!もう一匹ほしい~!
今はネコの方が好きになりました
「犬とネコ、ペットとして好きなのはどっちですか?」と聞かれれば、以前の私なら迷うこと無く「犬!」と即答していた事でしょう。
気まぐれで自分勝手なイメージのネコより、従順で愛想を振りまいてくれる犬の方が可愛かったからです。
ところが、最近ネコを飼い始めてからはネコの方が好きになりました。
ネコを飼う気など全くなかったのですが、家の前で今にも死にそうな感じでグッタリしていた仔ネコがいたので、
仕方なく数日だけのつもりで面倒をみたら、そのまま居着かれてしまったのです。
飼ってみると、思っていたよりもずっと優しい性格で、犬ほどではないにしろ、人間の気持ちを読み取ろうとする事に気付きました。
私が具合の悪い時は、枕元にオモチャを並べて気遣ってくれますし、帰ってきた時は玄関まで出迎えてくれます。
思っていたイメージとのギャップにやられてしまい、今はネコに夢中です。
断然猫が好き!
犬と猫、どっちが良いかという以前に、
全ての動物の中で、私は猫が一番好きです。

なので、圧倒的に猫です。

眺めているだけで心癒される愛らしさ。
飼い主に気を使わせない自由気ままな性格。
それでいて、実は情に厚く、しっかり飼い主に愛着を持ってくれる律義さ。
膝の上に乗ってきたときの、丁度良い重さと暖かさ。
そして、なんと言っても散歩不要!

犬のように芸をしなくても、飼い主に従順じゃなくても、
ただそこにいるだけで、幸せな気分にしてくれるのが猫だと思います。

だから、私は猫が好きです。

やっぱり猫が好き。
猫は飼われていても人に媚びないところがカッコイイです。犬だって別に媚びているわけじゃないでしょうけど、たいていいつも愛想が良く、顔も笑っているように見えます。そんなに愛想を振りまいていたら疲れてしまうのに、と人間目線で心配してしまいます。その点、猫はいつもそっけない冷めた目で飼い主を見ています。バカにされている気さえします。でもその自分の気持ちを隠さない、素直さが素敵だなと思います。そんな猫がたまに甘えてくると、よけいにかわいく見えます。
適度な距離感を保ってくれる猫が好き。
私は犬と猫では、より猫を飼いたいという想いが強いです。
もちろん、犬が嫌いなわけではありませんが、友人の家の愛犬と接していると、すごく甘えん坊な子が多いためか少し疲れてしまいます。
その点、友人の家の猫と接していると、程よい距離感を保ちながら遊んでくれます。
友人の家での触れ合いと飼うことは違うと理解していますが、よりべったりな犬よりも、たまに甘えてくれたりする猫の方が、好きだろうなと想像したりしています。
以前は犬派でしたが…
私は子供のころからずっと犬が好きだったんですが、猫大好きな中学生の息子がユーチューブで猫の動画をよく観ていたんです。「かわいい~癒される~」を連発している息子をみて私も一緒に観るようになりました。そしたらどんどん猫の魅力に取りつかれてしまって。あの表情やまったりした雰囲気がたまらなく好きになってしまいました。今ではペットショップに行っても犬より猫を見るようになりました。今は家で飼うことはできないけれど、いつか飼える日が来たら猫を飼いたいです。
断然犬派です!
もちろん猫もかわいいと思うのですが、私は断然犬派ですね。
猫の方が手間がかからず、飼うのに楽だということで最近人気のようですが、犬は手間がかかる分、ほんとに子供を育てているような気分で毎日過ごしています。
あちこち一緒に連れて行ってアウトドアを楽しむこともできますし、一緒に楽しい時間を共有することができるのが犬の魅力だと思います。
きちんと教えればたくさんの事を覚えますし、お散歩も毎日大変でしょうと言われますが、楽しいんです。
ツンデレナ魅力
私はイヌよりもネコ派です。イヌのあの「かまってかまって」と四六時中にくる、こびへつらう感じがうっとおしく感じられます。ちょっと遊ぶ程度ならイヤではないのですが・・・・・・。それにくらべてネコのあの自由さ。「簡単にはなつかないわよ?」な態度も、大好きです。それなのに、構って欲しくなったら、この上なくかわいいアプローチにメロメロです。べったりしてこない適度な距離感が私にとっていいのかもしれません。丸くなって寝ているさまは、最高の癒しです。
僅差でネコ…!
どっちも飼っていたので甲乙つけがたいのですが、僅差でネコのほうがすきです。
ネコは手がかからない。散歩も必要ないしトイレもしつければちゃんとできるし、ほっといても自分で楽しんでる。
犬は人懐こくて忠誠心が強いところが魅力的だし、見た目のかわいさもネコと犬どっちと言われてもどっちもかわいいからそこは選べない!
ただ、犬とネコの大きな違いはニオイ!犬はとにかく、室内で飼ってても、その性質のせいなのか臭ってしまう。そしてそのニオイは手につく。
ネコは、多少ほこりくさくなるけど獣臭はしない。そこが大きく違うと思う。
ペットで飼うなら犬の方が好きです
我が家は犬を飼っていますが、やはりペットとして飼うなら猫より犬の方が好きです。

犬を飼っていると、その飼い主に忠実な姿に癒されます。一人で留守番をさせていて私が帰ってくると、その足音を聞き分けてすぐに玄関まで出てきて待っていてくれて、しっぽを振って出迎えてくれる姿を見ると本当に可愛いと思うので、気まぐれな猫よりいつでも飼い主に忠実な犬の方が好きです。

また、犬が散歩などで息をきらしながら歩いて時々私の方を見たりするときに、どことなく笑っているような表情がとても愛らしいので、やはり表情豊かな犬の方が可愛くていいなあと思います。

ぜったいネコ
現在住んでいる家のまわりが、犬ばっかり飼っていて、本当に迷惑しているんです。朝の6時前からどこかの犬が吠えるし、ごみすてにだれかが出てきたら吠えるし、決まって午後の8時半になく犬もいるし、犬の糞は放置だし(自分の家の敷地だからってありですか?)。だから、絶対自分で買うならネコちゃんがいいです。ネコちゃんのほうが好きです。大きな声で吠えないし。散歩も必要ないし。おしっこのにおいは強烈だけど、きゃんきゃんわんわんうるさいのよりはまし。
犬が好き
断然犬が好きです。過去に二匹現在一匹飼っています。犬は家族が大好きです。思いっきり愛情表現をしてくれます。そして家族に忠実で、とても忍耐強いです。しぐさも可愛く、無邪気で天真爛漫です。居てくれるだけでこっちの幸せホルモンが大量にでます。その点でいくと、猫は自分の世界を大事にしているように見受けられます。自分の気分で家族に寄り添ったかと思ったら、ぷいっと一人の世界に入ってしまいます。構うと逆に怒っているときもあるようです。あの目を見ていると家族の心の中を見透かしているようです。犬は全くそういうところがないのがまた可愛らしいのです。
犬派です
動物として考えたら犬猫どちらも可愛いと思います。ですがペットとしてなら迷わず犬を選ぶと思います。猫のおっとりさや犬ほど手間がかからないという意味では飼いやすいのかも知れませんが、何を考えているかいまいちよく分からないので、どうせ飼うなら目いっぱい愛情を注いであげたいので自分には不向きだと思います。その点で言えば犬は意思表示ははっきりしていますし、飼い主に従順で甘えん坊です。怒りや喜びがはっきりしているのでその無邪気さが魅力です。
断然に犬です。飼い主に忠実な犬はいつも飼い主を必要としてくれている感じがします。その点ネコは飼い主がいてもいなくてもどちらでもいいという何となく冷たい感じがある。帰宅時に玄関先で飼い犬が待ってくれているのを見るととてもいとおしく感じてしまう。この子にために頑張ろうという気にさえなる。構ってほしい時だけにやってくるネコとはちがっていつも飼い主の事を気にかけてくれているのは犬だけだと思います。ネコより犬派です。
犬が好き
犬の方が好きです。

理由は、犬の方が人懐っこくてかわいいからです。
昔から身近にいたのが、猫ではなく犬だったからというのもあるかもしれません。

猫は、なかなか人に懐いてくれないし気まぐれです。
犬は、いつもしっぽを振って近づいてきてくれるので好きでした。

10年ほど前から実家では犬を飼うようになったので、余計に好きです。
とてもかわいいです。
主人の実家には猫がいますが、すぐにどこかへ行ってしまうし、懐いてもくれないので、やっぱり犬の方がいいです。

理想?それとも?
個人的には犬が好きです。ネコの特徴と言えば「わが道を行く」だと思います。犬はどちらかというと「皆で仲良く」だと思います。その特徴を自分に置き換えて好き嫌いか?憧れ(理想)で好き嫌いか?で犬好きネコ好きに分かれるのではないでしょうか?私の場合は祖父が犬を飼っていたことがあるなど犬の方が身近な存在という事もあり、また、近所に放し飼いや野良猫が多く大変迷惑している事も相まっているので、もしかすると犬好きというよりネコ嫌いと言った方が正しいかもしれません。
絶対犬派です。
自分自身がたぶん猫っぽい性格をしているからか、好き勝手にふるまっている猫を見ていると、イライラしてきてしまうところもあります。似た者同士でうまくいかないパターンだと思います。実家で猫を飼っているのですが、すきがあると家を出て行ってしまうし、あちこちひっかいて家じゅう傷だらけにしているし、気分次第でつんとしていたり、甘えてきたり。猫好きな人はそういうところもかわいいと思えるのでしょうが、私は主人に対して忠実な犬の方が好きです。

まとめ

やはり犬好きと猫好きの割合はほぼ半々という結果になりました。猫派の意見としては、飼いやすい、無駄吠えしない、しつけが楽、自由気ままでツンデレなところが好きというものが多く見られました。

犬派の意見は人間に忠実、猫よりもフレンドリー、空き巣よけにもなるという声が多かったです。どちらが好きかは飼い主の性格にもよるかもしれませんね。

どちらをペットとして飼うにしても、人間の癒しとなってくれる存在のようです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。