フラット35と銀行の住宅ローンの固定金利を比較対決

このエントリーをはてなブックマークに追加
ID3320

住宅ローンを組むならフラット35と銀行の住宅ローンの固定金利のどちらがいいかを比較対決。フラット35は条件を満たせば35年間という長期にわたって固定金利で借入することができるものです。

金融機関の固定金利は短期のものが多いのでずっと固定金利という魅力があります。それぞれの金利、手数料、融資額、返済額などをまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

住宅購入資金が少ない人にとって利用しやすいのはどっち?

◯WIN フラット35
フラット35は、住宅金融支援機構が住宅ローンの債権を証券化する事を主たる業務として、金融機関と提携して行う長期固定金利の住宅購入資金融資事業の事を言います。

最長35年の返済期間となっている為、契約時の年齢等の条件を満たしている方であれば、少ない購入資金の方でもローンを組んで住宅を購入する事が出来ます。

×LOSE 銀行の住宅ローン(固定金利)
民間である銀行の住宅ローンは、基本的に変動金利・3年・5年固定といった短めの当初固定金利型の商品が主力になっています。

少し長めの10年や更に長めの20年固定金利の商品も比較的取り扱いはありますが、住宅の購入費というのは非常に高額な買い物である為、現在のような超低金利時代においては初めから長期間である程度組めるものの方が利用しやすいと言えるでしょう。

(注:ごく一部の銀行で最長35年の取り扱いもあります)

保証料の面でお得なのはどっち?

◯WIN フラット35
フラット35は、保証人が不要な住宅ローンです。ですから借り入れの際に保証料を支払う必要がありません。これは非常に大きなメリットと言えるでしょう。

×LOSE 銀行の住宅ローン(固定金利)
民間の銀行による住宅ローンでは、一般的には保証会社への保証料が必要となります。

取り扱う銀行や保証会社により金額は変わりますが、借り入れる金額によってはかなりの出費と言えるでしょう。但し、最近人気のあるネット銀行による住宅ローンでは、保証料のかからないところも増えています。

借入時に傷病歴があっても大丈夫なのはどっち?

◯WIN フラット35
フラット35では、団体信用保険の加入は必須ではありません。傷病歴等によりこれに加入出来ない場合でも融資自体が出来ないという事にはなりません。しかし、契約者にもしもの事があった場合を考えると出来る限り加入したいものです。

×LOSE 銀行の住宅ローン(固定金利)
銀行の住宅ローンでは、一般的に傷病歴があって団体信用保険に加入出来ない場合には、融資を受けられない場合があります。

(※銀行によっては条件等異なる為、詳細は個別に要確認)

団体信用保険の加入代金がお得なのはどっち?

◯WIN 銀行の住宅ローン(固定金利)
銀行の住宅ローンでは、団体の信用保険への加入代金は予め金利に組み込まれている場合が多く、特に支払う必要はありません。また最近人気のネット銀行では、初めからこの代金を無料として銀行が負担しているところも多いようです。

×LOSE フラット35
フラット35では、団体信用保険への加入代金は購入者の負担となります。

途中で繰り上げ返済をする場合にお得なのはどっち?

◯WIN フラット35
フラット35では、繰り上げ返済をする際の手数料が無料となっています。何度返済をしてもかからない為、非常に大きなメリットと言えるでしょう。

しかし、繰り上げの際に注意したいのが金額に条件がある事です。一般的にインターネットからの場合は10万円~、窓口の場合は100万円~となっています(※一部例外もあるようで、詳細については要確認)。

×LOSE 銀行の住宅ローン(固定金利)
銀行の住宅ローンでは、繰り上げ返済の際に手数料がかかります。繰り上げ出来る金額には特に条件がありませんが、手数料の事を考慮すると少額で度々返済する事はあまりお勧めできません。ある程度まとめて回数を減らすとよいでしょう。一部の銀行では手数料を負担してくれるところもあるようです。

借入時の本人審査、審査基準が緩和されているのはどっち?

◯WIN フラット35
フラット35では、年収による返済負担率等は決められていますが、勤続年数等は特に決められていません。自営業者や勤続年数の短い方等でも比較的申し込みやすくなっています。

×LOSE 銀行の住宅ローン(固定金利)
銀行の住宅ローンでは、銀行によって審査の内容は異なりますが、一般的には職業・勤務形態・勤続年数・年収等細かな基準が設けられています。購入を検討する場合にはある程度安定した職業についている必要があると言えるでしょう。

手持ちの資金が少ない場合に利用しやすいのはどっち?

◯WIN 銀行の住宅ローン(固定金利)
銀行の住宅ローンでは、住宅購入の際にかかるローンの事務手数料・登記費用・火災保険料等の諸費用を含めた金額をローンに組み入れる事が出来ます。手持ち資金の少ない方にはありがたいと言えるでしょう。

(※銀行によって異なる為、要確認)

×LOSE フラット35
フラット35では、住宅購入の際にかかるローンの事務手数料・登記費用・火災保険料等の諸費用は、ローンの金額に組み入れる事は出来ません。これらは予め現金で用意しなければならない為、手持ち資金の少ない方には大きな負担となるでしょう。

今後金利が今よりも下がった場合にお得なのは?

◯WIN 銀行の住宅ローン(固定金利)
銀行の住宅ローンでは、固定金利の期間が短めに設定されています。現在の金利情勢に対して、今後さらに低金利となると予想される場合においては見直しが出来るという点でお得と言えるでしょう。逆に金利が上昇する場合には負担する金額が増える事になります。

×LOSE フラット35
フラット35では、固定金利として35年で設定されています。今後今よりも金利が下がる場合には、負担する金額は残念ながら下がらない為、現在メリットと考えられている長期の固定金利がかえってデメリットと言えるでしょう。

結局どっちがいいのか?

対決項目 フラット35 銀行の住宅ローン(固定金利)
住宅購入資金 ×
保証料 ×
傷病歴 ×
団体信用保険の加入代金 ×
繰り上げ返済 ×
借入時の本人審査、審査基準が緩和 ×
手持ちの資金が少ない場合の利用 ×
金利が今よりも下がった場合 ×
合計ポイント WIN:5
LOSE:3
DRAW:0
WIN:3
LOSE:5
DRAW:0
総合結果 ◯WIN ×LOSE

「フラット35」は、住宅購入を支援する為のものです。上記の比較項目の中で様々なメリットを解説してきましたが、現在のような底値とも言われている超低金利時代においては、35年間変わらない金利のままである点は、非常に安定していてメリットと言えます。

またフラット35を借り入れる為には、住宅金融支援機構独自の基準を満たす建物である必要があり、床面積大きさ・建物の耐久性・断熱性等に一定の基準が設けられています。

中でも断熱性においては技術基準に適合している場合に示される「適合証明書」の取り付けが必要(一部マンションによる例外措置あり)とされています。細かい基準を満たさなければならない為、逆を言えばそれだけ安心な物件と言い換える事が出来るでしょう。

この他保証が必要ない点、繰越返済の手数料がかからない点、職業における基準が比較的緩和されている点など、全体的に優秀な住宅ローンと言えるでしょう。

ただし最近非常に人気のあるネット銀行による住宅ローンも様々なメリットが多く比較検討する価値はあるでしょう。従来の銀行に対してインターネット上を主体としている点で高額なローンを組む事は不安であるという意見もありますが、内容面で比較すると非常にコストパフォーマンスがよく、安定した運用をしている点は注目したいところです。

両者においてそれぞれメリット・デメリットがあり難しい選択ではありますが、やはり一般的に多くの方にとって共通して利用しやすいかどうかと考えた結果、やはり安定している「フラット35」に今回は軍配が上がりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。