バーチャルオフィスとレンタルオフィスのどっちがいいのか比較対決

このエントリーをはてなブックマークに追加
ID2167

バーチャルオフィスとレンタルオフィスのどちらがおすすめかを比較対決。

住所や電話番号だけを借りて、実際には会社を持たないバーチャルオフィス。初期費用も少なく一人で起業したい人には最適です。

一方、仕事場も含めて借りることができるレンタルオフィス。こちらもハード面での設備は整っていますので、費用は安く抑えられます。それぞれのメリットデメリットを知り、自分の会社形態に合ったものを選んでください。

概要対決

△DRAW バーチャルオフィス
バーチャルオフィスはその名のとおり、バーチャル(仮想)のオフィスを借りて仕事をすることを言います。基本的には住所・電話番号・FAX番号を借りることでオフィスの建物やワーキングスペースそのものは利用しない形式です。

そのため、東京に会社がなくても東京に設定することもできますので、郊外や地方、自宅で仕事をすることも可能です。また、非常に安価の利用が可能です。

△DRAW レンタルオフィス
レンタルオフィスは住所・電話番号・FAX番号だけでなく、空いている一角のスペースを借りてオフィスを貸し出しすることができます。別名プライベートオフィスと言われています。

一部のスペースのみの使用のため、安価に良い場所に事務所を構えることができます。個室のところやパーテーションで区切っただけのところなど、様々な形態のスペースをレンタルできますので、利用しやすいと思います。また、駆け出しの企業家さんの利用もめまぐるしいため、人気がある事務所設立方法です。

ひとまず、概要ではどちらの方法があっているかが違ってきますので、優劣をつけずにDRAWとなりました。

メリット対決

◯WIN バーチャルオフィス
連絡先のみのレンタルができるため場代もなく安価であり、自宅や地方で仕事をしながら好きなところで土地に縛られずに作業ができます。そのため、どのような方にでも利用しやすい形だと感じます。

また、仕事によっては都心の一等地に住所を置いているだけでも仕事が増えることがあるので、対外的に効果があると言われています。郵便物の代行郵送や法人登記ができるところもあるなど、利用サービスも多岐にわたっています。

レンタルオフィスとも提携していることが多いため、必要な時はレンタルオフィスに変えることもできます。仕事の軌道が載ってからレンタルオフィスに契約を変える方も多くいます。そのほか、店舗の移転先を探している間の連絡先として利用するなど、様々な使い方があります。

ワークスタイル次第ですが、オフィスを必要としない場合や起業の駆け出しに利用するには最適だと思います。

×LOSE レンタルオフィス
利便性の良い一角を希望して使用することができます。一時利用も可能なので繁忙期のみレンタルするなど、ケースに合わせたレンタルが可能です。

安価で立地の良い場所にオフィスを構えることができるので、予算の割に立地条件を良くすることができます。また、バーチャルオフィスに比べてレンタルオフィスは信用が高いため、銀行からの融資なども受けやすいなど安心感があります。

メリットはそれぞれありますが、やはりどのような方でも利用しやすいので、ここはバーチャルオフィスが高いメリットがあると思います。

デメリット対決

×LOSE バーチャルオフィス
以前、振り込め詐欺などの悪用が起こったためバーチャルオフィスそのものの信用が低いのが現状です。そのため、融資や取引が行われないなどの事案があるなどの問題点があります。法人向けの事業となると信用度の低さの観点から仕事に支障をきたしてしまうため、個人向けの事業でないと利用しづらいのは難点です。

◯WIN レンタルオフィス
デメリットとしては長期利用をする場合や、立地や契約内容次第では貸事務所の方が安くついてしまうことがあります。

また、場所や広さによってはシェアオフィスなどにするとさらに安く済むこともあるので、検討は必要です。
しかし、基本的にはデメリットは少ないため、ここはレンタルオフィスの勝利です。

費用対決

◯WIN バーチャルオフィス
プラン内容によりますが、都内でも月に5,000円以下程度で可能です。同時にオフィス利用ができるサービスを追加することもでき、1時間1,000円程度からなど1時間単位で利用可能なところもあるので安価でオフィスを借りられます。

×LOSE レンタルオフィス
貸事務所よりは安いのですが、やはり場代が入るのでバーチャルオフィスよりは高くつきます。場所提供だけで月額10,000円はかかります。契約内容によっては高い場合もあります。例えばデスク付きや秘書付きなどのサービスはお高くつきます。中には30万円ほどの金額になるサービスもあります。契約内容次第で高くなることもあるため、確認しておきましょう。

サービス対決

×LOSE バーチャルオフィス
バーチャルオフィスは基本的に住所・電話番号・FAX番号のレンタルをするサービスです。中には登記が可能なもの、郵送代行サービス、私書箱設置可能、ネットでの内見も可能なサービスなどもあります。また、時間単位でのオフィス提供をしてくれるサービスもあります。

非常に良いサービスが充実していますが、レンタルオフィスほどは提供できるサービスが多くないため、惜しくもLOSEとなりました。

◯WIN レンタルオフィス
レンタルオフィスは会社によってサービスが異なります。スペース利用にデスク付き、秘書付き、個室、オフィス見学、ネット環境充実、掃除サービス、コピーお手伝いサービスなど幅が広いのでとても助かります。追加オプションとしてほしいサービスだけをつけることもできるので、利用しない手はありませんね!

結局どっちがいいのか?

対決項目 バーチャルオフィス レンタルオフィス
概要
メリット ×
デメリット ×
費用 ×
サービス ×
合計ポイント WIN:2
LOSE:2
DRAW:1
WIN:2
LOSE:2
DRAW:1
総合結果 △DRAW △DRAW

どちらも僅差がなく五分五分の対決ドローとなりました。

レンタルオフィスを選ぶのであればメリットは大きく2点あります。まず一点目はサービスが多岐にわたっていることです。場所の提供だけではなく、業務のお手伝いをしてくれるのは何ともありがたいサービスです。人を雇わなくとも、一時的に人の手を借りることができるので、非常に安価で便利だと思います。そして2点目は信用があることです。

バーチャルオフィスは信用度が低く、取引や融資に支障をきたす可能性があります。会社によっては登記ができないとなると、バーチャルでオフィスを構えたとしても仕事ができないなんてこともあり得ますこのようなことになってしまうと、バーチャルオフィスを利用して起業しても意味がありません。リスクが低く安心して仕事をしたいのであればレンタルオフィスをおすすめします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。