ノジマELSONICとエディオンのSIMカード対決

このエントリーをはてなブックマークに追加
ID875

ノジマELSONIC SIMカードとエディオンSIMカードを比較対決。家電量販店の名前が付いたSIMカード、それぞれIIJmioとU-NEXTが提供しているものとなります。

データのみの月額料金、音声通話ありの料金、通信速度、最低利用期間、違約金、格安スマホとのセット販売価格などをまとめました。

格安SIMカード購入の際にはぜひ参考にしてください。

ノジマELSONICとエディオンの比較表

格安SIMカード名 ノジマELSONIC エディオン
販売会社 株式会社ノジマ 株式会社エディオン
店舗 145店舗 1,206店舗
購入 WEBまたは店舗 ネットショップまたは店舗
初期費用 3,000円 3,000円
通信速度(高速通信時) 下り最大375Mbps、
上り最大50Mbps
下り最大:225Mbps
上り最大:50Mbps
通信速度(低速通信時) 最大200kbps 200kbps
回線 docomoエリア docomoエリア
人口カバー率100%
音声通話料金 ・通常料金:20円/30秒 ・「みおふぉんダイアル」利用時:10円/30秒 ・「ファミリー通話割引」利用時:16円/30秒 ・「みおふぉんダイアル」「ファミリー通話割引」併用時:8円/30秒 20円/30秒
回線契約上限 5回線まで
音声プラン 3プラン
3GB/1600円
5GB/2220円
10GB/2560円
3GB:1,580円、5GB:1,980 円、LTE使い放題:2,980円、LTE使い放題2:2,780円、ダブルフィックス(~3GB):1,480円~1,780円
データプラン 3プラン
3GB/900円
5GB/1520円
10GB/3260円
1GB:790円、5GB:1,480 円、LTE使い放題:2,480円、ダブルフィックス(~3GB):680円~900円
シェア音声プラン (音声SIM 1枚・データ専用SIM2枚)
通話料・通信料コミコミプラン
割引・キャンペーン 夏の割引キャンペーン
IIJmioひかりとIIJmioのSIMサービスを同時契約で12か月間月額最大1500円割引
2016年8月31日まで
オプション割引 最大2ヶ月オプション利用料金無料
ポイント ノジマポイントを付与
データ通信量繰越 翌月まで繰越可能
最低利用期限 利用開始日の翌月末日まで 音声SIM:も6ヶ月
違約金 (12ヵ月-利用開始月を0ヵ月とした利用月数)×1,000円(税抜) 6ヶ月以内:9,500円、12ヶ月以内:3,500円
かけ放題オプション 「通話定額オプション」
誰とでも3分&家族と10分:600円/月
誰とでも5分&家族と30分 :830円/月
端末補償 ① 380円/月~
利用端末に故障・破損・水濡れなどのトラブルが起きた際、交換する端末を2日以内(一部離島・地域などを除く)にお届け。
※端末により、補償オプションの月額料金が異なる場合あり。
サポート ② •IIJmioコールセンター(年中無休/9:00~19:00) 電話サポート:540円
セキュリティー ③ ウイルスバスターモバイル
250円/月
i-フィルター
for マルチデバイス360円/月
トビラフォン for Android300円/月
378円
①~③ セット 500円~/月
WiFi スポット利用
追加データ通信量(1GB) 200円(税抜)/100MB 800円
留守番電話サービス 300円 / 月
割り込み電話着信 200円 / 月
公式サイト ノジマELSONICの公式サイトはこちら エディオンの公式サイトはこちら

製品概要対決

△DRAW ノジマELSONIC SIMカード
ノジマのSIMカードは月額972円から使えること、毎月バングルクーポンで2GBまで最大行150Mbpsというはやい速度・NTTドコモのLTE/3G網使用のためエリアの広さを誇っている特徴を持ちます。

そのため、パケット通信料を抑えたい方や子供用の格安料金スマホを用意したい方、余ったタブレットなどを2台目に使用したい方などにオススメしています。なお、20歳未満の方は契約不可なので親御さんと同伴で購入しましょう!

△DRAW エディオンSIMカード
エディオンはラインナップも幅広く、プリペイド式のものも選べるなど選択肢の多さが魅力的。ノジマと同じくNTTドコモのLTE/3Gを使用しているのでエリアが広くてこちらも安心。用途は同じで2台目や子供用スマートフォン等に利用されるのがおすすめです。プリペイド以外は登録方法がWEBになります。概要はほぼ変わらないので、ここから詳しく見ていきましょう。

プランのラインナップ・価格対決

×LOSE ノジマELSONIC SIMカード
ミニマムスタートプラン、ライトスタートプラン、ファミリーシェアプランの3つのプランがあります。ミニマムは月に3GB、ライトスタートは月に5GB、ファミリーシェアは月に10GBとなっています。

メール・Twittwerメインの方にはミニマムスタートプラン、動画やアプリを楽しみたいならライトスタートプラン、家族で3枚のSIMをシェアできるファミリーシェアプランと分かれています。どのプランにもデータ通信専用SIM、SMS機能付きSIM、音声通話機能付きSIM(みおふぉん)が利用できます。これも加えて3つのプランをまとめます。(プランは全て税込み)

1・ミニマムスタートプラン(月に3GBプラン)
データ通信専用:972円
SMS機能付き:1,123.2円
音声通話付き:1,728円

2・ライトスタートプラン(月に5GBプラン)
データ通信専用:1,641.6円
SMS機能付き:1,792.8円
音声通話付き:2,397.6円

3・ファミリーシェア(月に10GB)
データ通信専用:2,764.8円
SMS機能付き:2,916円
音声通話付き:3,520.8円

※クーポンが適用されておらず通信速度が最大200kbpsの状態で、直近3日あたりの通信量が366MBを超えた場合に、通信速度を制限する場合があります。

※音声通話付き(みおふぉん)に無料通話はなく、国内通話はご利用に応じて20/30秒(税抜き)が別途加算されます。

万が一使いすぎた場合はプランの変更も末日以外は可能です。しかし、全体的に価格がエディオンに比べて高くなります。ラインナップとしては3のファミリーシェアに魅力は高いですが、逆に3のファミリーシェアで家族使用する以外はエディオンよりノジマを選ぶ理由はあまりないかと思います。ここはエディオンの勝利ですね。

◯WIN エディオンSIMカード
エディオンは月額プランとプリペイド式の大きく2種類に分かれています。まずは月額プランから見ていきましょう。プランは3つあり、データ通信専用、データ通信専用+SMS付、音声通話+データ通信です。

ネットを楽しみたい方向けのデータ通信専用、SMS対応だからメッセージアプリも使いたい向けのデータ通信専用+SMS付、通話もネットも楽しみたい方向けの音声通話+データ通信それではまとめを見てみましょう。(全プラン税抜き表示です)

1・データ通信専用(ダブルフィックス1GB以下)
月額734円

2・データ通信専用+SMS付(ダブルフィックス1GB以下)
月額896円

3・音声通話+データ通信(ダブルフィックス1GB以下)
月額1,598円

※3 通話料21.6円/30秒
※3 契約期間6ヶ月/12ヶ月とあります
※3 受け取りが申し込み後1週間~10日かかります
※1~3共通 SIM購入料3,240円

ダブルフィックスは高速データ通信の使用量により金額が追加されていくようになります。そのため、あまり利用しない人にも非常に安い基本料金となっています。全体的に見てもノジマに比べてお安くなっています。さらにダブルフィックスの場合、使いすぎたとしてもプラン変更をしなくて良いので便利です。

そして登録不要のプリペイドプランは3タイプです。

4・最大7日間 200MB/日、1,800円
5・最大15日間 200MB/日、2,800円
6・最大30日間 200MB/日、3,500円

※1日の高速通信データ量が200MBを超えた場合は翌日まで200 kbpsに制限します。

全体的にプランの数も多いと思います。登録不要のプリペイドもあるので選択肢の多さもGood!最初にSIM購入に3,240円がかかってしまいますが、長い目で見るとエディオンの方がお安いですし、プラン変更の手間もなく毎月の使用量に悩むことがありません。以上のことから、ここはエディオンの勝利です。

通話割引対決

◯WIN ノジマELSONIC SIMカード
みおふぉんにおいて、「みおふぉんダイアル」や「ファミリー通話割引」を利用すると通話料が60%オフになります。そのため、通話割引はノジマの勝利ですね!

×LOSE エディオンSIMカード
U-CALLというアプリをダウンロードし、通話料をお安くすることができます。国内の通話料が半額の10円/30秒です。月額使用料などはかかりません。しかし、みおふぉんなどの方が割引率が高いので、ここはLOSEです。

スマートフォン・タブレットとのセット提供対決

×LOSEノジマELSONIC SIMカード
ノジマはスマートフォンとMVNO通信サービスをセットで提供する新サービス「ノジマスマホ」を販売しています。料金は先ほどのプラン通りですが、ハンドルクーポンが異なっています。ミニマムスタートプランが2GB、ライトスタートプランが4GB、ファミリーシェアプランが7GBとなりますが、料金は変わりません。ただし、通信速度が受信時最大150Mbpsとなるので、やや遅いと感じる可能性がありますので、動画を見る方は注意が必要です。

◯WINエディオンSIMカード
エディオンはエディオンのスマートフォン・タブレットとして「EDION SIM powered by U-mobile」が販売されています。プランは2つあります。

1・データ専用プラン(SMSオプション付きの場合は別途月額150円)
ダブルフィックス1GB:790円
ダブルフィックス5GB: 1,480円
LTE使い放題:2,480円
ダブルフィックス(~3GB):680~900円

2・通話プラスプラン
ダブルフィックス3GB:1,580円
ダブルフィックス5GB:1,980円
LTE使い放題:2,980円
LTE使い放題2:2,730円
ダブルフィックス(~3GB):1,480~1,780円

通話料金:20円/30秒が別途加算
国内SMS送信料3円/通
海外SMS送信料100円/通
追加チャージ 300円/100MB 500円/500MB 800円/1GB

※2 最低利用期間は6ヶ月/12ヶ月
※1、2共通 SIM購入価格3,240円、セキュリティ378円、電話サポート540円
※1、2共通 1ヶ月の通信料が上限通金料を超過した場合、当月末まで通信速度を200kbpsに制限します。

プランも多く、ノジマと比べて速度も速く、さらにデータ追加できるのでコストパフォーマンスも良くなりますね。スマートフォンとのセット提供もEDIONの勝利です。

結局どっちがいいのか?

対決項目 ノジマELSONIC エディオン
製品概要
プランのラインナップ・価格 ×
通話割引 ×
セット提供 ×
合計ポイント WIN:1
LOSE:2
DRAW:1
WIN:2
LOSE:1
DRAW:1
総合結果 ×LOSE ◯WIN

比較した結果、圧倒的にエディオンSIMカードの勝利となります!回線など、共通していることも多いので、差別化するのであれば大きく3点あります。

1点目はラインナップの豊富さ、2点目はプラン変更なく追加購入で済むので毎月の使用料を気にせず使用できること、そして3点目はそのことにより価格が安く済むことです。

ラインナップはノジマにSIM3枚のファミリーシェアという商品に関してはとても魅力的ですが、エディオンには利用しやすい登録不要のプリペイドがあります。登録不要なのですぐに使用できますし、使い方も縛られません。

さらに、プラン変更なく追加購入で済むので毎月の使用料を気にせず使用できることは大きいと思います。毎月データ使用が多くなってしまってプランを変えるよりも、少しずつ購入出来る方が便利です。

そして、価格は全体的にエディオンが安いこと、そしてデータの追加分だけを支払うのでコストが安く済むことなどで優勢となりました。結果、ここではエディオンSIMカードをおすすめします。しかし、お子さんと共有したいという方はノジマのファミリーシェアなどもお安いのでおすすめですよ!

会社概要

商品名 ノジマELSONIC エディオン
販売事業者名 株式会社ノジマ 株式会社エディオン
所在地 神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-3 クイーンズタワーB 26階 大阪府大阪市北区中之島二丁目3番33号 大阪三井物産ビル
ホームページ http://www.nojima.co.jp/ http://www.edion.com/
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。