スリムアップスリムVSマイクロダイエットを比較!ダイエットシェイク対決

このエントリーをはてなブックマークに追加
体重を計る女性

スリムアップスリムVSマイクロダイエットのダイエット食品対決。どちらも人気のある置き換えダイエット食品ですが果たしてどちら良いのでしょうか?

ダイエットをしているとどうしても栄養が偏りがちになります。そんな栄養不足を補ってくれるダイエット食品があると安心してダイエットに望めます。

夕食に置き換えをするとより効果が期待できます。ダイエット中の食事に困っている人はぜひお試しください。栄養素、コストパフォーマンスなど比較しています。

取扱商品ラインナップ対決

◯WIN スリムアップスリム
スーパーフードキューブ・チアシード・シェイク・スムージー・スープ・ゼリー・サプリメント・ストロングファイバー・発酵液・スナック・焼き菓子・雑炊、リゾット、パスタと幅広いラインナップと商品数を展開しています。

×LOSE LOSE:マイクロダイエット
ドリンクタイプ・シリアルタイプ・リゾット&パスタタイプのラインナップです。

どれだけ愛され続けている?歴史対決

◯WIN WIN: マイクロダイエット
イギリス発のダイエット食品。1989年に初めて日本に上陸。日本では約25年もの間、支持されているダイエット食品のトップブランドである。

×LOSE LOSE:スリムアップスリム
ビールや飲料品で有名なアサヒグループの100%子会社として平成6年にアサヒフードアンドヘルスケアヘルスケアが設立される。ヘルスケア事業の中のダイエットブランドとしてスリムアップスリムが発売された。

ダイエットの仕組み対決

◯WIN WIN:スリムアップスリム
ダイエット中に不足になりがちな栄養素や美容ケア成分、ダイエットサポート成分などを配合したダイエット食品を、行いたいダイエット方法に合わせてチョイスする仕組みです。1食分をダイエット食品に置き換えたり、サプリメントでダイエット効果を得たり、カロリーの低いお菓子でカロリーコントロールをしたりと色んな取り入れ方が出来ます。

×LOSE LOSE:マイクロダイエット
朝・昼・夜の3食のうち1~2食をマイクロダイエットに置き換えます。いきなり2食をマイクロダイエットにするのは急激なダイエットになってしまうので、最初は1食から始めてもOKです。一番良いのは夜ご飯にマイクロダイエットのドリンクタイプを飲むことだそう。

ドリンクタイプ対決

◯WIN WIN:マイクロダイエット
マイクロダイエットに含まれる栄養素は計算された約50種類。1食あたりのカロリーは約170kcal。フレーバーは、ココア・コーヒー・ミルクティー・抹茶・ストロベリー・ベリーミックス・白桃の7種類。

×LOSE LOSE:スリムアップスリム
スリムアップスリムのシェイクは46種の成分が一度に摂れてカロリーは1食あたり約160kcal。フレーバーは、カフェラテ・キャラメルマキアート・ショコラ・抹茶ラテ・ロイヤルミルクティー・マンゴーの6種類。

雑炊・パスタ・リゾット対決

◯WIN WIN:スリムアップスリム
スリムアップスリムからは雑炊・リゾット・パスタと色んな種類が販売されています。鯛雑炊・松茸雑炊・うま出汁卵雑炊・ナスとブロッコリーのトマトリゾット・ミックスきのこのクリームリゾット・ベニズワイガニ&トマトのスープパスタ・クラムチャウダースープパスタなど、合計11種類が楽しめます。1食分は約80kalです。

×LOSE LOSE:マイクロダイエット
ダイエット中だと洋食は我慢しなくちゃいけないイメージですが、マイクロダイエットのリゾット&パスタは濃厚でボリューミーなラインナップです。本格的なお味なのにカロリーはたったの1食約270kcal。種類は、ビーフカレーリゾット・クワトロチーズリゾット・カルボナーラパスタ・トマトパスタの4種類。

ダイエット食品って高いの?価格対決

◯WIN WIN:スリムアップスリム
シェイクなら10食分¥3,000、1食あたり\300。雑炊やリゾットなら5食で¥980、1食あたり¥196です。

×LOSE LOSE:マイクロダイエット
ドリンクなら7食入り¥9,072、1食あたり¥1,296。リゾット&パスタは14食入で¥18,144、1食¥1,296。定期便で箱数を多く購入すると割引率も高くなり、お得に購入することが出来ます。

独自ダイエット成分対決

△DRAW スリムアップスリム
アサヒオリジナル成分である「りんごポリフェノール」、アサヒグループが発見したハリを高める力がある「レベルアップコラーゲン」、コラーゲンの産生を高める「美体質乳酸菌」という成分が配合されています。(一部の商品では配合されていないものもアリ)

△DRAW マイクロダイエット
「ビオチン、ビタミンK」「ポテトタンパク質」「不溶性食物繊維」のダイエット三大成分をプラスし、美味しさと腹持ちをアップさせています。

ここが違う!特徴対決

△DRAW スリムアップスリム
体重を落とすだけのダイエットではなく、栄養のバランスを整えながらダイエットのサポートを行い、更に美容ケアも行えるダイエット食品を作っています。6年連続ダイエット食品売上ナンバーワンに輝いています。

△DRAW マイクロダイエット
高品質な原料を使用し、栄養価の高い美味しさにこだわったダイエット食品作り&研究を行っています。人工的な香料は使用せずココアパウダーや果汁を使用しているので、自然な美味しさを楽しみながらダイエットに励めます。また、電話でのダイエットサポートを行うなどサポート体制もしっかりしています。販売実績は2億食を突破!

結局どっちがいいのか?

対決項目 スリムアップスリム マイクロダイエット
取扱商品ラインナップ ×
歴史 ×
ダイエットの仕組み ×
ドリンクタイプ ×
雑炊・パスタ・リゾット ×
価格 ×
ダイエット成分
特徴
合計ポイント WIN:4
LOSE:2
DRAW:2
WIN:2
LOSE:4
DRAW:2
総合結果 ◯WIN ×LOSE

アサヒグループから発売されているスリムアップスリムと、イギリス発のマイクロダイエットのダイエット食品対決を制したのは…スリムアップスリムです!幅広い商品ラインナップに加え手頃な価格で購入出来るというのが、万人受けするという点で優れていると判断しました。

スリムアップスリムのダイエット食品は、様々なダイエット方法のサポートに向いています。置き換えダイエット以外にも、食事をとりながらダイエットサポートをしてくれるサプリや、おやつ代わりにダイエット食品を取り入れることが出来るので、自分に合ったダイエット方法と食品を組み合わせてダイエットに励むことが出来ます。

また、美容ケア成分を配合しており、ただ体重を減らして痩せるだけでなく「キレイに痩せる」ことに重点を置いているので、女性には嬉しいダイエット食品ではないでしょうか。

しかし、食品のクオリティ面ではマイクロダイエットの方が上です。特にリゾット&パスタは、味も見た目も本格的な仕上がりでとても美味しいです。
マイクロダイエットは美味しさにこだわったダイエット食品作りに力を入れているので、味の差は大きいですね。

その所為なのか、マイクロダイエットの商品は価格が高いのがネックです。ドリンクが1回あたり¥1,000を超えており、スリムアップスリムのシェイクの4倍近くの価格です。マイクロダイエットの購入は慎重にならざるを得ません。

両社共に独自のダイエット成分を配合したり、ダイエット中でもバランスよく栄養を取れるように工夫したりしている点では大差はなさそうですが、価格面・取扱商品の種類の豊富さ・カロリーの低さ・使い勝手の面で、スリムアップスリムの方が良い!と判断します。

会社概要

商品名 スリムアップスリム マイクロダイエット
販売事業者名 アサヒフードアンドヘルスケア株式会社 サニーヘルス株式会社
所在地 東京都渋谷区恵比寿南2丁目4番1号 東京都中央区八重洲2丁目1番地6号 八重洲kビル6階
ホームページ https://www.asahi-fh.com/sus/ http://sunnyhealth.com/microdiet/
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。