クロネコヤマトと日通の引越し単身パックを比較!どっちがいい?

このエントリーをはてなブックマークに追加
単身引っ越し

クロネコヤマトの引越し単身パックと日通の単身パックではどちらがお得に利用できるかを比較したサイトです。引っ越しの際、事前に下調べしておくことをおすすめします。

引っ越し業者によって値段やサービスに違いがあります。見積もりの値段だけで決めてしまうとかえって高くつくこともあります。

引っ越しに使用する段ボールですが、サービスで付いている引っ越し業者とそうでない引っ越し業者とがあります。事前に確認しておく事をおすすめします。

2月~4月の引っ越しシーズンは値引きが殆どないので、この時期を避けると比較的安くで引っ越しできますよ。

クロネコヤマトと日通の比較表

日通 クロネコヤマト
社 名 日本通運株式会社 ヤマトホームコンビニエンス株式会社
創 業 昭和12年10月1日 昭和60年9月4日
認定 引越事業者優良認定
モットー 「任せて安心」 引っ越しも。その先に続く生活も。
「暮らしの移動サービス」
見積もり 無料
ホームページでは単身用と家族用の2種類。
単身は下見不要。
家族用は最短1分で見積もり。
無料
ホームページで、単身、家族、大型家具・家電引越の見積もりの予約申込のフォームを用意。
引越し基本プラン ■単身
単身パック当日便
単身パックS,L
単身パックX
■家族
セルフプラン
ハーフプラン
フルプラン
単身引越サービス
家族引越サービス
おまかせフリー割サービス
単身引越しプラン 単身パック当日便
単身パックS,L
単身パックX
単身引越サービス
単身引越サービスminiタイプ
家具家電レンタル×単身引越パック
単身引越ジャストサービス
単身資材パック
海外引越しプラン 別のグループ会社「ヤマトロジスティクス株式会社」が対応
法人引越しプラン オフィス引越
社員引越
マンション一斉引越
オフィス引越
転勤引越
その他プラン 建替引越パック
リフォーム引越の達人
高齢者ホーム入居サービス
引越しプラン共通無料サービス 日通アシスタンスサービス初年度年会費無料
(医療相談アシスタント、法律相談アシスタント、ロードアシスタント、ホームアシスタント、ペットアシスタント)
TV・洗濯機のセッティング
オプションサービス(有料あり) エアコン工事
各種の電気、水道、ガス器具工事
乗用車・オートバイの輸送
ピアノの輸送
荷物の一時保管
ハウスクリーニング
盗聴器、盗撮器探査サービス
家事お手伝いサービス
不用品(粗大ゴミ)のお引き取り
家電リサイクル品のお引き取り
・各種取り外し・取り付け(エアコン、アンテナ、オーディオ機器、洗濯機、食洗機、ウォシュレットなど各種家電)
・荷造りサービス(全部・一部)
・荷ほどきサービス(全部・一部)
・ピアノ・車両輸送、金庫などの重量物・美術品などの輸送
・不用品の引き取り
・旧居、新居のお掃除
・ご挨拶ハガキ印刷サービス
・転居転送サービス(1年)
・資材の販売
ポイントカード対応 JAL マイレージバンク、ANA マイレージクラブ、Pontaポイント、楽天ポイント みずほマイレージクラブカードで支払うとご利用額1,000円につき2ポイント。
公式サイト 日通の公式サイトはこちら クロネコヤマトの公式サイトはこちら

どんな特徴があるの?特徴対決

◯WIN 日通の単身パック
荷物量に応じて、3サイズあるボックスを選ぶことが出来ます。ボックスのサイズと、距離、引越し時期などで料金が決まります。一番小さなボックスのサイズは、内寸108センチ×74センチ×155センチ。次に108センチ×104センチ×175センチのサイズのボックス、ベッドなどの大型家具も入る専用コンテナの3サイズがあります。

×LOSE クロネコヤマトの引越し単身パック
押入れ一段分の容量を積み込むことが出来るBOXのサイズ、距離、引越し時期などによって料金が決まるサービスです。このBOXのサイズは、内寸104センチ×104センチ×170センチです。更に荷物が少ない単身者用のminiプランもあり、この場合のBOXサイズは104センチ×104センチ×130センチになります。

サービス対決

◯WIN 日通の単身パック
家具類や家電などは、スタッフが梱包・搬出・搬入・解梱・設置を行ってくれます。下見なし、ウェブで見積もりや引っ越しの予約をすることが可能です。日通アシスタントサービスという、新生活を応援する特典が初年度無料でついてきます。配達時間帯指定も可能です。一部地域では午前・午後の2区分指定しか行えない場合があります。

×LOSE クロネコヤマトの引越し単身パック
見積もりは、必要なBOX数と行き先さえ分かれば可能なのでネットや電話で簡単に行えます。搬出・搬入・据付をスタッフが行ってくれるので、荷造りをするだけで引越しが出来ます。一部エリアを除いて時間帯指定も可能。

オプションサービス対決

△DRAW クロネコヤマトの引越し単身パック
梱包する時間がない人向けに、経験豊富なスタッフが荷造りを行ってくれる荷づくりサービスがあります。ダンボールや布団袋、エアーキャップといった引越しに必要な資材の販売も行っています。単身用資材パックの販売もあります。引越し後に不要となった資材の回収も行っています。こちら全て有料のオプションサービスです。
家具・家電の不用品回収サービスも有り。条件によっては買取不可の場合もあります。
この他にも快適生活サポートサービスとして、掃除や家電工事、セキュリティーに関するサービスを別途有料で行っています。

△DRAW 日通の単身パック
荷物の一時保管、車やバイクの輸送、粗大ゴミの引取りやリサイクル家電の引取り、ハウスクリーニング、電気・水道・ガス器具の取付などを有料で行ってくれるオプションサービスがあります。ダンボール2サイズ、クラフトテープ、布団袋がセットになった引越し用資材セットも販売されています。

単身パック料金対決

◯WIN クロネコヤマトの引越し単身パック
単身引越サービスでWEB割引を利用した場合、同一市区内なら関東エリアで16,840円(税込み)、東京‐神奈川間なら20,840円。単身引越サービスminiサイズでWEB割引を利用した場合、同一市区内なら関東エリアで15,840円(税込み)、東京‐神奈川間なら17,280円(税込み)です。3/20‐4/2のシーズン期間は割増料金が掛かります。

×LOSE 日通の単身パック
WEB割引を利用した場合、単身パックSなら16,200円(税込み)~、単身パックLなら17,280円~、単身パックXは150km離れた地域への引越しが対象で、東京‐大阪間の引越しなら63,720円(税込み)です。但し、夜間配達・土日祝日配達・3/20~4/5の期間は割増料金が掛かります。

割引対決

◯WIN クロネコヤマトの引越し単身パック
WEB割引2,160円、搬出・搬入が平日の場合は平日割引2,160円、搬出日14日以上先の早期申込割引1,080円、BOX利用が2本以上になった場合は1BOXあたり1,080円の割引が利用できます。

×LOSE 日通の単身パック
WEB割引2,160円、2ボックス以上利用の場合は1ボックスあたり1,080円の割引、エリアや集荷日によって利用出来るエリア割引があります。

対応エリア対決

◯WIN クロネコヤマトの引越し単身パック
基本的に全国エリア対応です。但し離島などは別途料金が必要な場合もあります。

×LOSE 日通の単身パック
基本的に全国エリア対応です。但し、単身パックXは150km以上離れた取り扱いエリア間のみの引越しが対象になるので、利用する場合はエリアの確認が必須です。

運送保険対決

◯WIN 日通の単身パック
単身パックSは100万円、単身パックLは150万円、単身パックXは300万円の運送保険が1ボックスごとに料金に含まれています。

×LOSE クロネコヤマトの引越し単身パック
引越し料金に運送保険は含まれていません。希望する場合は、保険加入の取次は行って貰えるようです。

結局どっちがいいのか?

対決項目 クロネコヤマト 日通
特徴 ×
サービス ×
オプションサービス
単身パック料金 ×
割引 ×
対応エリア ×
運送保険 ×
合計ポイント WIN:3
LOSE:3
DRAW:1
WIN:3
LOSE:3
DRAW:1
総合結果 △DRAW △DRAW

単身者といっても荷物の数は人それぞれです。日通の単身パックは、3種類の大きさのボックスサイズを取り扱っており、単身でも荷物が多い人のニーズに応えています。

また、家具や家電の梱包サービスが料金に含まれていたり、日通アシスタントサービスという独自のサービスを展開していたり、ただ荷物を運ぶだけではない引越しサービスを提供しているところが好印象です。

基本的な料金面は、日通の単身パックの方が少し高い印象を持ちますが、そこまで両者に大差はなく、サービス内容や運送保険などを考慮すると、日通の単身パックの方が、コストパフォーマンスに優れているのではないかと判断します。

しかし、日通の単身パックは割引サービスが少なく、土日祝日の利用などに割増料が掛かってしまうデメリットも。引越しの曜日や時間帯に注意して引越しを行わないと、割高になってしまう可能性があるので注意をしなくてはいけません。

一方のクロネコヤマトは、サービス内容がシンプルで割引サービスも多く、全国エリアに対応しており、オプション内容も充実しています。

ですが、大型の家具を入れることが出来るBOXのサイズがないので、別途大型家具の配送サービスを依頼しなくてはいけなかったり、運送保険は別途加入しなくてはいけなかったりと、単身パック以外に料金が発生する可能性があります。

これらを総合的に見て判断すると、今回はドローになりました。

クロネコヤマトの単身パックと日通の引越し単身パックを比較対決したみんなの口コミ

クロネコヤマトの早期割引
クロネコヤマトの単身パックは単身用の引っ越し便ですが、特にお得と思うのは早期割引です。
土日や混んでる時期はなかなか利用しにくいですが早めに専用ダイヤルに電話してオペレーターさんに直接話して早期にお願いしたら早期割引がききます。
単身パックはコンテナの大きさにより荷物が入る枠が限られますが、わりと沢山荷物が入るわりには、早期の割引でかなり安くなりますからビックリしました。
一人の単身ならこれで十分だとおもいます。
安心感がある
日通の引越し単身パックを利用したことがあります。幼いころから引越しはいつも日通にお願いしていたので、とても馴染み深く、自分自身の中で「日通=引越し業界の老舗業者さん」というイメージもあったからです。日通は美術館の展示品を運ぶ専門の部署があると聞いたこともあり、安心感もありました。実際に単身パックを利用した際、狭い通路で家財の搬出がギリギリだったのですが、建物・家財ともに傷付くことなく運んでいただきました。
手厚いサービスを受けることが可能なところ
手厚いサービスを受けることが可能な日通の方が良いと思います。
日通は、家具と家電の梱包サービスや運送保険に追加で別途加入する必要が無いなど、クロネコヤマトに比べて基本プランの単身パックにおいて非常に魅力的なサービスを受けることが可能となっています。日通は昔から荷物運送に加えて引越しサービスも手掛けてきた実績があり、引越し実績の浅いクロネコヤマトに比べて質の高いサービスを提供している点が素晴らしいと感じました。

会社概要

商品名 クロネコヤマト 日通
販売事業者名 ヤマト運輸株式会社 日本通運株式会社
所在地 東京都中央区銀座2-16-10 東京都港区東新橋1丁目9番3号
ホームページ http://www.kuronekoyamato.co.jp/ http://www.nittsu.co.jp/
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。