カーシェアリングとレンタカーのサービスを比較対決

このエントリーをはてなブックマークに追加
ID1834

カーシェアリングとレンタカー、どちらがおすすめかを比較対決しました。

カーシェアリングはまず登録が必要で、月額料金を払うことになります。後は好きな時に好きなだけ使うことが可能。

それぞれの距離に応じた料金比較、車種、サービス対応などをまとめました。乗る時間によってお得な方が変わってきます。自分の生活パターンに合わせた車の使い方をすることが大切です。ぜひ参考にどうぞ。

車種対決

◯WIN レンタカー
レンタカーは実にたくさんの車種が用意されています。

ちょっとしたお買い物には小回りのきく軽自動車、特別なシーンで活用できるラグジュアリータイプ、試してみたい環境に優しいエコカー、みんなでワイワイドライブにおすすめのミニバンやワンボックスタイプ、引っ越しや荷物運びに便利なバンやトラックなどなどTPOに合わせた車をチョイスすることが可能です。

旧型の車種に乘ることも、新型のものに乘ることもできるので車好きには魅力ですね。禁煙車と喫煙車も用意されているので愛煙家ドライバーの人は助かるのではないでしょうか。

×LOSE カーシェアリング
カーシェアリングのステーションには1~2車種程度しかありませんしほとんどの車は禁煙です。ステーションごとに車種が違うことが多いので行く先々で利用するなら毎回違う車種を選ぶなどして楽しむこともできます。

だいたい同じエリアで利用するのであればレンタカーに比べてバリエーションは少ないです。サイズ的にもコンパクトカーが多く大人数で利用したいと考えている人には不向きかもしれません。

営業時間対決

◯WIN カーシェアリング
カーシェアリングのステーションは基本的に無人なので入会していれば24時間いつでも利用可能です。車に空きさえあればスマホなどから簡単に予約ができ、専用のICカードをかざすだけなので面倒な手続きなども必要なくとっても便利です。入会の手続きもとても簡単です。タイムズを例にしますと、ネットのみで手続きが終わるネット入会、必要事項はネットから入力しあとは店舗で完了させるクリック入会、各地で実施されている説明会での入会、無人機

×LOSE レンタカー
基本的にはお店の営業時間内のみの利用となります。例えば日本レンタカーなどは8時~20時までとなっています。

お店によって2時間程度であれば融通をきかせてくれる場合もあるようですがその間に事故をおこしたり、車上荒らしにあった場合保険の適用がされないこともあるので注意が必要です。最近は深夜も営業しているお店や24時間営業のお店も増えてきています。

料金対決

◯WIN カーシェアリング
カーシェアリングは月会費が1000円程度かかりますが基本の料金はレンタカーより安く、利用が少ない深夜などは大きく値下げされています。

タイムズカープラスで15時間利用したとすると2580円+距離料金と驚きの安さ。距離料金とは16円/kmという風に決められていてそれに応じた金額がプラスされるシステムですがその分ガソリン代はありません。

月会費がかからないお店も登場していますし、これ以外の追加料などは他になく、保険代も含まれています。ジュニアシート、ETC、カーナビなどもほとんどの車に標準装備されています。

そのうえタイムズなどポイントが貯まるシステムを取り入れているお店もあります。15分など短い単位での利用ができるので近所への買い物でも気軽に利用できますね。

×LOSE レンタカー
そもそもの基本料金がカーシェアリングに比べてお高くなっています。そのうえガソリンは都度自腹で給油する必要がありますし返却時には満タンにして返さなければいけません。

保険代も1日1000円といった感じで別に支払う必要がありますし、カーナビなどのオプションも別料金であることが多いです。

サービス対決

◯WIN レンタカー
店舗にスタッフが常駐していますので困ったことは相談できます。会員カードを発行しなければ借りれないシステムではないので入会手続きなども不要です。

車はその都度キレイに清掃されていますので借りた車にゴミがたくさん落ちてたなんてこともありません。車内でタバコが吸える喫煙車があることもカーシェアリングにはないサービスですね。

また青春時代に憧れた名車をレンタルするタイムズのサービスで「Service X」というのもあります。希少な車に乗れるとあって人気があります。

×LOSE カーシェアリング
カーシェアリングのステーションは基本的に無人なので何か困ったことがあったら専用のコールセンター(24時間OK)に電話で問い合わせをする形となっています。

カーシェアリングで利用している車の清掃は週1回程度となっているため自分の前に使った人がだらしない人であれば汚いままの可能性も出てきます。

カーシェアリングという名の通り会員みんなでシェアしているわけですから利用する際はマナーに注意して大切に使いたいものですね。

あとはスタッフがいなくて不便ととると煩わしくなくていいととるかですね。WEBやアプリでの便利な機能は整っており車の予約の際、行き先を入力しておくことでナビに自動で設定されていたり、満車の際にもし空きが出たら知らせる機能などもあります。

結局どっちがいいのか?

対決項目 カーシェアリング レンタカー
車種 ×
営業時間 ×
料金 ×
サービス ×
合計ポイント WIN:2
LOSE:2
DRAW:0
WIN:2
LOSE:2
DRAW:0
総合結果 △DRAW △DRAW

対決の結果、ドローとなりましたがいかがでしたでしょうか?カーシェアリングの良さは24時間いつでも15分~でも使える「気軽さ」にあるようですね。

1回の利用時間が長時間で1年に1度使う程度であればレンタカーの方が使いやすいかもしれません。マイカーを所有せずに必要な時だけカーシェアリングという使い方は無駄をなくした、時代に合ったシステムだと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。