オリオンツアーとロイヤルホリデーの夜行バスを比較対決

このエントリーをはてなブックマークに追加
ID1751

飛行機や新幹線と比べて格安で旅をすることができる夜行バス。

今回はオリオンツアーとロイヤルホリデーの夜行バスを比較対決しました。どちらも全国を網羅し、特にオリオンツアーは価格の安さを売りにしていますが、快適に移動できるかどうかも大切ですよね。

女性専用バスの有無やトイレの有無、シートの仕様などを詳しくまとめています。自分の優先するところを重視して選んでくださいね。

オリオンツアーの夜行バスとロイヤルホリデーの夜行バスの比較表

夜行バス名 オリオンツアーの夜行バス ロイヤルホリデーの夜行バス
乗下車地 東京、千葉、神奈川、青森、岩手、秋田、山形、宮城、富山、石川、福井、大阪、京都、兵庫、滋賀、愛知、岐阜、広島、岡山、山口、高知、福岡 青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、富山県、石川県、福井県、新潟県、長野県、静岡県、愛知県、三重県、大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、香川県、徳島県、愛媛県、高知県、福岡県、熊本県
運賃(東京→大阪) 3,400円~(2016/8/27~9月での最安値) 5,300円~
3歳未満の乗車 2歳未満は乗車不可
2歳以上は座席が必要
1人で座席に座りシートベルトを着用出来ないと乗車不可
(膝の上での乗車は不可)
子供料金設定 あり
(2歳以上12歳(小学生)まで)
あり(小学生以下)
変更・取消 出発日及び取消日により取消料は異なります 規定に応じてキャンセル料が発生する場合あり。
キャンセル料は予約便により異なる
席指定 不可 座席指定のアイコンがある便のみ指定可能
シート 2列~3列 2列~4列
トイレ △(車両による)
Wi-Fi △(車両による)
コンセント △(車両による) △(車両による)
ブランケット △(車両による)
輪行(自転車) 不可 ×
安全への取り組み 「オリオンバス安全運行協議会」を年2回開、バス運行会社への訪問調査の実施 最新の安全技術を搭載(車両ふらつき防止装置(MDAS)、車両安全制御システム、衝突被害軽減ブレーキ、衝突安全ボディー)、スタッフへの徹底した教育・管理体制(定期的な乗務員教育制度、徹底した点検作業、アルコール検知器でのチェック)、乗務員の取り組み(2名交代制の徹底、仮眠専用のスペースでしっかり休憩)
支払手数料 銀行振込手数料はお客様負担 不要
支払方法 コンビニ支払い
クレジット決済
銀行振込
カード決済
コンビニ決済
ゆうちょ銀行
回数券
会員サービス あり
予約センター 050-5550-8772
月~土 10:00-19:00
日・祝日 10:00-18:00
050-5538-0820
[平日] 10:00~14:00、15:00~19:00
[土日祝] 11:00~14:00、15:00~18:00
キャンペーン ①東京⇔広島間の新型バス運行開始記念キャンペーン(2016.7/1~9/30)
②昼行便運行記念キャンペーン
③早得10キャンペーン(2016.9/30出発まで)
①WEB早割10:出発10日前までにインターネットで予約すると全日程500円引き(席数限定)
②WEB割:インターネットからの予約で全日程300円引き
③間際割:空席状況によって突然現れる割引
④学割:最大200円引き
⑤シニア割:最大200円引き
公式サイト オリオンツアーの夜行バスの公式サイトはこちら ロイヤルホリデーの夜行バスの公式サイトはこちら

運行路線の多さ対決

◯WIN ロイヤルホリデーの夜行バス
関東発16路線、関西発10路線、東海発8路線、中国発5本、四国発11本、九州発6路線、東北発4路線、北信越発4路線

断トツでロイヤルホリデーの運行路線が多いですね!

×LOSE オリオンツアーの夜行バス
関東発着3路線、東北発着5路線、東海発着2路線、関西発着4路線、北陸発着3路線、信越発着1路線、中国・四国発着4路線、九州発着1路線

どんなバスがあるの?バスのシート・設備対決

◯WIN ロイヤルホリデーの夜行バス
◆ロイヤルバス
シートタイプは3列ワイド独立タイプから4列シートまで全7タイプ。シート幅は約47センチ~44センチ、リクライニング角度は約140度~120度、シート間隔は約98センチ~84センチと幅広いタイプが揃っています。

また、レッグレストやフットレスト、トイレが付いているバスもあります。全シートタイプにコンセントとアメニティ(お茶・スリッパ・ブランケット・ホットアイマスク・おしぼり)が付いています。タイプによってはWi-Fi・読書灯・カーテンもあります。

◆Willer便
シートタイプは2列独立シートから4列シートまで全19タイプ。シート幅は約60センチ~42センチ、リクライニング角度は約146度~110度、シート間隔は約173センチ~75センチと色々なタイプの座席が揃っています。

多くのバスにレッグレストが付いており、フットレストやトイレが付いているバスもあります。シートタイプによってWi-Fi(SoftBank)・テレビ・モニター(映画、音楽、ゲーム)・コンセント・カーテン・パーテーション・枕・電動ゆりかごリクライニング・テーブル・エンタテイメントシステム・背裏スーツ掛け・コロコロマッサージ・温熱ヒーター・ミラー・カノビー・貸出ブランケットなどの車内設備があります。

◆コトバス便
シートタイプは全4種類。搭載シートは3列独立シート・4列ゆったりシート・4列シート。シート幅は約45センチ~55センチ、リクライニング角度は約140度~120度、シート間隔は約80センチ~110センチ。シートタイプによってレッグレスト・フットレスト・トイレ付き。車内設備もシートタイプによって違いますがヘッドレスト・カーテン・セルフドリンク・貸出ブランケットがあります。

色々なシートタイプのバスを要しているロイヤルホリデーは、広々と使えるシートだけでなく車内設備も充実しています。これなら車内で快適に過ごせること間違いなしですね!

×LOSE オリオンツアーの夜行バス
◆プライベートトリプルタイプ
座席幅49センチ・シートピッチ97センチ・リクライニング角度130度のゆったり独立したシートが3席並んだタイプ。車内設備は、セパレートカーテン・ブランケット・スリッパ・コンセント・レッグレスト・安眠枕・足置きスタンド・テーブル・スーツ掛けバンド。プライバシーも守られ快適に過ごすことができます。

◆リラックスプラスタイプ
座席幅47センチ・シートピッチ93センチ・リクライニング130度の快適4列シートタイプ。車内設備は、ブランケット・スリッパ・安眠枕・足置きスタンド・レッグレスト。快適シートでリラックスしながらバスの旅を楽しめます。

◆リラックスタイプ
座席幅48センチ・シートピッチ94センチ・リクライニング角度130度の国内最大級4列ワイドシート。車内設備はブランケットのみですが、ゆったり過ごすことができます。

◆コンフォートタイプ
座席幅46センチ、シートピッチ98センチ・リクライニング角度105度の4列シート。車内設備は、ブランケット・スリッパ・コンセント・足置きスタンド。機能的なのにゆったりしているお得なタイプです。

◆のびのびシート
座席幅42~45センチ・シートピッチ94センチ・リクライニング角度130度の足元ゆったり4列シート。車内設備はブランケットとスリッパがあるので、足を伸ばしてゆっくり休むことができます。

◆スタンダードタイプ
座席幅42センチ・シートピッチ70~90センチ・リクライニング角度105~120度のオーソドックスな4列シート。車内設備はブランケットとスリッパ。

オリオンツアーもゆったりリラックスできるシートタイプが充実しているバスですが、トイレが付いておらず、車内設備もロイヤルホリデーの夜行バスに比べると最低限のものしか揃っていない印象です。

料金対決

◯WIN オリオンツアーの夜行バス
2016年4月現在の料金は、東京・新宿―大阪・京都の最安値は2,100円~、東京・横浜―名古屋の最安値は2,500円~、東京・新宿―福岡の最安値は7,000円~と、かなり格安で夜行バスを利用することができます。安さを重視するならオリオンツアーの夜行バスがおすすめです。

×LOSE ロイヤルホリデーの夜行バス
2016年4月現在の最安料金は、関東発のバスなら名古屋まで3,700円、関西まで4,400円、福岡まで8,900円となっています。オリオンツアーの夜行バスに比べ、ロイヤルホリデーの夜行バスは車内設備が充実している分、料金が高くなるのは仕方ないのかもしれません。

安全性に対する取り組み対決

◯WIN ロイヤルホリデーの夜行バス
ロイヤルホリデーのバスには、車輌ふらつき防止装置(MSAS)・衝突被害軽減ブレーキ・車輌安全制御システム・衝突安全ボディなどの最新技術を駆使した設備を導入しています。

また、乗務員の教育と点検作業を欠かさず行い、バス車両内には乗組員どうしが連絡を取れる仮眠スペースを確保し、運行開始当初よりバスを安全に運行できるように常時ドライバーを2名搭乗させて不測の事態に備えています。

×LOSE オリオンツアーの夜行バス
オリオンツアーの夜行バスは、国土交通省から一般乗合旅客自動車運送事業を許可された株式会社オー・ティー・ビー(福岡路線は株式会社天領バス)と、国の基準をクリアした貸切バス会社が運行をしています。

国の基準では実車距離400km以上、運転時間9時間以上は交替運転士の配置を必須としていますが、オリオンツアーの夜行バスは運行距離・運転時間に関係なく交替運転士を配置しています。

また、年に2回開催する「オリオンバス安全運行協議会」や、委託先運行会社への訪問調査を行って徹底した安全管理と品質向上に努めています。バス車両には、運転注意力モニター・プリクラッシュセーフティ・車両安定制御システムなどの安全性能システムを搭載しており、より安全にバスが走行出来るように安全性アップに努めています。

どんな荷物も持ち込める?荷物の制限対決

◯WIN オリオンツアーの夜行バス
車内に持ち込める手荷物は身の回り品1個、トランクに預けることができる荷物も1個です。また、トランクに預ける荷物は、50センチ×60センチ×120センチ以内で重量は30kgまでとなっています。ペット・楽器・自転車(折りたたみも含む)・貴重品・精密機械・危険物は積み込み禁止です。

スキー・スノーボードはカバー等に入れていないものは積み込めない場合があります。ロイヤルホリデーの夜行バスに比べると、トランクに大きな荷物を預けることができますし、スキーやスノーボードも預かってもらえるなど、許容範囲が広いです。荷物が多い人や冬のレジャーを楽しみたい人は、オリオンツアーの夜行バスを利用する方が良さそうですね。

×LOSE ロイヤルホリデーの夜行バス
乗車するシートタイプによって荷物の預かり不可の場合があります。車内に持ち込める荷物は、総重量10キロ以内・総容積0.027立法メートル・長さ1メートル以内のもの1個です。バストランクで預かり可能な荷物は、3辺の合計が150センチ以内(1辺の最大長さは70センチまで)のもの1個までです。

こわれやすい物・貴重品・スポーツ用品(スキー板、スノーボード、サーフボードなど)・刃物やゴルフクラブ、バットなどの凶器となりうるものや危険物・引火性液体・動物(ペット)・死体など細かく制限されているので、事前に預けることができる荷物の確認を行っておきましょう。

利用しやすいのはどっち?利用方法対決

△DRAW オリオンツアーの夜行バス
予約はオンライン(24時間可能)または電話で行います。支払い方法は、銀行振込・クレジットカード・コンビニエンスストアから選択します。乗車券は発行されません。決済完了後に入金確認メールが届くので、乗車当日に名前を伝えれば乗車ができます。

集合場所や乗車場所までは、携帯やスマホのルート案内サイトが用意されているのでスムーズに辿りつくことができます。オリオンツアーの夜行バスは座席の事前予約ができないので、乗車当日に乗降口付近に提示される座席表を確認しましょう。座席指定ができないのが残念ですが、支払い方法の種類も多く、集合場所や乗車場所への案内専用サイトがあるので利便性は高いといえます。

△DRAW ロイヤルホリデーの夜行バス
まずはインターネット(24時間受付)または電話専用窓口から予約を行います。予約が完了すればメールが届くので、メールに記載された支払い方法(コンビ二決済またはクレジット決済)で料金を支払います。

当日は予約確認メールとコンビ二支払いの場合は領収書を持参し、受付を済ませ荷物を預けて指定した座席に着きます。ロイヤルホリデーの夜行バスは予約時に座席を指定できるのがいいですね!座席を指定しなかった場合は、バスの入口に掲示される座席表の確認してください。

結局どっちがいいのか?

対決項目 オリオンツアー ロイヤルホリデー
運行路線の多さ ×
バスのシート・設備 ×
料金 ×
安全性 ×
荷物の制限 ×
利用方法
合計ポイント WIN:2
LOSE:3
DRAW:1
WIN:3
LOSE:2
DRAW:1
総合結果 ×LOSE ◯WIN

今回は、夜行バスを運行するオリオンツアーとロイヤルホリデーについて比較しました。

まず、夜行バスを利用するにあたって優先したいのが乗り心地ではないでしょうか。長時間乗車する夜行バスなので、乗り心地は気になるところです。

ロイヤルホリデーの夜行バスは、様々なシートタイプが用意されており、中でもWiller便のエグゼクティブタイプは超豪華仕様となっており、バスとは思えない快適なひと時を過ごせます。このほかにも、ゆったり利用できるシートや機能性抜群の車内設備、アメニティなどのサービスが充実しています。

勿論、乗り心地や設備の充実も優先したいことですが、一番重要なのは安全性です。昨今、夜行バスや高速バスなどの事故がニュースになることも多く、安さよりも安全性を重視する傾向にあります。

両社ともに安全性に対する取り組みを真面目に行っていますが、バス車両に最新の安全技術を取り入れたり、夜行バスの問題が浮き彫りになる以前から常時ドライバーを2名搭乗させたりするなど、ロイヤルホリデーの安全性に対する意識は一貫しており非常に高いといえるでしょう。

安さを求めるならオリオンツアーの夜行バスをオススメしますが、発着地が多い点、座席の事前予約が可能な点、トイレ付きの車両が多い点など、ロイヤルホリデーの夜行バスには乗り心地の良さや安全性の高さ以外にもメリットがたくさんあります。

以上のことから、夜行バスを利用するならロイヤルホリデーがいいと判断します。今回の対決は、ロイヤルホリデーの夜行バスに軍配が上がりました!

会社概要

商品名 オリオンツアー ロイヤルホリデー
販売事業者名 株式会社オリオンツアー 株式会社ロイヤルホリデー
所在地 東京都中央区東日本橋3-10-6 平和東日本橋ビル3階 大阪市北区天神橋2丁目3-8 MF南森町ビル9F
ホームページ http://www.orion-tour.co.jp/ http://www.r-holiday.co.jp/
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。