イオンスマホとfreetelの格安SIMカードを比較対決

このエントリーをはてなブックマークに追加
ID523

イオンスマホとfreetelの格安SIMカードを比較対決。

高速データ通信プラン、月額料金、速度、最低利用期間、違約金、音声通話についてなど気になる点を徹底比較しています。

イオンは全国に店舗がありますので、気軽にサービスを受けられるという利点もあります。それぞれ少しずつ違いがありますので、自分のスマホの使い方に合わせて選んでください。

イオンスマホとfreetelの比較表

格安SIMカード名 イオンモバイル freetel
販売会社 イオンリテール株式会社 プラスワン・マーケティング株式会社
店舗 全国のイオン 213店舗 ・FREETELコーナー設置店舗
ヨドバシカメラ/21店舗
・新規契約・MNP即日お渡し可能店舗
ビックカメラ/21店舗
Smart Labo/3店舗
購入 WEBまたは店舗 WEBまたは店舗
初期費用 3,000円 3,000円
通信速度(高速通信時) 下り最大:375Mbps
上り最大:50Mbps
下り最大225Mbps /
上り最大50Mbps
通信速度(低速通信時) 最大200kbps 最大200kbps
回線 docomoエリア
人口カバー率100%
docomo
音声通話料金 20円 / 30秒 20円/30秒
回線契約上限 5回線まで 5回線まで
音声プラン 500MB ~ 50GB まで 11段階設定
4GB
月額料金:1,580円
1GB/1199円~20GB/5570円の5プラン
データプラン 1GB ~ 50GBまで10段階設定
4GB
月額料金:980円
SMS追加料金:140円
1GB/499円~20GB/4870円の5プラン
シェア音声プラン (音声SIM 1枚・データ専用SIM2枚) 4GB~50GBまで8段階設定
4GB
月額料金:1,780円
シェアプラン音声追加料金:700円
通話料・通信料コミコミプラン データ通信+050かけ放題
料金:2,280円
データ通信量:2GB
スマホ+通信料+無料通話
0円スタートプラン
1GB:2990円~20GB/7340円の5プラン
割引・キャンペーン ・新規・MNP契約者:2GB増量キャンペーン
2016年8月31日まで
契約翌月から毎月3ヶ月間
・最大3年間0円キャンペーン
キャンペーン対象期間中に1,980円をお支払いいただくと、ネット基本料(299円)が最大3年間無料
2016年9月5日まで
オプション割引
ポイント イオンデジタルワールド 200円につき1ネットWAONポイント FREETEL Coin
商品を購入・ご利用いただいた際にFREETEL eSHOPが定める還元率に応じてCoinを付与
FREETEL eSHOPで利用可能
データ通信量繰越 翌月末まで繰越可能
最低利用期限 なし
違約金 なし
かけ放題オプション 050かけ放題
1,500円 / 月
IP電話サービス
24時間・何時間でもかけ放題
FREETELでんわ
最初の1分かけ放題/399円
最初の5分かけ放題/840円
端末補償 ① 350円 / 月 ~
水漏れ・破損・落下・故障時の端末交換・修理
※月額料金は機種により異なる
PREMIUM補償
420円/月
破損・故障・全損 / 紛失・盗難 / 水漏れ / 購入から1年を超えた自然故障を良品に交換
サポート ② スマホ電話サポート
300円 / 月
09:00 ~ 20:00 (年中無休)
チャットサポート
お問い合わせフォーム
電話問い合わせ(09:00-18:00/年中無休)
セキュリティー ③ 150円 / 月額
セキュリティーチェック・クリーナー・パケットチェッカー
あんしんセキュリティパック
499円/月
①~③ セット 600円~ /月
WiFi スポット利用
追加データ通信量(1GB) 480円/回
留守番電話サービス 300円 / 月 300円/月
割り込み電話着信 200円 / 月 200円/月
公式サイト イオンモバイルの公式サイトはこちら freetelの公式サイトはこちら

通信速度対決

◯WIN freetel
freetelの通信速度は格安SIMの中でもトップクラスで圧倒的な通信速度をもつUQ mobileに次いで2位くらいになります。格安SIMの特徴としてサービスを開始した時はとても速いけどユーザーが増えるごとに遅くなるということが挙げられます。しかしfreetelのSIMはサービス開始から月日が経っても最初のスピードを維持しています。

以前はアプリやファイルなどのダウンロードの速度が遅いと言われていたのですが、最近では改善されてきています。通信速度が低下してもなかなか改善しない会社が多い中、freetelは使っている人の声をよく吸い上げて対応してくれる会社ですね。

×LOSE イオンスマホ
イオンスマホといえば端末は良くないわ速度は遅いわで大変評判が良くなかったのですが、2016年に新しくしてからはかなりまともな通信速度になりました。先にも記載したとおり、多くのユーザを抱えるほど通信速度が遅くなる格安SIMが多い中、イオンスマホは比較的速い通信速度を維持できるようになってきました。しかしスタート時の印象が強くなかなかイメージ回復ができないのが現状のようです。

サポート対決

◯WIN Freetel
Freetelにはフリーダイヤルのサポート用電話番号がありますが回線が少ないのか電話が殺到しているのか全くもってつながりません。アナウンスが流れおかけ直しくださいと一方的に切れてしまうので順番を待っていることもできません。

サポートセンターは総じて混んでいるものなのでスピーカーフォンなどにして順番待ちすることは覚悟のうえですが切れてしまうとなると、何度もかけなければならず結局いつまでもつながらないというのは困りものです。サポート電話として機能していないと言えます。

しかし公式サイトからはチャットのサポートサービスがあり、こちらはつながるようです。平日11時~20時ですがサポートとしては電話よりもこちらの方がメインなのかもしれません。返信までに数日かかるようですがメールでの問い合わせも可能です。

×LOSE イオンモバイル
実店舗が全国213店舗ありサポート受けたい時すぐに駆け込むことができて安心というイメージがあるのです実際は少し違うようです。実店舗のスタッフはSIMやモバイルについて詳しくない場合が多く、基本的にはまずイオンモバイルに電話で問い合わせをするということになるようです。

電話のサポートというのは総じてつながりにくくオペレーターに相談できるまですごく時間がかかることが多いですがイオンモバイルのサポートは非常につながりやすいのでその点は安心できます。では実店舗ができるサポートは何なのかというとスマホが壊れた時の修理交換や安心保障に入っているなら新品との交換などです。スマホの使い方などに関しては実店舗ではサポートできていないことがほとんどのようです。

購入のしやすさ対決

◯WIN Freetel
Freetelの直営サイトを始め様々なネットショップで購入もでき、申し込みすれば送料無料で即日送られて来ます。家電量販店などでの購入も可能です。端末と一緒に購入すれば設定は不要。カード単体でも手引きどおりにすれば簡単に通信可能となります。待たされることも面倒くさいこともほとんどありません。

×LOSE イオンモバイル
イオンモバイルは契約するのまで非常に手間がかかります。月額料金や通信速度はよいのですがWEBからの契約ができなかったり、即日受け取りができなかったりと手に入れるまで時間がかかります。実店舗に行ってもまずは予約をしてまた後日来店するなど非常に面倒です。日によって、店舗によってムラがあるためいつまでにSIMカードが欲しいというのがあれば事前に店舗に確認するなどしたほうがよさそうです。

ホームページ対決

◯WIN Freetel
Freetelのサイトは非常にシンプルかつわかりやすくできています。新規申込、追加申込、データのみ申込と3つのアイコンで分けられていて、自分の希望をクリックすると利用できる支払い方法や、申し込み後の流れ、手続きに必要なものなどがわかりやすく表示されます。

全体の流れをつかんだら購入ページから申し込みするだけ。わからないことがあったら「サポート」をクリックするだけで「よくある質問」を検索できるようになっており、解決しなければ購入後のサポートなのか購入前のサポートなのか、その場合はどうすれば良いのかなどこちらもしっかりと区別して記載されているので迷うことはないと思います。

×LOSE イオンスマホ
イオンモバイルは「イオンスクウェア」といわれるショッピングサイトのひとつのカテゴリーとし扱われているため非常に見にくいです。格安SIMカードはネットでは購入できないのですがまるで購入できるかのような作りだったり混乱してしまいそうです。

イオンモバイルは2016年にリニューアルしたのでそれまでやっていたサービスなどの情報が混ざっている感じで知りたい情報を得ることができず結局確認のためにサポートに電話をすることになります。

結局どっちがいいのか?

対決項目 イオンスマホ freetel
通信速度 ×
サポート ×
購入のしやすさ ×
ホームページ ×
合計ポイント WIN:0
LOSE:4
DRAW:0
WIN:4
LOSE:0
DRAW:0
総合結果 ×LOSE ◯WIN

いかがでしたか?イオンスマホとfreetelの格安SIMカード対決。どちらも格安でそれなりの通信速度を保っているようですがイオンの店舗の不安定さは気になるところですね。

そんなに詳しくない人にとっては色々とわからないことが多く混乱してしまいがちなジャンルなのでお店の人には詳しくあってほしいですよね。

Freetelのサポート電話はつながらないことで有名なようですがチャットサポートを行っているのはポイントが高いですね。

申込後すぐに届き、送料無料なのも嬉しいサービスです。ということで今回はfreetelの圧勝となりました。

会社概要

商品名 イオンスマホ freetel
販売事業者名 イオンリテール株式会社 プラスワン・マーケティング株式会社
所在地 千葉県千葉市美浜区中瀬一丁目5番地1 東京都港区西新橋2-8-6 住友不動産日比谷ビル 2F
ホームページ https://shop.aeondigitalworld.com/ https://www.freetel.jp/
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。