りそな銀行カードローンVS三井住友銀行カードローンおすすめはどっち?

このエントリーをはてなブックマークに追加
クレジットカードのイラスト素材

急にお金が必要になったときに頼れるのがカードローンです。カードローンは多くの銀行で利用できますが、利用条件や利用のしやすさは銀行によってだいぶ違ってきます。

今回はメガバンクの三井住友銀行と、大手金融グループのりそな銀行のカードローンについて調べ、比較対決してみました。

融資の早さ、利用限度額や金利などをチェックし、どちらがよりおすすめできるカードローンなのかを見ていきましょう。

りそな銀行カードローンと三井住友銀行カードローンの比較表

りそな銀行カードローン 三井住友銀行カードローン
社名 株式会社りそな銀行
(Resone Bank,Limited)
株式会社三井住友銀行
(Sumitomo Mitsui Banking Corporation)
設立 1918年5月15日 1876年7月
資本金 2799億円 17709億円
主要取引金融機関 りそな銀行 りそな銀行
最大利用限度額 30~800万円 800万円
貸付利率(実質年率) 3、5~12、475% 4、0~14、5%
必要書類 本人確認書類
(運転免許証など)
100万円以上の場合、収入証明書必要
300万円を超える場合、年収を確認できる資料必要
返済方式 残高スライド元利定額リボルリング方式 残高スライド元利定額
返済期間・回数 毎月5日 毎月5日、15日、25日、月末から選択
遅延損害金(年率) 19、9% 借入残高に対し19.94%
担保・連帯保証人 不要 不要
利息 無利息期間なし 無利息期間なし
利息計算方法 借入金額×ご利用日数÷365日 借入金額×金利÷365日×ご利用日数
申し込み Web申し込みなら来店不要
で24時間365日申込可
PC・スマートフォン、
インターネットバンキング、
ローン契約機、電話、
郵送(メールオーダー)、
窓口
お試し審査 無し 有り
総量規制 総量規制対象外
審査を通じて調べた返済能力に見合った利用可能額が設定
総量規制対象外
カード キャッシュカードのみでローン専用なし。 「ローン専用カード」か既にお持ちの「普通預金キャッシュカード」から選ぶ。
借入・返済方法 借入・返済ともに来店不要
返済は口座からの自動引落のみ
返済方法
ATM入金
振込入金
口座振替
借入方法
ATM借入
インターネット・モバイル・テレホン
自動融資
インターネットからの返済手数料 なし なし
店頭窓口からの返済手数料 なし なし
口座引落による返済手数料 無料 無料
銀行振込による返済手数料 無料 無料
ATMからの返済手数料 一部手数料がかかる 三井住友銀行ATMは無無料
貸付対象者 満20歳以上、満60歳未満 満20歳以上満69歳以下
原則安定したご収入のある方
三井住友銀行指定の保証外者の保証を受けられる方
有人店舗数 340 454
自動契約機設置数 0 719
自社ATM数 63249
提携CD/ATM一覧 りそな銀行・埼玉りそな銀行のATM
近畿大阪銀行ATM
バンクタイムATM
コンビニATM(セブン銀行・ローソン・イーネット)
VIEW ALITTE(ビューアルッテ)ATM
ゆうちょ銀行のATM
全国のBANCS/MICS提携銀行のATM
三井住友銀行ATM
E-netのATM
ローソンATM
セブン銀行のATM
ゆうちょATM
返済シミュレーション なし 公式サイト場で返済シュミレーション
スマホアプリ iPhone/Android iPhone/Android
レディースキャッシング 凛next 三井住友銀行レディースローン
おまとめローン おまとめローン可能 おまとめローン可能
ビジネスローン りそなRay Resort ビジネスセレクトローン
クライアントサポートローン
SMBC-ECOローン
認定企業サポートローン
など
おすすめポイント 来店不要でお申し込み
キャッシュカードがそのまま使える
全国のりそなATMやコンビニATMで使える
残高不足でも自動融資機能で安心
ご利用残高に応じて毎月無理なくご返済
家族にばれずに借入できる
低金利
即日融資可能
公式サイト りそな銀行カードローンの公式サイトはこちら 三井住友銀行カードローンの公式サイトはこちら

カードローンの種類対決

○WIN:りそな銀行カードローン
「りそなプレミアムカードローン」と「りそなクイックカードローン」の2種類がある。

×LOSE:三井住友銀行カードローン
三井住友銀行カードローンのみ。

金利対決

○WIN:りそな銀行カードローン
3.5%~12.475%

×LOSE:三井住友銀行カードローン
4.0%~14.5%

利用限度額対決

△DRAW:りそな銀行カードローン
800万円

△DRAW:三井住友銀行カードローン
800万円

審査時間対決

○WIN:三井住友銀行カードローン
最短30分(審査結果の連絡は9:00~21:00 なので、申し込み時間によっては翌日以降になる場合がある)

×LOSE:りそな銀行カードローン
クイックローンは最短2時間、プレミアムカードローンは最短当日中。

申込方法対決

○WIN:三井住友銀行カードローン
PC・スマートフォン、インターネットバンキング、ローン契約機、電話、郵送、窓口で申し込みが可能。

×LOSE:りそな銀行カードローン
インターネット、郵送・FAXを希望する場合は店頭のメールオーダーサービスを利用する。りそな銀行の口座を持っていない場合は、口座開設の必要がある。

融資開始日対決

○WIN:三井住友銀行カードローン
最短即日

×LOSE:りそな銀行カードローン
審査結果から融資まで数日掛かる。また、プレミアムカードローンは審査後、口座開設の必要があるので更に融資までの日数が掛かる。

借り入れ方法対決

○WIN:三井住友銀行カードローン
ATM(三井住友銀行・イーネット・ローソン・セブン銀行・ゆうちょ・提携金融機関など)、インターネットバンキング・モバイルバイキング・テレフォンバイキングの利用はSMBCダイレクト契約者のみ可能。

×LOSE:りそな銀行カードローン
ATM(りそな銀行・埼玉りそな銀行・近畿大阪銀行・イーネット・ローソン・セブン銀行・ゆうちょ・バンクタイム・BANCS提携銀行・MICS提携銀行)

返済方法対決

○WIN:三井住友銀行カードローン
ATM、振込み、口座振替(三井住友銀行に口座がある場合)

×LOSE:りそな銀行カードローン
自動引落による返済(定例の返済)、ATM・マイゲート(臨時の返済)

利用条件対決

○WIN:三井住友銀行カードローン
申込み時の年齢が満20歳以上満69歳未満であること。原則安定した収入があること。三井住友銀行指定の保証会社の保証を受けられること。

×LOSE:りそな銀行カードローン
プレミアムローンの場合、りそな銀行の営業エリア内に在住または勤務しており、申込み時の年齢が満20歳以上満60歳未満で、前年の年収が400万円以上あり継続安定した収入があること。パート・アルバイトの利用は出来るが、専業主婦・学生の利用は出来ない。クイックカードローンの場合、申込み時の年齢が満20歳以上満69歳未満で、継続安定した収入があること。(年収・勤続年数などの条件なし)どちらのカードローンも保証会社の保障が受けられること。

結局どっちがいいのか?

対決項目 りそな銀行カードローン 三井住友銀行カードローン
カードローンの種類 ×
金利 ×
利用限度額
審査時間 ×
申込方法 ×
融資開始日 ×
借り入れ方法 ×
返済方法 ×
利用条件 ×
合計ポイント WIN:2
LOSE:6
DRAW:1
WIN:6
LOSE:2
DRAW:1

総合結果 ×LOSE ◯WIN

メガバンクの三井住友銀行と、メガバンクに次ぐ日本の大手金融グループのりそな銀行のカードローン対決。今回の対決を制したのは、三井住友銀行カードローンです。

三井住友銀行はメガバンクだけに、様々な申込方法を用意していたり審査時間がスピーディーであったりと、申し込みのしやすさが際立っています。また、融資開始も最短即日という早さで、りそな銀行カードローンを大きく引き離しています。

どちらのカードローンも、借り入れや返済にはコンビニのATMなどが利用できるので、銀行のATMが身近になくてもそこまで不便を感じる事はないかもしれません。参考までにお伝えしておくと、三井住友銀行のATMの数は全国トップクラスなので、借り入れは勿論のこと、振込み返済などもしやすいのではないでしょうか。一方のりそな銀行は、大阪や埼玉に支店が多いので大阪や埼玉では銀行ATMの利便性が高そうです。

次に、カードローンの利用のしやすさは、利用条件が余り厳しくない三井住友銀行カードローンが断トツではないでしょうか。りそな銀行はカードローンが2種類あります。パートやアルバイトでも利用出来るクイックカードローンの条件が三井住友銀行カードと同等なのに対し、プレミアムカードローンは年齢や収入の条件が狭く、住まいや勤務地まで条件に入っています。利用限度額に差が無いにも関わらず、プレミアムカードローンは条件が非常に厳しくなっています。

では、りそな銀行カードローンにはメリットが無いのかと言えばそうではなく、注目したいのは金利の低さです。3.5%からと、三井住友銀行カードローンの最低金利より0.5%も低く、また上限金利も三井住友カードローンと比べると約2%低くなっています。年収400万円以上の安定した収入がある人は、りそな銀行カードローンの方が金利面ではお得です。

しかし、カードローンを必要とするのは、急にお金が必要になったが手元にお金が無い人が大半です。簡単・スピーディー・利便性という観点から、三井住友銀行カードローンの方が良いという結果に至りました。

会社概要

商品名 りそな銀行カードローン 三井住友銀行カードローン
販売事業者名 株式会社りそな銀行 株式会社三井住友銀行
所在地 大阪市中央区備後町2丁目2番1号 東京都千代田区丸の内一丁目1番2号
ホームページ http://www.resonabank.co.jp/ http://www.smbc.co.jp/
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。