みんなのウェディングVSぐるなびウェディングどっちがおすすめ?

このエントリーをはてなブックマークに追加
結婚式

結婚式を挙げようと決めたら式場、二次会会場、ドレスや招待状などいろいろ決めなければならないことや準備することが盛りだくさんです。

そんなときに役立つのが結婚に関する情報の提供をしているサイトです。今回は「みんなのウェディング」と「ぐるなびウェディング」の情報やサービス内容を比較してみました。

結婚式にお役立ちのコンテンツやお得なキャンペーン情報もあるので、これから結婚式を挙げる予定のある方は要チェックです!

みんなのウェディング
http://www.mwed.jp/

ぐるなびウェディング
http://wedding.gnavi.co.jp/

式場・挙式口コミ数対決

○WIN:みんなのウェディング
4,985件(2016年1月6日現在)

×LOSE:ぐるなびウェディング
196件(2016年1月6日現在)エリアによっては口コミがない場合もある。

サイトに掲載している結婚式場数対決

○WIN:みんなのウェディング
約5,500件の結婚式場を掲載している。探している式場が無い場合は、式場追加依頼も可能。

×LOSE:ぐるなびウェディング
約5,400件の結婚式場を掲載している。

結婚式場検索方法対決

△DRAW:みんなのウェディング
エリア検索・口コミランキング検索・ウェディング特集検索・キーワード検索・費用検索・会場検索・サービス内容検索

△DRAW:ぐるなびウェディング
エリア検索・料金プラン検索・結婚式スタイル検索・ブライダルフェア検索・口コミ検索・会場WANTED(条件を登録すると希望条件に合った会場側からメールが届く)・フリーワード検索

お得なキャンペーン対決

△DRAW: みんなのウェディング
ブラウダルフェア見学予約で現金に交換可能なポイント付与や、見学予約数毎に抽選で旅行券や家電製品が当たるキャンペーンを行っている。

△DRAW:ぐるなびウェディング
キャンペーン内容は時期によって異なるが、会員登録や口コミをするだけでポイントが付与されるキャンペーンや、結婚式場を探している方には結婚式場の試食キャンペーン、ギフトカード1万円分が抽選で貰えるキャンペーン等を行っている。

サービスの特徴対決

○WIN:みんなのウェディング
実際に結婚式を挙げた人のリアルな口コミ掲載サービスや、プロのアドバイザーに無料で相談出来る相談デスクがある。相談デスクでは、海外挙式や二次会会場の案内やハネムーン相談等が出来る。

×LOSE:ぐるなびウェディング
結婚式場だけでなく、結納や顔合わせ、二次会、結婚記念日に使えるお店や会場を探すことが出来る。飲食店検索サイト「ぐるなび」が母体なので、レストランウェディングに強い。

結婚準備に役立つコンテンツ対決

○WIN:みんなのウェディング
みんなの結婚式費用明細、みんなのウェディング編集部が届ける「結婚式にまつわるコラム」、ウェディングドレスや結婚・婚約指輪、フォトウェディングといった結婚に関するアイテムの紹介、花嫁同士の相談広場など、先輩花嫁さんから教えてもらえる情報が豊富です。

×LOSE:ぐるなびウェディング
結婚式のお金マニュアル、結婚準備を楽しむ為に知っておきたい10の基本、結婚準備ハウツー記事といった結婚準備に役立つコンテンツがある。

ウェディング特集対決

△DRAW:みんなのウェディング
月ごとにおすすめ特集がピックアップされる。2016年1月の特集は、期間限定お得なシーズンウェディング・NEW OPEN&リニューアル特集・3万円以下ご祝儀プランのある会場特集・会食が出来る会場特集・挙式のみOK・料理の口コミが高い会場特集。

△DRAW:ぐるなびウェディング
特集は月ごとに変わる。2016年1月の特集は、少人数ウェディング特集・1.5次会パーティー特集・直近プラン特集・大人のウェディング特集・プロポーズプラン特集。

サイト内で貯めることが出来るポイント対決

○WIN:みんなのウェディング
ご祝儀ポイントとして、式場の口コミ・結婚式の費用明細投稿・友人紹介などでポイントが溜まる。ポイントの利用は、みんなのウェディングが振込手数料を負担してくれる現金交換、指定アイテムとの交換が可能。

×LOSE:ぐるなびウェディング
飲食店予約の「ぐるなび」や出前サイトの「ぐるなびデリバリー」、ぐるなびデジタルマネーの支払い等、ぐるなび関連サービスで貯めることが出来る「ぐるなびスーパー“ぐ”ポイント」を、「ぐるなびウェディング」でも貯める事が可能。ぐるなび関連サービスのショッピングやレストラン利用時に使用することが出来る。

結局どっちがいいのか?

対決項目 みんなのウェディング ぐるなびウェディング
式場・挙式口コミ数 ×
結婚式場数 ×
結婚式場検索方法
お得なキャンペーン
サービスの特徴 ×
結婚準備に役立つコンテンツ ×
ウェディング特集
貯めることが出来るポイント ×
合計ポイント WIN:5
LOSE:0
DRAW:3
WIN:0
LOSE:5
DRAW:3
総合結果 ◯WIN ×LOSE

新規業者の参入が相次いでいるブライダル業界ですが、式場を選ぶ側にとって選択肢や情報が多いというのはメリットでもありデメリットでもあります。これらの多大な結婚式場の情報等を集約したサイトが「みんなのウェディング」と「ぐるなびウェディング」です。

両サービスともに、式場検索や口コミをはじめとした様々な情報、キャンペーンといったコンテンツ内容に大きな差はありません。では、今回の対決は引き分けなのかといえば、そうではありません。花嫁・花婿側に立ってサービス提供を行っている「みんなのウェディング」に軍配をあげます。

まず、口コミ数に大差がついています。口コミが多ければ多いほど、参考に出来る情報も豊富です。また、口コミ内容に信ぴょう性が増し、口コミの評判を参考にする事が出来るのではないでしょうか。

更に、花嫁同士が相談出来る場やプロのアドバイザーに無料相談する事が出来るサービスがあるのも「みんなのウェディング」の特徴です。結婚式の段取りは花嫁側が全て抱え込みがちです。そんな時、同じ境遇の花嫁同士で相談したり、プロからアドバイスを貰ったり出来る場があるのは大きいのではないでしょうか。

両サービスともにポイント制を導入していますが、「みんなのウェディング」ではポイントを現金化出来る特典があります。「ぐるなびウェディング」の場合、ぐるなびグループのサイト内や対象レストランでの利用に限定されています。ぐるなびグループのサービスを利用している人は活用しやすいですが、ぐるなびのサービスを利用していない人にとっては余りメリットのないポイント制度です。その点「みんなのウェディング」は、振込手数料も会社負担でポイント分の現金を振り込んで貰えるというお得感が大きいポイント制度をとっています。

「ぐるなびウェディング」は、飲食店検索サイト「ぐるなび」が運営しているサイトなのでレストランウェディングの強みがあります。また、結婚式場だけでなく、二次会や結納・顔合わせのレストラン検索も行えるので、必要な会場をトータルで検索出来るというメリットがあります。但し、「みんなのウェディング」でも二次会会場検索が行えるので、そこまで大きなメリットではありません。

これらの結果を踏まえ、これから結婚式を挙げようと検討している花嫁・花婿に参考になるサイトは、サービスに特徴がある「みんなのウェディング」であると判断します。

会社概要

商品名 みんなのウェディング ぐるなびウェディング
販売事業者名 株式会社みんなのウェディング 株式会社ぐるなび
所在地 東京都中央区築地1-13-1銀座松竹スクエア9階 東京都千代田区有楽町1-2-2 東宝日比谷ビル6F
ホームページ http://www.mwed.jp/ http://wedding.gnavi.co.jp/
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。