じぶん銀行と楽天銀行を比較!どちらが利用しやすいの?

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本マネー画像

じぶん銀行と楽天銀行では一対どちらが利用しやすいのでしょう?

金融機関はたくさんあるからどこの銀行と取引しようか迷いますよね。そこで「じぶん銀行」と「楽天銀行」を取り上げて金利、振込手数料、セキュリティー面などを比較してみました。

ご自身の利用目的に合わせて取引銀行を選んでもらえたらと思います。是非、口座開設のお役に立ててください。

じぶん銀行と楽天銀行の比較表

銀行名 楽天銀行 じぶん銀行
名称 じぶん銀行
利用可能時間 24時間/365日※システムメンテナンス時を除く 24時間365日(システムメンテナンス時間を除く)
手数料(同行間振替) 無料 無料
手数料(他行宛振込) 月3回(繰越により最大5回) ハッピープログラムにエントリーの上、給与等振込み口座の指定 三菱東京UFJ銀行あて:無料、以外:3万円未満 174円、3万円以上 278円
提携ATM利用手数料 出金・3万円未満の入金:216円~270円
3万円以上の入金:無料
※残高または取引状況により最大月7回無料
・セブン銀行ATM、Enet、ローソンATM、三菱東京UFJ銀行
お預入れ:0円
お引出し:合計で月3回まで0円(4回目から税込108円/回)
残高照会:0円
・ゆうちょ銀行
お預入れ:月1回まで 0円(2回目から税込216円/回)
お引出し:月1回まで 0円(2回目から税込216円/回)
残高照会:0円
1日の振込・振替限度額 初期設定:100万円まで 1,000円単位で変更可能※限度額が決まっている振込先アリ(Facebook、ゆうちょ銀行) ※1,000万円以上に設定する場合は、翌営業日からの反映 初期値:50万円
0~1,000万円まで設定可能
口座開設方法 ■PC/スマホで必要事項を入力(約3分)
申し込み完了後、登録番号・アクセスキーを含むメールが届く

■以下、二つの方法のどちらかで本人確認画像の送信(2日~2週間)
【アプリで本人確認書類の画像を送信】
・運転免許証
・カード式健康保険証
【住基カード配送】
楽天銀行から送付物が届く※返信用封筒が届いた場合 以下の本人確認書類(1点)を送付
・運転免許証、パスポート(コピー)
・住民票、印鑑登録証明書 (原本)
・健康保険証コピー+公共料金の請求書
・領収書
■申込みフォームへ入力
最短3分で入力完了
■本人確認書類送付(郵送・アップロード)
■最短5営業日でキャッシュカードを発送!
■ご利用スタート
円普通貯金の金利 0.02% (税引き後 0.015%) 0.00001
円定期貯金の金利※商品・期間・預入額により異なる 【3ヶ月 / 100万円の場合】(1,000円~)
0.03% (税引き後 0.0239%)
【2週間 定期貯金】(10万円~)
0.02% (税引き後 0.015%)
1ヵ月 0.030%
3ヵ月 0.040%
6ヵ月 0.030%
1年 0.050%
2年 0.030%
新型定期貯金の金利※商品・期間・預入額により異なる 【楽天エクステ貯金】
-ステップアップ 0.01% ~ 0.12% (満期延長毎に金利上昇)
-フラット 0.11% (高金利継続 ※期間制限アリ)
【楽天デュアル定期貯金】(円・外貨)
円で預入→円または外貨で受取
例:米ドル 年5% (税引き後 3.98%)
スイッチ円定期預金
米ドルタイプ:1ヶ月
金利:9.000%
外貨定期貯金の金利※通貨・期間により異なる ※円→外貨 米ドル/1年
0.2% (税引き後 0.1597%)
豪ドル/1年
1.8% (税引き後 1.4343%)
米ドル/1年 0.100%
ユーロ/1年 0.001%
中国元/1年 0.100%
豪ドル/1年 0.200%
NZドル/1年 0.300%
レアル/1年 0.200%
ウォン/1年 0.200%
ランド/1年 2.250%
ポイント 楽天スーパーポイント ・振込手数料のポイント払い可 【ポイント積算例】毎月 最大760ポイント 他行振込:10ポイント / 回 (毎月最大 50ポイント) ATMでの出金・入金:10ポイント / 回 (毎月最大 50ポイント)
口座照会(PC)
口座照会(スマホ)
振込・振替(PC)
振込・振替(スマホ)
定期貯金(PC)
定期貯金(スマホ)
外貨の売買(PC)
外貨の売買(スマホ)
投資信託(PC)
投資信託(スマホ)
住宅ローン・カードローン(PC)
住宅ローン・カードローン(スマホ)
情報変更(PC)
情報変更(スマホ)
海外送金手数料 円貨送金:4,750円
外貨送金:1,750円
海外受取手数料 2,450円
※送金元金融機関や中継銀行の手数料がかかることアリ
取扱海外通貨 68通貨
公式サイト 楽天銀行の公式サイトはこちら じぶん銀行の公式サイトはこちら

金利対決

◯WIN じぶん銀行
普通預金は年利0.020%で定期預金は3カ月定期預金に特に力を入れていて新規の人は0.40%、auのユーザーだと0.55%(2015年8月現在)。しかし新規やauユーザーではない場合は3カ月定期預金で0.150%と他社と比較すると標準的な金利です。

×LOSE 楽天銀行
普通預金は0.020%が標準で楽天カード利用の引き落としがある人は0.040%、楽天証券と楽天銀行が共同で提供する口座連携サービスの「マネーブリッジ」を利用している人だと0.10%になります。定期預金は3カ月で100万円未満だと0.080%ですし全体的に低めの金利なのですが、マネーブリッジを利用するとかなり変わります。

振り込み手数料や設置数など ATMの使いやすさ対決

◯WIN じぶん銀行
セブンイレブンやイトーヨーカドーに設置されているセブン銀行のATMやローソンATMならば、入金は0円で出金は月3回まで0円(4回目から108円)です。ゆうちょ銀行を利用した場合も月に1回手数料無料(2回目以降216円)ですし、全国約8万台じぶん銀行を利用できるATMがあるのでとても使いやすいです。

×LOSE 楽天銀行
全国約9万台のATMで使用でき、みずほ銀行やPatSatで使用できるところがじぶん銀行と異なります。手数料は口座開設から6カ月は月5回入出金が無料ですが、通常は入出金共に216~270円の手数料(入金に関しては3万円以上だと0円)が必要なので少し利用を躊躇してしまいますね。

スマホでの使いやすさ対決

◯WIN じぶん銀行
じぶん銀行はスマホからの操作がしやすいと評判です。ATMの場所が検索できたり、電子マネーのau WALLETのチャージが24時間可能だったりとても使いやすいです。また、セキュリティも万全なので安心して使えることも支持される理由になっています。

×LOSE楽天銀行
Face bookと連携することでFace bookの友達に簡単に送金できる、というシステムがあります。また楽天銀行のアプリで免許証などの本人を確認出来るものをじぶん銀行VS楽天銀行アップするだけで本人確認ができるのも便利です。しかしどちらも常に利用するものではないので特長・メリットとは言いづらいです。

振込手数料対決

◯WIN 楽天銀行
楽天銀行宛の場合のみ振込手数料が0円で他銀行の場合は3万円未満165円の3万円以上258円かかります。しかしこの手数料に楽天スーパーポイントが使えます。振り込み1件ごとにスーパーポイントが付くサービスがあるので楽天市場などをよく使用する人には大変利用しやすいです。

×LOSE じぶん銀行
じぶん銀行宛だけではなく三菱東京UFJ銀行宛も手数料が無料で、他銀行の場合は3万円未満が税込174円の3万円以上が278円です。三菱東京UFJ銀行は使用している人も多いですし手数料無料なのは有難いですね。

サイトのわかりやすさ

◯WIN じぶん銀行
写真が多く文字も大きめで見やすくわかりやすいサイトで、加えて動画がリンクされていたりと目も惹きます。またトップページに「よくある質問」が載っており、初めて利用する人にも嬉しい気遣いです。普通の銀行と異なり、ネットの中で解決しなければいけない面もありますのでサイトが初めての人にもわかりやすいというのは重要です。

×LOSE 楽天銀行
よく言えば情報が詰まっていて充実している、悪く言えばゴチャゴチャしている、といったところでしょうか。わかりやすいかどうかというところではマイナス評価なのですが、知りたい情報がぎゅっと詰まっているというところでは口座を作ったり利用したりする事に慣れている人には良いサイトなのだと思います。

セキュリティ対決

◯WIN 楽天銀行
その時だけ使用できるパスワード(ワンタイムパスワード)を使用するので、万が一パスワードを盗まれてしまっても悪用される心配がありません。楽天銀行は取引通知メールやIP制限などセキュリティが充実しているのも特徴・メリットの一つです。

×LOSE じぶん銀行
振込内容をじぶん銀行のスマホアプリに知らせてくれるので第3者が振込内容を改ざんした場合にもすぐに気付くことができます。またじぶん銀行はATMロックやパソコンロックといったロック機能が充実している事と(偽造や盗難による出金取引があった場合)全額補償してくれるところが大きな特徴です。

結局どっちがいいのか?

対決項目 じぶん銀行 楽天銀行
金利 ×
手数料や設置数 ×
スマホでの使いやすさ ×
振込手数料 ×
サイト ×
セキュリティ ×
合計ポイント WIN:4
LOSE:2
DRAW:0

WIN:2
LOSE:4
DRAW:0
総合結果 ◯WIN ×LOSE

比較の結果総合的にみれば「じぶん銀行」の勝利です。

口座開設数ナンバー1ということで楽天銀行を利用している人はとても多いです。相手も楽天銀行であれば振り込み手数料がかかりませんので、そういった点では楽天銀行が良いのかもしれません。

しかしATM手数料やスマホでの操作性、電子マネーのチャージなど、じぶん銀行が使いやすいと広まれば、じぶん銀行の口座を作る人も増えていくと思います。

これから口座開設する人がどんどん増えていく事を予想して、サービスが多く初めての人にもわかりやすく使いやすい、じぶん銀行の勝ちと今回はします。

総合的に見ますとじぶん銀行の方が利用しやすいと思うのですが、もしも楽天のサービスをよく利用していて楽天スーパーポイントを貯めたい!というのならば楽天銀行の方が絶対に良いですし、携帯会社もauじゃない場合はじぶん銀行にするメリットが少し失われてしまいます。

なので自分がどこの携帯電話を使用しているか、ネットで買い物などをする際にどこを利用しているかを考えて決めてみてください。

じぶん銀行と楽天銀行を比較対決したみんなの口コミ

提携先が多いのでやっぱり楽天銀行
私ははじぶん銀行の口座を持っていませんここでじぶん銀行と楽天銀行の比較することは、疑問に感じます。ジャンパンネット銀行と楽天銀行とならわかりますが。私は提携先が多い楽天銀行の方がお勧めです。このクラウドの振込先も楽天銀行ですし、ポイントサイトの振込先も楽天との提携先が多いです私は楽天アフィリエイトもやっていて、振込手数料をポイントで使用しました。楽天市場とのポイントも並行して使えるので、やっぱり楽天銀行が使いやすいですね。
楽天銀行のポイントはお得です
楽天銀行をおすすめします。
この銀行をおすすめする理由は、やはり「ポイント獲得」にあります。楽天スーパーポイントは買い物や旅行などさまざまなことに使用できますし、使い勝手も良いのでよく利用しています。楽天銀行口座を持っている人に対して、「普通預金○円増額した人に100ポイント」というような感じで、口座を持っているだけでさまざまな特典が用意されています。預金金利の低下で、普通の銀行に比べ金利が高かったネット専業銀行のメリットは失われつつありますが、このようなポイントを使用した特典の提示は、効果的であると思います。
お得にポイントも貰って、楽天銀行も開設しよう♪
今はネットバンクを開く方が多いですが、私のおすすめは楽天銀行です。楽天銀行はカード発行と同時に高額なポイントもついてくるので開設して付いてくるポイントを使って楽しく買い物をすることができます。特に期間限定でポイントを大幅にアップさせている時があるので、その時期を狙って楽天カードを作ればさらにお得にネットで買い物を楽しむ事ができます。楽天市場で買い物することで、またポイントが溜まり新しく商品を買う楽しみも増えるので有効活用してみましょう!
楽天関連のものと連携している点
当初はネット銀行に関しては、私はさほど興味はなかったです。特に、ネット上でやり取りできる便利さはあると思っていましたが、セキュリティの問題で二の足を踏んでおりました。そんな中で、楽天市場で買い物をすると楽天カードがお得だということで楽天カードを持つようになりました。その後、楽天カードのキャンペーンの中で楽天銀行の紹介があり、ポイントが付くことと銀行カードを作るのが実に容易だったので、銀行の口座を作りました。そして、口座があると各種支払いや、ちょっとしたギャンブルなどもそこから入出金できるため、楽天銀行を使うことも増えてきています。そして、楽天銀行を使うと楽天関連の各種支払いとポイントが連動しているため、日々便利さを感じております。
じぶん銀行の方が手数料の点で魅力です
新生銀行に比べて、じぶん銀行の方が振り込み手数料が安いので、
私はじぶん銀行の方がよいと思います。
じぶん銀行は同行、三菱東京UFJ銀行の振り込み手数料が無料なうえに、
他行振込み手数料も新生銀行より安いです。
新生銀行は一定数他行振込み手数料が無料ですが、
それを超える量の振込みをすると300円以上の(ユーザーランクによってはもっと低いです)振込み手数料がかかる点を考えると、
じぶん銀行の方が新生銀行より魅力的だと思います。
ATMを使用した場合の手数料はじぶん銀行のがお得
どこにでもあるコンビニでお金をおろしたりできるのは大変便利なことですが、楽天銀行を利用していてコンビニでおろす場合、口座開設から6カ月までは月5回までは手数料が無料という特典はあるものの基本的に216円かかり、一部ATMでは270円がかかります。この点においてじぶん銀行は月3回までは無料で4回目以降も108円と楽天銀行より安く設定されていて使用するATMによる手数料のもないことからじぶん銀行をお勧めします。
使っている人が多い楽天銀行
じぶん銀行と楽天銀行でしたら、楽天銀行の方を断然お勧めします!ネットオークションやネット通販での支払い関係は、楽天銀行に対応している人や会社は多いのですが、じぶん銀行に対応しているのはかなり少ないです。特にネットオークションでは私は対応している方を見たことがありませんし、口座を持っている人が楽天銀行の方が多いのではないかと感じています。楽天銀行では同行間での振込手数料が無料になりますし、支払いに対応してくれているところが多いというのはかなり大きな強みだと思います。
品揃え豊富な楽天市場で買い物するなら楽天銀行がおすすめ
私はネットでの買い物と店舗での買い物と使い分けをしています。ネットでの買い物の方がポイントも貯まりやすく、いくら貯まっているかも分かりやすい、またそのポイントを買い物に活かすのも自分で都合の良いように決められることから、好んで使っています。楽天銀行にお金を預けて、楽天市場で楽天バンク決済を選択しておけば、お金を預けた時点でポイントが貯まりますし、買い物をした時点でも貯まります。ダブルポイント状態になりますので、現行、これ以上のサービスは他にないです。そのため、楽天銀行をお勧めします。
オークションで取引している方の指定は楽天銀行が多い
オークションを利用していますが、楽天銀行は落札者の時の支払いの際に出品者の振り込み先の銀行に指定されている事が多く、自分も入っていれば手数料がかからずに済みます。また、出品者の時に落札者より使用銀行に楽天銀行の有無を聞かれることがあり、楽天銀行の使用者が多く利便性があると感じています。じぶん銀行は落札者側で出品者が使用されていることがなく、出品者側になった時も聞かれたことがありません。以上が楽天銀行のネットバンキングを進めるポイントになります。
auの携帯電話番号で振込ができるじぶん銀行
auの携帯電話やスマホを持っているのであれば、じぶん銀行をおすすめします。
使い方としてはちょっと特殊かもしれませんが、auの電話番号とじぶん銀行を持っている同士でしたら、
口座番号ではなく携帯番号宛に振込をすることができるからです。
私は習い事で先生に支払をする時、じぶん銀行から先生の電話番号宛に振込をしています。
口座番号とか支店名とか支店番号とか聞かなくてもよいし、スマホのアプリで操作できるのでとても楽です。
ネットバンクなので、いつでもスマホとかで振込できるのは当たり前で重宝していますが、
電話番号で振込できると、お互いに振込にストレスがなくてよいので、もっと宣伝すれば良いのにと思います。

会社概要

商品名 じぶん銀行 楽天銀行
販売事業者名 株式会社じぶん銀行 楽天銀行株式会社
所在地 東京都中央区日本橋1丁目19番1号 日本橋ダイヤビルディング14階 東京都世田谷区玉川1-14-1 楽天クリムゾンハウス
ホームページ http://www.jibunbank.co.jp/ http://www.rakuten-bank.co.jp/
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。