えがおの青汁満菜とサントリー極の青汁比較対決

このエントリーをはてなブックマークに追加
post_59

どの青汁が美味しいのか、それはなかなか飲んでみないと分からないかもしれません。

人によっても違います。そこで原料にこだわり安心安全をモットーとしている「えがおの青汁満菜」と「サントリー極の青汁」を比較してご紹介します。

どちらも大麦若葉をメインとしていますが、その他の野菜、成分、効果などは違います。これだけこだわっていれば味も良い商品のはず。自分に合った青汁を探せるよう、参考にしてください。

えがおの青汁満菜とサントリー極の青汁の比較表

青汁名 えがおの青汁満菜 サントリー極の青汁
主原料 えがおの青汁満菜 大麦若葉末、明日葉
原材料名 大麦若葉粉末、還元麦芽糖水飴、麦芽糖、有機抹茶粉末、アガベ・イヌリン(食物繊維)、フラクトオリゴ糖、有機緑茶粉末、ボタンボウフウ粉末(長命草【沖縄県産】)、発酵黒生姜粉末、有機ケール粉末、有機桑葉粉末、ほうれん草粉末、有機モロヘイヤ粉末、有機ゴーヤ粉末、クロレラ粉末、有機はと麦若葉粉末、有機明日葉粉末、ぶどう発酵抽出物、有機ゴマ若葉粉末、レッドクローバーエキス粉末、ギャバ含有米胚芽抽出物、有機キダチアロエエキス、ビタミンC、貝カルシウム、酸化マグネシウム、ビタミンB6、ビタミンD、葉酸 大麦若葉末、マルチトール、フラクトオリゴ糖、ガラクトマンナン(食物繊維)、明日葉末、抹茶、煎茶、酵素処理ルチン
エネルギー 12.6kcal 10.9kcal
カルシウム 10.1mg
鉄分
食物繊維 0.91g 0.96g
ビタミンC 16.0mg 4.09~14.3mg
β-カロテン
葉酸 225μg
特徴 ・えがおの青汁満菜、厳選素材
・おいしさにもこだわりました
・「安全安心」への取り組み
・国産品質の素材
・吸収力が約120倍
・サントリー品質
濃い甘み
内容量 31袋 30包
価格 【1箱】
3,000円(税抜)
送料300円(税込)
※5,000円以上で送料無料
【1箱】
3,600円(税抜)
350円(税込)
定期コース 【毎月1箱】
2,580円(税抜)
送料無料
【3ヶ月に1度3箱】
2,460円(税抜)
送料無料
・お徳用サイズ90包入りを3ヶ月に1回
8,100円(税抜) 送料無料
・通常サイズ30包入りを毎月
3,240円(税抜) 送料無料
保存方法 直射日光、高温多湿を避け、涼しいところに保存
シェイカー 初回ご購入の方限定「ふりふりシェーカー」プレゼント
支払方法 振込み(郵便局・コンビニ)
クレジットカード
代金引換
自動引落し
振込(ゆうちょ銀行・郵便局・コンビニエンスストア)
代金引換
クレジットカード(各種)
口座引落
公式HP えがおの青汁満菜の公式サイトはこちら サントリー極の青汁の公式サイトはこちら

価格対決

◯WIN えがおの青汁満菜
1箱31袋入りで3,000円です。毎月1箱の定期お届けコースにすると14%OFFの2,580円、3ヶ月に1度、3箱の定期お届けコースにすると18%OFFの税込2,460円になります。定期便にしなくても全国送料無料なのはうれしいです。
※すべて税別の価格になります。

×LOSE 極の青汁
1箱30包入りで3,600円です。1箱90包入りのお徳用サイズだと9,000円でお得になります。30包入りを定期コースにすると10%OFFの3,240円、90包入りだと3ヶ月に1回のお届けで8,100円となりかなりお得になります。
90包入りのお徳用サイズや定期コースにすると送料が無料になりますが、通常購入だと送料350円(税込)がかかります。

※送料以外はすべて税別の価格になります。

原材料対決

◯WIN えがおの青汁満菜
九州産の大麦若葉を主原料とした24種類の健康素材を使用しています。その中でも、沖縄県与那国島でとれた長命草や「有機JAS」認証の有機原料を10種類(有機抹茶粉末・有機緑茶粉末・有機ケール粉末・有機桑葉粉末・有機モロヘイヤ粉末・有機ゴーヤ粉末・有機はと麦若葉粉末・有機明日葉粉末・有機キダチアロエエキス・有機ゴマ若葉粉末)使っています。

×LOSE 極の青汁
熊本県阿蘇産の大麦若葉、マルチトール、フラクトオリゴ糖、ガラクトマンナン(食物繊維)、鹿児島県屋久島産の明日葉末、愛知県産の抹茶、宇治の煎茶、酵素処理ルチンが入っています。

成分対決

◯WIN えがおの青汁満菜
たんぱく質0.42g、脂質0.10g、炭水化物3.64g、ナトリウム1.03mg、葉酸234μg、ビタミンK45.9μg、ビタミンC16.7mg、カルシウム10.9mg、マグネシウム4.40mg、ビタミンB6 1.36mg、ビタミンD 2.58μg、食物繊維1.01g。
極の青汁よりビタミン類が多く入っていることや、不足しがちの葉酸が1袋で1日に必要な量をほぼ補うことができます。

×LOSE 極の青汁
たんぱく質0.11~0.65g、脂質0.04~0.17g、炭水化物2.59g、ナトリウム0~5mg、食物繊維0.96g、ビタミンC4.09~14.3mg、ビタミンE0.04~0.36mg、ビタミンK5.15~70.6μg、ケルセチン配糖体18mg、フラクトオリゴ糖334mg。
体に吸収されにくいポリフェノールの一種である「ケルセチン」を糖と結合させて吸収されやすくした「ケルセチン配糖体」が入っているのが特徴です。

カロリー対決

◯WIN 極の青汁
1袋3.3gで10.9kcalです。牛乳で割ったとしても100kcalいかないので、安心して飲むことができますね。

×LOSE えがおの青汁満菜
1袋4.5gで14.3kcalです。1袋に入っている量が、普通の青汁だと3g位のものが多いですが、こちらは量が多いのでその分カロリーも高くなったのだと思います。とはいっても、それほどカロリーは高くありません。

飲みやすさ対決

△DRAW えがおの青汁満菜
水に溶けやすい微粉末で、ざらつきのない滑らかなのどごしになっています。子供から大人まで飲めるように、抹茶や緑茶、甘味料が入っています。甘みがとコクがあるけれど、後味スッキリの飲みやすい青汁になっています。

△DRAW 極の青汁
サントリーが製造・販売しているだけあり、品質にこだわった安全で安心の青汁になっています。飲料メーカーだけあり、クセがなくどんなときにでも飲める飽きのこない味になっています。甘味料は入っていますが、甘さが気になることなく食事と一緒に飲んでもおいしく飲めるようです。

結局どっちがいいのか?

対決項目 えがおの青汁満菜 極の青汁
価格 ×
原材料 ×
成分 ×
カロリー ×
飲みやすさ
合計ポイント WIN:3
LOSE:1
DRAW:1
WIN:1
LOSE:3
DRAW:1
総合結果 ◯WIN ×LOSE

今回は青汁の中でも人気の高い二つを比較してきました。青汁はまずいというのは、もう昔の話のようです。どちらも、おいしくて飲みやすいと評価が高いものでした。

極の青汁は大手飲料メーカーのサントリーが製造販売しているだけあり、味、品質にこだわり、飲み手としても安心して飲むことができます。

玉ねぎやブロッコリーに含まれているポリフェノールの一種であるケルセチンは体に吸収されにくいものですが、糖と結合させ吸収しやすくした「ケルセチンプラス」を独自に開発し、効率的に体に吸収させる青汁を作ることが出来ました。

売上累計は1億杯を突破し、お客様満足度も97%ととても高いです。しかし、通常価格3,600円、1杯あたり120円は少しコストがかかるかなと思います。えがおの青汁満菜は人気商品のえがおの青汁を改良したものです。

24種類もの健康素材が使われていて、うち有機原料が10種類入っています。これだけの原料が入っているので、まずいのではないかと思いますが飲みやすくておいしいと評判もいいです。

1杯で1日の目標摂取量350gの野菜を摂ったことになるのは、とても心強いです。価格も3,000円と極の青汁よりも600円安く、どのコースを選んでも送料が無料になるのはありがたいです。以上のことから、今回の勝者は「えがおの青汁満菜」とします。

会社概要

商品名 えがおの青汁満菜 サントリー極
販売事業者名 株式会社えがお サントリーウエルネス株式会社
所在地 熊本県熊本市東区東町4-10-1 東京都港区台場二丁目3番3号
ホームページ http://www.241241.jp/ http://www.suntory-kenko.com/
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。