うどんと蕎麦(そば)のどっちが好き?100人に聞いて比較対決

このエントリーをはてなブックマークに追加
うどん

麺好きには究極の選択といえる「うどん」「蕎麦(そば)」あなたはどっちが好きですか?100人の方に理由も含めアンケートしまとめたサイトです。

関西では薄口しょうゆを使用しますが、関東では濃口しょうゆを使用します。関西風と関東風だしのとり方にも違いがあり「だし」「つゆ」と呼び名も違います。

うどん派の人はどんなところが好きなのか?蕎麦派の人はどんなところが好きなのか?冷たい暖かいのでも好みが別れてきます。それぞれのこだわりを皆さんに聞きました。どちらの支持が多いのでしょうか?

スポンサーリンク

うどんと蕎麦(そば)のどちらが好き?100人に聞いた結果はこちら

<アンケート投票結果>

 うどん   そば  どっちも好き
 64人   35人   1人 


アレンジが利く万能なうどんが大好きです
うどんもそばも冷やしても温めても大好きです。
なので、ジャッジをつけるのが難しいんですが、食べる回数で決めるとうどんの勝利ですね。
これは私だけのことではなくて、家族がうどんを好んで食べているという事実があります。
うどんとそばを分けて作るのも面倒くさいですから、みんな一緒にうどんというわけです。
天ぷらを添えてみたり、卵を乗せてみたり、野菜と一緒に炒める焼きうどんもいいですね。
かなりのアレンジがうどんは利くところも万能で大好きです。
主張しすぎない、うどん。
そばかうどんかと言われたら、断然うどんですね。そばに比べたらボリュームがあってしかも安いですよね。
お蕎麦はお店も少なめですし、そば粉の割合の多い本格的なおそば屋さんは、値段も高いですから、なかなか行きづらいって言うのもあります。
一方、安くて速くて美味しいセルフうどんのお店はたくさんあるので、うどんを食べることが多くなります。
そばにはそば独特の風味もありますが、うどんは淡白な味をしています。天ぷらとかその他のおかずとも合って、周りと上手く調和する感じです。でもそばはそばで確立されていて、主張が強い気がして、ちょっと食べづらい時もあります。
うどんの方が好きです。
うどんと蕎麦だと、断然うどんのほうが好きです。
蕎麦は、どことなく苦く感じてしまいざる蕎麦以外、美味しく食べられないのです。
うどんは麺がもちもちとしていて、味わいがシンプルで美味しいと感じます。カレーうどんに鍋焼きうどんに皿うどんなど、うどんには料理法のバリエーションが多くて、いろんな味が楽しめるのも良いところだと感じています。
また、天ぷらうどんのように、天ぷらやかき揚げをトッピングし、天ぷらが出汁に溶け込んだところを食べるのが、非常に美味しいと感じています。
そこで我が家では、大晦日の年越し蕎麦も蕎麦ではなくうどんを食べることで済ましています。
うどんです。
うどんが好きです。うどんはもちもちとした食感が好きで、いつもまとめてすするのではなく一本ずつ食べてその食感を楽しんでます。そばと聞くとざるそばのようにめんつゆに浸して食べる方法くらいしか思いつかないのですが、うどんはコンビニに販売している冷たいめんつゆで食べるのも美味しく感じますし、鍋焼きうどんやさぬきうどん、それから焼きうどんなどとバリエーションが色々あると思いました。そばよりもうどんの方が太いのでお腹がいっぱいになるという点でも良いと思います。
うどんが好きです
蕎麦も好きなのですがどちらかと言えばうどんのほうが好きです。
シンプルにザルでそのまま食べるならざるうどんよりはざる蕎麦のほうが好みですが、それ以外のトッピングなどを楽しむなら断然うどんのほうがおいしいです。
特に好きなのが鍋焼きうどん、具だくさんで豪華で冬場にこれを食べるととても贅沢な気持ちになります。これは蕎麦ではダメですよね。カレーうどんも大好きで、カレー蕎麦よりカレーと合う気がします。釜揚げうどんも温かいうどんと卵の絡みが最高です。やっぱり具のバリエーションを楽しむならうどんだなって思います。
蕎麦粉の割合が多い方がいいです
すごく難しいアンケートですね。
以前私は圧倒的にうどん好きでした。お蕎麦も好きでしたが、腸が弱い私は「うどんに比べて消化が悪い」と聞いただけで、お蕎麦を敬遠してしまう所がありました。

そして、讃岐うどんなどはコシが強くて美味しいですよね。

でも、最近、お蕎麦の美味しさに目覚めました。健康にも良いですしね。
そしてお蕎麦の風味,香りに良い意味でやられています。
ただ、乾麺の袋を見ると、小麦粉が蕎麦粉より先に書かれています。原材料は材料が多い物から書くことになっていますから、「八割蕎麦」とか「十割蕎麦」以外は小麦粉が先に書かれていることが多いです。

今は蕎麦派で、お蕎麦の割合が多いものの中で美味しい物を探している毎日です。

関西人はやはり蕎麦よりうどんです
私は麺類が好きで、蕎麦もうどんも好きです。しかし、どちらかを選ぶとなると、やはり関西風だしのうどんです。昆布のまったりとした味わいは、やはり蕎麦よりうどんに合うと思います。
ただ、関東のうどんや蕎麦の出汁の場合には、やはりうどんは食べたいとは思いません。関東の出汁でも蕎麦なら食べる事ができますが、うどんは無理です。
出汁の色以上に、関東の出汁の味がうどんには合わず、蕎麦に合う様にできているのだろうと思います。やはり関西風の出汁のうどんが一番です。
こだわりのかけそば
私はうどんより蕎麦の方が好きです。蕎麦は細くて食べやすく、何と言っても蕎麦の匂いが好きです。蕎麦を食べる時は、こだわりがあり、蕎麦そのものの味が分かる「かけそば」必ず食べるようにしています。特に、自分で作る蕎麦の味は格別です。太さが揃わず不器用な出来ですが、好きな蕎麦粉の割合で作れますし、手間暇かけて作る蕎麦の味に自分でもすっかりハマってしまい、今では毎年年越し蕎麦は必ず自家製を作って家族に食べてもらっています。
風味が豊かでヘルシーな蕎麦派です
うどんと蕎麦のどちらも大好きなのですが、どちらかというと蕎麦をよく食べます。主に理由は三つあります。
まず、単純に蕎麦の風味が好きだからです。うどんよりも上品な味だと思います。ごくたまにお店で食べる手打ちの蕎麦は香りも絶品で、濃い目のおつゆとよく合います。
二つ目は、蕎麦湯を飲む楽しみがあるからです。つゆに蕎麦湯を入れて薄めて飲むのが大好きです。
最後の理由は、蕎麦の方が体に良いというものです。生活習慣病や血圧の上昇の防止、疲労回復などにも役立つそうです。
そのような理由で、私はうどんよりも蕎麦派なのです。
うどんが好き
冷たいものを食べる場合は、ざるそばのほうが好きですが、全体的にうどんとそばのメニューで比較すると
うどんのほうが好きです。うどんでも少し細めの麺で歯ごたえのあるうどんが好きです。
なのでいつも乾麺をゆでて食べています。ゆでてあるものや冷凍モノはどうしても歯ごたえがあまりないので
物足りません。うどんにはたまごがセットです。たまごとうどんが絡まると本当においしいので。そして
野菜もたっぷり入れます。特に山菜を入れるのが好きです。
関西風なら断然うどん派
実は長らく蕎麦派でした。うどんの汁はあまり美味しいと思ったことがなかったのです。しかし、ある時に白だしを使った関西風のうどんを食べてみると、びっくりするくらい美味しい!東日本在住なので、しょうゆベースの関東風しか食べたことがなかったのです。蕎麦にはしょうゆベースがよく合っていたので好きだったのですが、うどんにはイマイチなんですね。それからは自宅で作るうどんは関西風ばかりになりました。関東風の味付けの地域は損していると思います。
うどんの方が好きです
はっきりいって蕎麦の美味しさが分かりません。蕎麦好きな人は「香りが良くうまい蕎麦だ」などと言っていますが、その香りというのがまず分からないです。
麺類は好きなのですが、蕎麦のあのザラザラとした触感も好きではなく食べた気がしない、満足感がイマイチというのも好きになれません。
うどんは調理してちょっとくらい時間が経ってもまあまあ食べられると思うのですが、蕎麦の時間が経ったものはちょっと食べようとは思えない味です。
本当に美味しい蕎麦を食べたことがないからかもしれませんが、今の段階では選ぶとしたら「うどん」です。
すごくアレンジが効く
蕎麦もうどんも好きといえば好きですが、
どちらかを選ばなければならないとしたら私の場合は「うどん」です。
うどんというのは、小麦粉から作られている麺です。
で、小麦粉の麺といえば他にラーメン(中華麺)、スパゲティなどがありますね。
この原材料が同じということが何をもたらすかというと、
他の小麦粉麺でできる料理はうどんにも大体使えるという事実です。
坦々麺だろうがカルボナーラだろうが、割とうどんで普通に出来てしまうんですね。
蕎麦はどんな食べ方をしても、蕎麦の味がしますので。
うどんに一票
夏はざるうどんもざる蕎麦も本当によく食べますが、1年でトータルすると絶対にうどんの方がよく食べていると思います。何故ならうどんは焼きうどんに出来るし、カレーうどんにもなるしと食べ方がいろいろあるからです。

それに私は生麺を業務スーパーで購入するのですが、同じ1食入りの麺なのに、うどんは200g入っていて蕎麦は150gで同じ値段なんです。それなら断然うどんの方がお得だと思ってしまいますよね。元々業務スーパーの生麺は安いので値段の違いといっても2円くらいなのですが、その辺はチリも積もればってヤツですし1円でも安いものの方が嬉しい貧乏人です。

うどんとそばが並んでいるならすぐにそばを手に取る理由
そば、といっても本当に手打ち蕎麦を提供してお値段も張るようなところじゃないと、実際にそばを食べているとはいえないとは思っています。
経済力もなく、近くに馴染みのそば屋もない私は安くそばが食べられる立ち食いそばやチェーン店を利用して食べていますから、厳密にはそばに似た、もしくは少しだけそば粉が入った麺類を多く食べていることになるんですが、それでもうどんよりはそば派です。
香川など四国で美味しいうどんを食べると気持ちが動くような気もしているんですが、これまで出会ったうどんたちよりは、そばの方が喉越しや触感が自分に合っているからです。
うどんが好き
そばとうどんを比べると、私は圧倒的にうどんが好きです。
うどんは少しあまい感じがして、そばは渋いイメージです。大人な味の印象です。
そばが苦手というわけではなく、うどんの方が好きなので、外食をするときや、家で食べる時もそばではなくうどんを選びます。
喉越しも良いし、麺が太いので、お腹の持ちがいいのも気に入っています。
冷たいものも、温かいものも好きで、こだわりはありません。とにかくうどんが好きです。
やっぱりうどんかな
味に関しては蕎麦もうどんもどちらも美味しくて好きです。
料理する際の汎用性を考えるとうどんが好きですかね。
蕎麦は蕎麦そのものの味を生かすようにシンプルな調理法がいいので、どうしてもざるか、かけばっかりになってしまいます。
うどんは鍋のシメにいれてもいいし、カレーの残りに入れてもいいし、焼きうどんにしてもいいし生卵を割ってシンプルに釜玉もおいしい。
色んな味が楽しめますよね。
たとえ三食うどんになっても飽きないという点でうどんのほうが好きです。
蕎麦派
基本的に麺は細ければ細い方が好きなので、うどんか蕎麦かと聞かれると蕎麦の方が好きです。
細麺なうどんもありますが、うどんは太麺のコシがあるタイプが好みなのでそれと蕎麦を比べると蕎麦かなという感じです。
そば粉の味が好きでざるそばを頼んだ時にお店によってはつけてくれるそば湯が大好き。
そばを楽しんだ後、つゆにそば湯を入れて飲むのがたまらなく好きです。
つきだしでそばを揚げたものを出してくれるお店があってそれも大好物でパリパリ止まらなくなります。
うどんかそばかを選ぶならば
うどんかそばかどちらかを選ぶとするならば、個人的にはそばを選びますね。
理由としては一緒に味わうことになるつゆに合うのがうどんかそばかで言えば、そばが合っているからだと思います。

また私はてんぷらが好きでこうしたうどんやそばにはてんぷらも同時に盛り込んでいただく訳ですが、そのてんぷらに合うのもやはりどちらかといえばそばが合っていると感じます。

あとうどんの方はそのもの自体が太くて個人的には食べにくいですね。

麺好きには難しすぎる質問……。
どちらも大好きですが、あえてどちらかを選ぶとなると、悩みに悩んで僅差ながらうどんの方に軍配を上げます。ざるうどんにしてつけて食べても良し、熱いつゆで、冷たいつゆで掛けても良し。暑い日のおろしたぬきうどんなんかはもう最高です。もちろん蕎麦でも同じ食べ方が出来ますが、蕎麦は美味しくいただこうとするとその時の旬で風味が違ったりと、時期を選ぶ難しさがあります。とはいえ蕎麦の方も好きな事には変わりないので、ぶっちゃけた話、今の気分がうどんなだけであり、蕎麦が食べたい気分だったら蕎麦の方が好き、と答えていたかもしれません。
うどんの方が好みです
総合スーパーにはよくいきますが、フードコートで頼むのはかけうどんに決めています。値段が安いこともありますが讃岐うどんで麺がしこしこして噛み応えがよくのど越しがよいのでいつも同じものを注文します。
うどんには野菜天ぷらやコロッケなどの食材を上に載せてもよいので、時々好きなものを選びますがかけうどんと違った味がするので楽しんでいます。冷凍食品でも美味しいうどんが手軽に食べられるので、いつも冷凍庫内には買い置きしてあります。
うどんが好き
断然うどん派です。
というのも、うどんのコシと食べ応えなど、蕎麦にはない魅力が詰まっているからです。
さらに、うどんに入れる薬味である生姜や大葉、それにゴマや七味なども、うどんを食べる際の楽しみのひとつです。
特にうどんの中でも、太ければ太い物が良いですし、さらにかなりコシがあって硬めのうどんが大好きです。
その麺の太さや硬さの多様性も、うどんの魅力だと言えるのではないかなと思います。そんな多様性があるうどんが大好きです。
根っからのうどん派です
自分は誰もが認めるうどん派の人間です。よく運動する前に消化のよいうどんを食べていたことがきっかけでうどんが好きになりました。またうどんにはまってからというもの、地方にあるうどんの有名店を訪れるようになりました。
そしてとある店で食べたゴマダレのうどんがとても美味しく、このうどんを食べてからというものうどんがますます好きになりました。夏には冷えたうどん、そして冬には温いうどんを食べるのが楽しみの一つです。
そば大好きです
うどんとそばどちらがいい?と言われたら、迷わずそばを選択するそば派です。かけ、もり、ざる、天ぷらなど食べ方はどれでも好きですが、一番好きなのは冷やしたぬきそばです。そばは、蕎麦湯がついてくるのもいいし、そばがきも美味しい。更には日本酒とも合うのが最高です。そばは通の方がいるのであまりそば好きを公言できない感じがしますが、それでもそばが好きです。うどんは昔から小麦粉の固まりにしか思えず、あまり好きではありません。
関西人なので
関西人なのでおうどんの方が好みです。
というか、自分が貧乏人なのを告白するようですが、今時本当に美味しいそばの香りがちゃんとするおそばってそうそう食べられないんですよ、高くって!(バンバン)
スーパーで売っているようなおそばなんて大概どれもが、なんかそばっぽい色が付いている細うどんですわ……それなら最初っからうどんを食べますわ……。
それに、おうどんの方が味が淡泊で力強いので、具に合わせる場合はこっちの方が都合良いですしね。
うどんすきは冬の好物の一角です。
小麦粉が好きなのかも?
うどんと蕎麦、どちらを食べるといわれればうどんに決まっています。蕎麦は年越し蕎麦の年一回しか食べません。正直言って、蕎麦の美味しさというのが全くわかりません。よく「蕎麦の香りが・・・」とコメントをする人を見かけますが、その蕎麦の香りというのがまったくわからないのです。私の嗅覚、味覚がおかしいのでしょうか?蕎麦を食べるならうどん、うどんがないなら素麺を食べます。と、ここまで書いて気付きましたが、蕎麦の味や香りがわからないのなら何を食べても同じなのに、あえてうどんや素麺を選ぶのはもしかしたら私は小麦粉が好きなのかもしれません。
やっぱりうどんが好きです
うどんとそば、どちらが好きときかれたら、私は絶対にうどんだと思います。うどんの麺が太くもちもちしているので、カレーうどんや、かまたまうどんなど、しっかり味がからんで美味しいです。それからうどんの方が生活に馴染んでいると思います。例えば風邪をひいた時、また受験勉強中の夜食など、そばより絶対うどんを選ぶ人が多いと思います。やっぱりそばよりうどん!そしてうどんの圧勝で間違いありません。一番おいしいです。
のどごしの良いうどん派
蕎麦と比べたらうどんの方がのどごしが良く、麺のモチモチ感やつるっとした食感がたまりません。何となく蕎麦は喉喉越しが悪い感じがするのと蕎麦粉の香りがするので苦手です。うどんならば冷たくして野菜などと一緒にサラダ感覚で食べられるのと、煮込みうどんにして体の芯から温まるのも魅力的です。大人になってから蕎麦も食べるようになりましたが、子供の時はうどんばかりでした。小さい子でも食べられるのどごしの良さがうどんにはあるのではないでしょうか。
蕎麦の全てが好き
お蕎麦はゆで汁も大好きなので、断然お蕎麦の方が好きです。
小さな子供がいますのでまだ蕎麦アレルギーがあるかも分からない年齢で分け与える可能性なども考えると、外食をする際は必ずうどんになってしまっていますが、自分だけで食べる場合は迷わずお蕎麦を頼みます。
栄養面などもお蕎麦には栄養たっぷりですし、蕎麦茶まで好きなことからお蕎麦の味も好きなのだと思います。
温かいお蕎麦より冷たいお蕎麦で、とろろか納豆のトッピングが好きです。
タレに絡みやすいそばが好きです
麺類が好きなのでうどんもそばも好きなのですが、どちらか1つを選ぶのであればそばです。その理由は、麺が細くて食べやすくタレにも絡みやすいし、そば粉には体に良い栄養素が含まれているのでヘルシーで健康的な感じがするからです。そばは温かくて冷たくても、どちらも美味しいのですが、私はカレーそばが一番好きです。もともとカレーが好きなのですが、そばつゆとカレー味が一緒になると味も格別です。そして、うどんと違って麺が細いので絶妙にタレと絡み合って、食べている時は最高な気分を味わえます。
うどんが好きです。
うどんの方が、トッピング自在だからです。
そばは、ヘルシーで、好きですが、どちらか一方と言えばうどんの方が好きです。
特に、茹でた太麺のうどんを冷たいうどんつゆで食べるのが一番好きです。
うどんのつゆに、生卵を入れても合います。
ネギ、てんぷら、オクラ、等、何でもうどんには合います。
煮込みうどんにしても、具は野菜も芋もなんでも合います。
カレーうどんもうどんの方が合います。
また、うどんは作り方が手軽です。
冷凍して解凍してもおいしいまま食べられます。
太麺でも、1分位でさっとゆであがります。
以上より、うどんの方が好きです。
麺類は蕎麦の方がいい
私は麺類では蕎麦が好きである。うどんもたべるが蕎麦の方が多い。蕎麦はうどんよりもゆでる時間が短くて、蕎麦屋でもそう待たなくてすむ。うどんだとゆでる時間が長いので待たなくてはならない。ただ夏に蕎麦屋で出す冷や麦やそうめんはゆでる時間はそんなにかからない。蕎麦はだけでも食べられるが、うどんだと薬味だけでは物足りない気がする。また蕎麦はうどんより腹持ちがいい。それに蕎麦だと蕎麦湯が出て来て蕎麦のたれを薄めて飲めるが、うどんだと蕎麦湯にかわるものがない。
うどんですが・・
現在は美味しいうどんを食べることのできるチェーン店がありますが、数年前までは地域柄うどんを外で食べるという習慣がなく、蕎麦の方が大好きでした。特に新そばは香りがよく、お気に入りのそば屋さんが数件あって、よく食べに行っていました。ところが、7年前に香川に旅行に行った際、讃岐うどんを食べて衝撃を受けました。こんなに安くてお手軽なのに美味しいうどんがあるんだと。それ以来、うどんは讃岐うどんに限って、そばよりも好きになりました。
蕎麦の奥深さが好きです
外食で当たりハズレが無いのは、うどんです。今日まで、不味くて食べられないうどんには出会ったことがありません。一方、蕎麦のハズレは何度も引き当てております。茹で時間が長すぎた蕎麦、こねが足りない蕎麦、温厚な私が、「これはダメでしょ」と言いたくなるような酷い蕎麦もありました。
しかし、数十回のハズレ蕎麦を帳消しにしてくれる、当たり蕎麦が存在するのです。絶妙な蕎麦粉の配合とこね、蕎麦を最高の状態で引き立たせるつゆ、締めの蕎麦湯にまでこだわった当たりに出会った時、「ああ、蕎麦好きを辞めないで良かった」と思うのです。
うどん
子供のころからよく食べているのでうどんの方が好きです。そばは大人の食べ物みたいな感じがあり、それが大人になった今でも観念として残ってしまっているみたいです。そばも食べたいと思う時がありますが、さっぱりしすぎていてつまらない感じがします。うどんは具だくさんの鍋焼きうどんや、ボリューム感のあるカレーうどんなど、そばよりもバラエティに富んでいると思います。また、うどんの方がそばよりもお腹に溜まりますし。そばは毎日食べたら飽きそうですが、うどんは毎日でも大丈夫な気がします。実際、最近お昼は毎市はなまるうどんです。
断然そばが好き
そばとうどんならソバが断然好き。うどんは太さとかコシとか食感の違いはあるけど、基本的にどれも材料は同じですよね。でも、そばは、更科、田舎そばなどそばの実を使う部分で全然味が違います。それだけでなく、そば粉をどこまで使うかで10割、8割などバリエーションがいろいろ。あと、うどんと違うのは、そば自体に香りや滋味があることかな。麺自体を味わうのは、やはりそばならではかと。毎日食べても飽きないそばが大好きです。
うどん大好きです
小さい頃から、実家で食べていたのは、そばよりうどんです。大人になり色んな土地に住むようになって、関西はうどん派が多く、関東は蕎麦派が多いように感じます。蕎麦で言えば、ざる蕎麦なら食べますが、かけそばはあまり食べません。年越し蕎麦くらいです。うどんですと、ざるうどん・釜揚げうどん・焼きうどんなど食べ方ももっとあります。うどんより蕎麦の方が高血圧など更年期に良いとかいいますが、消化が悪いというイメージのほうが強いです。年齢的には、うどんより蕎麦を食べたほうが良い年齢で、最近は蕎麦も食べるようにしていますが、実はうどんのほうが好きです。
うどん派です
うどんの方が好きです。そばも好きですが、そばは、年越しの時に食べるイメージがあり、普段、そばを食べません。また、そばではないですが、他の食べ物でアレルギーがあるので、口にするのが怖いです。土、日は、ご飯を作るのが面倒くさいので、たいていうどんを食べます。我が家の冷凍庫には、必ずうどんが2、3個常備されています。うどんは、焼いてもおいしいので、うどんスープの素を買い忘れたときなどは、おたふくソースで味付けし、食べています。
そばよりうどん派
そばよりはうどん派です。
うどんは麺がシコシコしていて食べ応えがあり冷たいうどんでも熱いうどんでもどちらもおいしく感じます。うどんは熱いのだとカレー南蛮などもとてもおいしく具とうどんを一緒に食べるのが本当においしいです。具が何でも合うのがおいしいと感じる理由です。天カスや油揚げ、天ぷら、卵などをうどんと食べるととても贅沢なかんじがします。
そばだとツルツルしてしまい食べ応えがうどんよりは少ないように感じます。
赤ちゃんも大好きなうどん
私は断然うどん派です。3人の子供を子育てしておりますが、うどんは赤ちゃんの時から食べさせる事が出来ますし、子供の体調不良の時にもうどんは大活躍をしてくれます。小さい子どもから老人まで幅広く好まれているのではないでしょうか。そばは、主人がアレルギー体質なので子供達にも容易にあげる事ができません。アレルギー体質かもしれないと考えると小さな子供に与えるのは少し怖いです。また、夏場の冷やしうどんは喉越しも良く、食欲がない季節にも美味しくいただけると思います。カレーうどんや釜玉うどんなど色んなバリエーションがあるのも嬉しいですね。
どちらも好きです
うどんもそばもどちらも好きですというのはわがままでしょうか。もともと関西人なので当たり前かもしれませんがうどんもそばも生活のそばにあってしかりでた。しかし、しいていえばめんの種類よりも重要なのはだしなのかもしれません。関東のしょうゆベースのおだしよりも鰹節ベースの透明な出汁の方があっさりしていて食しやすいと感じます。これはうどんにもそばにも共通していえることです。関西人なら似たような感覚を持っている方は多いかも知れません。
蕎麦派です
高校生の頃にお蕎麦屋さんでアルバイトをしていて、まかないとして毎回と言っていいほどお蕎麦を食べていました。蕎麦の方が体に良くて、うどんよりも腹持ちがいい気がします。冷たいお蕎麦の上に、山菜や甘辛く煮たしいたけ、揚げ玉をのせてぶっかけ蕎麦として食べるのが大好きでした。自宅ではゆでうどんやゆで蕎麦をスーパーで買って来て食べていますが、やっぱりあまり美味しくはありません。アルバイトしていた頃に食べていたお蕎麦がまた食べたいです。
うどんが好き
うどんも蕎麦もどちらも好きだけで、強いて言うならうどん方が好きです。関西出身なので、うどんの方が馴染みがあるからです。うどんのお出汁を飲むと、美味しいと心から思います。蕎麦も美味しいけれど、お店によって当たり外れがあるので、お店を探すのが大変です。比較的美味しくないと感じるお店が多いので、どうしても好きになりきれないところがあります。その点、うどんの方があまりハズレがなくて、気持ちよく食べられる気がします。お蕎麦を食べるのは年越しだけでいい気がします。
蕎麦がいいです
蕎麦の方が好きですね。麺が細くて食べやすいし、おつゆもおいしい。それに、蕎麦のいろいろなバリエーションが面白いと思います。冷たくてもおいしいし、麺は冷たくておつゆは温かい鴨せいろもいいい組み合わせです。お蕎麦なら一緒におにぎりがついていても合います。蕎麦湯も初めて飲んだ時はとても感動しました。それと、お蕎麦は食後にすごく体が温まる感じがするんです。冷え性気味の私にはとてもありがたい食事なのです。最近近所の古いお蕎麦屋さんが次々無くなって寂しいです。
蕎麦派です
うどんももちろん美味しいし、病み上がりには消化も良くて食べることもあります。
しかし、普段から食べているのはお蕎麦です。
基本的に私は細麺が好きなので、うどんと違い、細麺が普通なお蕎麦の方がお気に入りです。
それにお蕎麦は、太りにくいということもわかっています。
ダイエット中の簡単なお昼ご飯としてよく食べます。
蕎麦なら、糖質が多くて血糖値が上がりやすいうどんよりもゆっくりと血糖値が上昇するので安心です。
また、食べている時のそば粉の香りが良くて好きです。
蕎麦が好きです
私は、うどんよりも蕎麦が大好きです。
うどんは、太くて好きではありません。
蕎麦は細くて、美味しいです。
なんといっても、蕎麦の感触、喉越しの良さが大好きです。
この感触はうどんでは、得られないと思っています。
そして、うどんは、蕎麦より硬い感触があるため、苦手です。
又、蕎麦の方が、海苔と相性が良いと思っています。
私は、海苔と蕎麦を合わせた時の香りが好きで、たまりません。
お椀で、蕎麦を何杯もすすって、食べる事も大好きです。
うどんはどんな食べ方でも美味しいです。
うどんの方が、基本的に食べやすくて好きですね。
そばの場合は、食べ方にこだわりがあり、なにか敷居が高いような気がしてしまいます。
その点うどんは、気にすることなく食べることが出来て、大人から子供まで楽しく食べることが出来るのです。
庶民的で、温かいうどんでも冷たいうどんでもOKですし、ざるにしても美味しく頂くことが出来ます。
冷たいうどんも大好きですが、一番好きなうどんは、阪急そばのかけうどんですね。
だしのしっかりと効いたうどんは美味しいですね。
讃岐うどんが旨い!
そばよりうどんが好きです。一番の理由は讃岐うどんがあることです。そばも好きなことは好きなのですが、それ以上に讃岐うどんが好きです。讃岐うどんのしこしこしたこしに出汁の効いたスープの組み合わせはたまりません。さらにてんぷら掻き揚げと生卵をトッピングして崩して混ぜながら食べると、てんぷらと卵と出汁の3つが三位一体に合わさってなんともいえない甘さが最高です。この味はそばでは出ないので、選ぶならばうどんになってしまいます。
うどん。
そばとうどん、どちらが好きと聞かれたらうどんを好んで食べています。お蕎麦はそば粉の香りが食欲をそそりますが、ぶつぶつと切れる独特の食感よりもうどんの喉ごしが良く次々と食べられて好きです。ツルツルとした麺に絡むめんつゆの風味、トッピング次第で味を何回でも変えられる万能なところが好きな理由の一つです。そばは何と食べてもそばですが、うどんは主張しすぎないのでいつの気分でも飲み込むように軽く食べることができます。
身体にも良いそばが好き
そばは、冷たくても、温かくても美味しく食べられて好きです。
そばには、ビタミンBと食物繊維豊富で身体の良いし、食欲のない時でも不思議とそばなら食べられちゃいます。おもてなし料理にそば寿司にするので見た目も味も好きです。
鍋焼きうどんも美味しいですがうどんではなく、そばで鍋焼きうどん風を、寒い季節は作ったりします。そばは、シンプルにねぎと天かすだけでも美味しいので、簡単昼ごはんにぴったりです。そばは、豪華にもシンプルにもアレンジが利くので好きです。
そばの香りは落ち着く。
私はそばとうどん、どちらが好きかと聞かれたら、そばと答えるでしょう。理由は、そばの香りが大好きだからです。特に、そばは香ばしいそば粉の香りが口の中に広がるので、これはうどんでは感じられない楽しみだと思います。

また、私はうどんも嫌いではないのですが、やっぱりそばの香りが好きな分物足りなさも感じます。そして、そばは麺が細く啜っているときの、のど越しが好きなのも理由かもしれません。このように、私は断然そば派として今後も、おいしいそばを楽しんでいきたいです。

うどんに比べてそばは、敷居が高いです
うどんに比べてそばの方が、印象ではありますが敷居が高い印象があります。
別にそばが嫌いな訳ではありません。唯、うどんなら、うどん(大盛り)と天ぷらなど付けても700円位で結構食べられます。しかし、そばは最低線が800円くらいで材料等にこだわりのある店はそれ以上かかります。
そう考えると、うどんはお得で美味しいので好きかな。
しかし、不思議なものでうどん屋とそば屋を始めてどちらが効率がいいかと言えばそば屋なんです。そば屋なら、売り切れごめんでも許される。
しかし、うどん屋だとそれは許されません。
しかも、そば屋はザルそばとザルそば(大盛)と天ザルのみでもやれます(そばさえ美味しければ)。
うどんはそうもいかないので大変だなと考えます。
蕎麦が好きな理由とは
麺をすする時に食べやすくて、胃にもたれにくい事が理由で蕎麦が好きです。
夏場には食欲があまりない時に消化の効率が良い蕎麦を食べていたが、冷麺として調理をするざる蕎麦が特に気に入っています。
ざる蕎麦はざるうどんに比較して、麺つゆにつけて食べても麺つゆが洋服に飛び散りにくくて、食べやすい事が好きな理由の1つです。年末の時に恒例となっている年越し蕎麦が有名で、海老天などの材料を上に載せて豪勢に食べて、様々な材料を堪能しながら1年中食べられる食べ物として好きです。
細麺の蕎麦がいいかな
麺類が好きなので、どちらも好きなのですが、どちらかと言われれば、蕎麦ですね。
どちらかというと細麺の方が好きですし、喉ごしが良い気がします。
また、新蕎麦だと香りもするし…。味に関係ないけれど蕎麦の花も可愛い。
あと、そば粉のお団子を出すお店があるんですが、それがとにかく美味しくて、それを食べに一時間かけて行ったりします。
もう一つ、蕎麦湯もいいですよね。そばつゆと割って飲むとホッとします。
うどんにはない物ですからね。
うどんに一票
うどんの方が好きです。今はどちらも食べますが、昔は私だけ年越しうどんにしてもらっていたほどです。
讃岐うどんのようなコシが強いものも、牧のうどんのようなくたくたのうどんも好きです。どちらかというと、そばはうんちくが多くて、通の男性が好みそうで、食べ方もつゆに全部浸けたらダメとか言われると好きに食べたいと思います。その点、うどんはリラックスして食べられるし、かつおのだしもまたおいしいからいつもたべたくなります。
うどんが好き
食感や味もさることながら、父が良く作ってくれた白菜や、ねぎがたっぷりの、味噌が深くしみこんだうどんが頭に残り、うどんの方が好き、と言ってしまいます。
蕎麦も嫌いではありません。むしろ夏に冷たいざる蕎麦をズルズルと食べるのは最高です、と言うくらい好きです。
ですが、どちらが好きかと比べられると、うどんに軍配が上がります。
腹持ちもかなり良くて、よく家でも先ほどの父のうどんや、ざるうどんなどが出て、いつも美味しく食べていました。
今でも時々ふと食べたくなって、コンビニの物ですが、買って食べています。
うどんと蕎麦なら…
私はうどんと蕎麦なら、うどんの方が好きです。
理由は単純なのですが、祝い事の席以外であまり蕎麦を食べる習慣がありません。
西日本に住んでいるからなのかもしれませんが、私の住む地域では蕎麦文化よりうどん文化の方が馴染み深いです。
蕎麦の味が嫌いなわけではありませんが、蕎麦のツユよりもうどんの方があっさりとした味で私は好きです。
キツネうどんや肉うどんなど、味の種類もたくさんありますし、蕎麦よりも麺が太いので食べごたえがあります。
近所のスーパーではレンジで作れるうどんも販売しているので、手軽に食べられるのも魅力です。
うどんです。
この二択は正直かなり迷いました。
本当はどちらも選べないくらい好きです。
ですが、どちらかをあえて選ぶとするなら、うどんです。
理由は好きな食べ方が多かったからです。
素うどん、きつねうどん、焼きうどん、カレーうどん。
ざるそば、にしんそば、山菜そば。
一つ差ですので、本当に大差ありません。
そば茶を含むと同点になってしまいます。
うどんのコシも好きですし、そばの香りも好きです。
そこで、外食で一番よく食べているもの、お金を出してまで食べているものを考えました。
それは、きつねうどんでした。
うどんのコシと噛みごたえが好き
私は噛みごたえがあるという理由でうどんが好きです。
昔はコシがありすぎて食べにくくあまり好きではなかったのですが、今ではそのコシにハマってしまい、頻繁に食べるようになりました。
うどんもそばも、基本的には冷やしても温めてもおいしいものですが、私は食べごたえのあるざるうどんが好きで、夏になると週に一度か二度は食べます。のどごしが良く、噛みごたえもあるため、さっぱりとおいしく食べられます。
よく噛んで食べると時間がかかりますが、その分食べているなという実感があっておいしく感じられます。
うどんの方が好きです!
観光地ガイドマップなどでは、蕎麦の名店などが目立って紹介されていますが、うどんの名店ももっと紹介して欲しいです。
少し蕎麦のアレルギーがあるので、なるべく避けています。
うどんの方がお子さんからお年寄りまで誰にでも食べやすく消化にもよい利点があると思います。またカレーうどんや、みそうどんなど、ご飯のようにいろいろな味のスープと掛け合わせても相性が良いところも魅力のひとつだと思います。
特に夏に冷たいざるうどんを食べるのが好きです。するっとしたのど越しで見た目も白くてつややかで綺麗だと思います。
うどんのさっぱり加減が好きです
数年前までは蕎麦が大好きで、外食でも家で食べる時も何より蕎麦が食べたいと思っていました。
それこそ、1週間の内5日間蕎麦の日があってもいいくらいでした。

でも年々と、蕎麦を食べた後のお腹が重たい感じが、少し辛くなってしまったのです。
しかしうどんは食べた後の腹持ちがいいのに全然お腹が重たい感じがしないので、最近はうどんが大好きになりつつあります。

味がさっぱりしていてしつこくなく、でも天ぷらやかき揚げを乗せるともっと美味しくなる所が好きです。

アレンジ豊富なうどんに傾く
麺が大好きな私としては、うどんも蕎麦も、甲乙をつけがたく思います。
ただ蕎麦の方が高級感があり、出汁も難しく、栄養価も高いので、何かあった時にお客様にお出して食べに行くのは蕎麦かなと思います。
でも、普段はうどん三昧です。
私が思うにうどんは最もおいしく安いお昼ごはんだと思うからです。
私が通う激安スーパーでは、冷凍讃岐うどんが5食で150円です。
ただ茹でてめんつゆを入れるだけでこの美味しさ。
あるいは茹でて水洗いして、醤油とマヨネーズをかけるだけでサラダうどん風です。
この一食あたり30円の安さ、手軽さ、美味しさを考えた時、うどんから離れられないのです。
蕎麦のほうが好きです。
うどんは消化にいいので嫌いではありませんが、美味しいと思えるのは蕎麦の方です。近くのショッピングセンターに美味しいお蕎麦屋さんのお店が入っていて、何度も食べに行っています。年末に食べる年越し蕎麦も美味しくて最高です。蕎麦アレルギーがないことに感謝しつつ食べています。蕎麦には美容に良い成分が入っていると聞いた事もあり、よりいっそう好きになりました。食欲があまりない時も蕎麦が食べやすいように感じるので、蕎麦の方が大好きです。
蕎麦が好き
東京出身の為か、蕎麦の方が好きで、食べる機会も多い様に思います。普段の夕食は何にしようかと悩む所ですが、大晦日だけは、必ず蕎麦と決まっています。蕎麦屋で酒を飲むの楽しみの一つです。少しの肴で、熱燗を楽しみ、締めに蕎麦をたぐるなんて最高です。ちなみに蕎麦をたぐるとは、江戸前で蕎麦を食べるの意味です。
そして、冬でも冷たいざる蕎麦が良いです。暖かいかけ蕎麦も良いのですが、喉越しと蕎麦の香りを楽しみたいので。
そば
色んな種類の汁に合う「うどん」ではありますが、一般的な醤油だしと考えた場合、断然「そば」が好きです。
同じ醤油だしの場合、うどんは粉っぽさというか「粉」から練られている感じがして「味」を感じません。カレー味、八丁味噌、など濃いスープでないと、何を食べているのかわからず耐えられないです。
その点、そばは勿論「粉」から出来ているのですが「そば粉」という「そば」の味がするので、薄口の出汁でも食べる事が出来る事と天ぷらのように少し油っぽい物と食しても合う所が好きです。
私は誰が何と言うと断然うどんが好きです
私はうどんもそばも食べますが、好きなのはうどんだと声を大にして言えます。
そばも確かに美味しいのは美味しいのですが、そばは単独で食べてもおいしいほど自己主張が強い食べ物であります。
それは良い事なのかもしれませんが、反ってそれが災いしてしまい、そばは料理のバリエーションが乏しくなってしまっているのです。
その点うどんは味の自己主張が強くないので、色々な味に調理をしても変になる事は少なく、色々な料理を作ることができます。
更にうどんはそばよりも腹持ちが良いので、直ぐにお腹が空いてしまう私にとっては、うどんの方に軍配が上がるのです。
家で頂くなら
どちらも好きですが、スーパーなどで麺を購入して家で頂くのなら、ほぼ100%、うどんです。それも、乾麺ではなく、冷蔵か冷凍のうどんが美味しいと思います。ちょっとお高めの稲庭うどんなんて最高に美味しいです。
バリエーションも付けやすいので、和風だけでなく、カルボナーラ風にしたり、明太子パスタ風にしたりしています。
蕎麦は、家で作るとあまり美味しくない気がするので、手打ち蕎麦の専門店を訪れて、プロの味を楽しんで頂く事が多いです。
そばが好き
子供の頃はうどんが好きでした。
でも今はそばが好きです。そばは後味がきちんとそばの味が残ります。ですがうどんはそれほど残らないような気がします。そばはお店によって後味がとても美味しいところがあります。なかには残らないようなお店なんかもあります。
きっと子供の頃はその後味に気づかなかったのかもしれません。大人になってからはじめてわかるような味だと思います。
簡単にもりそばとかにして食べても満足できるものだと思います。うどんだとやっぱり物足りなく感じます。
うどんが圧倒的に勝ってます。
理由は単純明快。ざる蕎麦は食べられるのですが、温かい蕎麦は食べられないから。
アレルギー体質ではないのですが、蕎麦が美味しいと感じた事がないんです。
うどんは天ぷらうどんが美味しいお店が家の近くにあり、休みの日はよく連れて行ってもらった記憶があるのでいい印象しか抱いてません。
今は夜遅くに仕事が終わり、スーパーやコンビニで麺類が食べたい時は蕎麦ではなくうどんを自然と手に取ってしまいますね。
そのくらいうどんの方が圧倒的な存在感が自分の中ではあります。
食べ方に融通が利くうどんが好き
どちらもそれぞれいいところがあります。蕎麦は動脈硬化を予防するルチンが多く含まれています。血糖値の上昇も緩やかになるので健康にいいです。それにお口に入れたときの香ばしさはうどんにはありません。基本的にめんつゆに付けて食べる、年越しそばのようにシンプルな食べ方に限られます。うどんは、母親が病気の子どもに食べさせている温かいイメージがあります。卵を乗せて食べるうどんは最高です。野菜をたくさん入れてもいいし、お肉をたくさん入れても美味しいです。融通が利くのは蕎麦にはない良さだと思っています。私は蕎麦よりうどんが好きなので家でも外でも常にうどんです。麺が太いところが食べ応えありです。
うどんが好き!
基本的に麺類は全て好きなのですが、中でも一番好きなのが「うどん」です。
私の出身地方では、日常的にうどんが食卓に上がることはほとんどなく、また外食でもうどんを食べる機会はあまりありませんでした。家を離れて関西地方に暮らすようになってから、外食の際にうどんメニューを食べる機会が増え、次第に自宅でもうどんを食べるようになっていきました。
「蕎麦」も好きなのですが、どうしても食べ方がシンプルになってしまって、アレンジが利かないので、食べる頻度はうどんよりかなり少ないです。
今では、冷凍かチルドのうどんが冷蔵庫内に無いと不安を感じるほどの「うどん好き」になってしまいました。
そばは健康食
そばの方が好きです。うどんは、うどん自体に味はありませんが、そばはそば自身に味があります。また各お店によって使用するそばの実や挽き方によって、そばを食べた後の鼻から抜ける香りにはかなりの違いがあります。そばの香りがきついのが好きな人用、芳醇な香りが好きな人用などバリエーションが多いのが良いです。また粉の割合も二八そばなどが選べるのも好みに合わせられるのが良いです。そばはそばがきやそば豆腐などのそばのフルコースが存在するほど料理への汎用性も高いのが魅力です。特に健康志向の若者の間で人気のガレットもまた、そば粉を使用した料理です。そばに含まれるルチンは生活習慣病にも効果がある栄養価の高い食事で、おいしくさと健康を同時にゲットできる素敵な食べ物です。
食感で選んでうどん
私は子供の時からうどんが大好きです。つるっとしたあの食感が大好きなのです。だからそばもいいですが、うどんのほうが大好きなのです。特にきつねうどんだったら最高です。温かくてするっと入るうどんが大好きなのです。毎日でも食べていられるのです。そしてねぎをいっぱい入れたら、それだけで三杯は食べられると思います。朝昼晩の三食がもしもうどんだとしても、私は文句を言う事はありません。それくらい大好きだからです。特に四国で食べるうどんは、とても美味しいです。あの食感は一回食べたら忘れる事はできないでしょう。うどんにもいろいろと種類があるので、伊勢うどんも大好きなのです。どんなうどんも、あの食感があるので美味しく食べる事ができるのです。
どちらかといえばうどん
どちらかを選ぶのはとても難しいのですが、おいしい蕎麦とうどんという組み合わせで選ぶのであれば、うどんと思います。蕎麦も好きですが、どちらかというと麺が細いので寒い冬の時期は麺がすぐに柔らかくなってしまいます。うどんは冷たくてもまた温かくても麺が太いのでコシがあり食べやすいし、おいしいと思います。とはいえ夏に食べるざる蕎麦は大好きですのでどちらを選ぶかは容易ではないのですが、うどんはどの季節でもおいしくメニューが豊富でもあるのでうどんを選びます。
うどんのほうが好き
うどんとそばどちらが好きですかと聞かれたらうどんが好きと答えます。
その理由はうどんのほうが滑らかでもちもちとしているからです。
カップめんを買うときもうどんとそばがあったら迷わずうどんを選びます。
そばがあまり好きではないのはなんでかなと考えてみました。
その結果、細くて食べたという感じがないかなということかもしれないと思いました。
でも冷やして食べる場合はそばの良さがわかります。
風味が良くわさびを入れためんつゆに良く絡んでおいしいです。
うどんに軍配
和のめん物はどれも好きで甲乙をつけがたいのですが、あえて言うならうどんが好きです。私は関西、それも京都しっぽく風のうどんが一番好きです。月見うどんも、月見そばに比べて柔らかい印象になりますが、甘いだしの効いた温かいうどんは、私にとって心から「ほっとする」味です。また、冬の寒い中にお鍋をして、最後にシメとして入れることができる、という外せないアドバンテージがあります。最終日のカレーが、カレーうどんに変身できるというのもあります。おソバに比べてメニューにおける柔軟性があるというのが、うどんの強みではないでしょうか。
そば
私はうどんより蕎麦が好きです。なぜならカロリーが低いからです。うどんも美味しいですが、小麦粉から作られているので、ダイエットをしている私には向いていません。一方で、蕎麦はとてもヘルシーですし、麺も細いのでスルスルととても食べやすいです。
とくに、ざるそばは小さい頃から好んで食べており、麺つゆにもこだわりを持っています。また最近では茶蕎麦などのバリエーションも増えて、より蕎麦を楽しめるようになりました。
うどんが好き
私はうどんで有名な県の隣町で育ちました。家族で外食というと、うどん屋さんでした。それぞれみんな好きなものが決まっていて、たいてい同じものを注文するのです。父は肉うどん、母は天婦羅うどん、妹はきつねうどん、私は月見うどんでした。高校生になり、部活の後、友達となだれ込むのも大抵は国道沿いのうどん屋さんでした。そこでも、やはり月見うどんを頼んでいました。

大学に進学し地元を離れると、身近なところにうどん屋さんがなくなりました。そば屋さんで、うどんも食べられるという状況は、うどんはメインではない、と言われたかのようで少なからずショックを受けたものでした。うどんよりもそばの方が体に良い、といわれたのもその頃でした。でも、私はうどんが好き、なので、風邪をひくとおかゆよりもうどん。温かいうどんに卵を落として七味唐辛子をたっぷりかけて食べて寝ると、翌朝には良くなる気がします。

初めて海外旅行に行ったとき、旅程の半分ほど過ぎたころ、うどんが食べたくて食べたくてたまらなくなったものの、日本食屋さんがすぐ見つかるような国にいなかったので、帰ったらうどんをまず食べると決めたのでした。成田に着くや、即うどんを食べにそば屋さんに走ったことは初めての海外旅行のフィナーレとして記憶に刻まれています。それ以来、海外に長期滞在するようになった今も、帰ったらまずうどんが食べたいなあと思いながら飛行機に乗っています。
うどんは私にとってのソウルフードです。

蕎麦です
自分はどちらかというと蕎麦です。何故ならですが、自分はうどんも大好きですが、そば専門店は日本ではどこにでもあります。しかし、うどん専門店は香川県にでも行かないかぎり、滅多にはありません。蕎麦専門店ばかりを行っているので、そばの良さしか自分はわかりません。うどんも食べることはありますが、レストランや定食屋でしか自分は食べたことはないのであります。ですので自分はそばを押させていただきます。蕎麦は日本発祥です!
選ぶのは難しい
麺好きの私は、以前は毎日うどんを食べていた。蕎麦とうどんのどちらかというと、蕎麦が好き。やはり少し濃いめのつけ汁にわさびと薬味を入れて細い腰のある麺を入れすする。そば粉の香とわさびが鼻から抜けて何とも言えません。その汁の中に天ぷらを入れて食べてよし、汁にも油が入りこくが出る。
さっぱり食べられるのも魅力で、ゴルフでの昼食はほぼ天ぷらそばのセットとビール。うどんとビールだと結構、お腹がいっぱいになりすぎるのですが蕎麦ならペロッといけてしまいます。
とろろが好き
そばのほうが好きです。
理由は二つあります。
一つは香りが良いからです。
茹で上がったそばは優しい香りで食欲が増しますが、うどんはほぼ無臭です。
そして、二つ目は私のすきなとろろイモと相性が抜群だからです。
とろろイモはご飯にかけたり焼いたりと他にも色々と食べ方がありますが、私はざるそばととろろいもの組み合わせがダントツだと思います。
夏バテして食欲のないときでもとろろそばならのど腰もよくつるつると口に入っていくので、私はうどんよりそば派です。
食感も風味もそばよりもうどん派です!
うどんは食べたときもちっとしていて、こしが感じられるのでとにかく大好きな食べ物でもあります。
粉の風味もシンプルに感じられるし、だしとの相性も抜群なので毎日でも飽きないのです。

しかし、お蕎麦となると商品によっては食感がぼそぼそとしていたり、粉の風味にもくせがあったり
するので、どちらかというとうどん派な私です!

商品の味わいや風味に大幅に当たり外れを感じるのもお蕎麦でもあるので、どうしてもいつも変わりない
おいしさを追及してしまうためうどんを選んでしまうことも多いのです。

そばの方が好き
うどんとそばのどちらが好きかといえば、それは「うどん」です。わたしはそばも好きでよく食べますが、うどんとどちらが好きかと言われると、うどんの方がより身近だからうどんが好きといえます。

うどんの良いところは病気の時に分かります。うどんを風邪をひいた時や熱が出た時に食べると回復が早まるのです。「おじや」など消化が良い食べ物を食べることもいいですが、うどんは茹でるだけなので手早く作れます。

手早く作ることができて野菜を入れたり卵を加えたりして温かいうちに食べると体が元気になります。だからわたしはうどんの方がそばよりも好きなのです。

最近はうどん
私の住んでいるところは小麦の生産量が多く、粉もの文化が強いのでうどんは日常的に食べるもの、そばは何か特別な時に食べるものという環境で育ちました。そのため今でもうどんの方が親しみがあります。一時期はうどんを食べ飽きてそば派になったものの、最近某有名うどん店のおろしうどんにハマってそればかり食べています。大根おろしののった冷たいうどんにすだちをしぼって葱とショウガをたっぷりトッピングするともう絶品で、さっぱり食べられてしかも安いのでちょくちょく行ってしまいます。
ささっとすすれる蕎麦が好き
蕎麦とうどん、メニュー上に両方あってどちらか選べるお店もたくさんありますが、私はいつも迷わず蕎麦です。
蕎麦とうどんの違いは根本的な材料の違いと味の違いはもちろんありますが、なにより麺自体の細さです。うどんは蕎麦よりも太めで、讃岐うどんともなればコシがあり噛み砕く力が必要になります。一口食べ終わるのに時間がかかり、なかなか食べ終わることができません。一方で蕎麦はコシがあるものの細めなので早めに食べ終えることができます。
麺類を選ぶときは大抵少し時間が欲しいときなので、そんなときには蕎麦が最適だと思います。
うどん
蕎麦も嫌いではありませんが、どちらかと聞かれたら迷わずうどんを選びます。
まず、食べてもすぐにお腹が空いてしまう蕎麦に比べて、うどんは腹持ちがいいので食べ過ぎずにすみます。
また、味にクセがないので、料理するにしても、和洋中にイタリアンなど、どんな食材や味付けでも違和感がなく、美味しく食べられるので、毎日食べても飽きないくらいです。
それに、蕎麦と違ってうどんは「コシが命」ではありません。
柔らかい麺でもそれはそれで美味しくいただける、懐の深さも感じます。
そして価格が安いところも魅力的です。
蕎麦の方がヘルシーな気がします。
蕎麦のほうが好きです。うどんも蕎麦も同じようにすするものですが、蕎麦の方が口当たりが軽い気がします。
また、蕎麦の香りが好きなので、つなぎに小麦粉が多く入っているものよりも、蕎麦粉の味が良く分かる十割蕎麦の方が好きです。色が黒くて見た目は悪いのですけれどね。
以前健康番組で、蕎麦の方が血糖値が上がりにくいと言っていたこともあって、健康的なイメージがあるのも、ポイントが高いです。色が黒いのも豊富な栄養素のせいと考えれば、かえって好ましく感じますよね。
うどん
うどんもそばも両方好きですがどちらかといえばうどんのほうが好きです。
温かいものも冷たいものもうどん派です。
理由は食感、食べ応えがうどんのほうがあるからです。
うどんはツルツル、そばはざらざら、といった感じでしょうか。私はツルツルしているほうが好きです。
噛み応え、コシというんでしょうか、それもうどんのほうがあります。
麺の太さもそばは細くうどんは太い。
一杯の量が同じでもうどんのほうが食べ応えがあります。
また卵を載せるのが好きなのですが、これもうどんのほうが相性が良いと思います。
以上の理由によりうどんの勝ちです。
麺ならうどん
うどんか蕎麦か、どちらか一つを選ぶとしたら、私は断然うどんです。まず、一般的にうどんの方が麺が太いので食べ応えがあります。特にこしのあるうどんは食べがいがあってたまりません。また、うどんの麺には汁の味がしみ込んでいて、味わい深いものがあります。私は特に、少し甘みのしみ込んだ麺が気に入っています。それに対して蕎麦の場合、全体的に味に個性を感じることが出来ず、さほど美味しいとは思いません。私はやはり何と言ってもうどん、特に天ぷらうどんが大好きです。
炭水化物好きなもので
うどんと蕎麦なら、断然うどんを選びます。
「蕎麦の方が健康に良い」「炭水化物の摂り過ぎは良くない」という世間の流れがあり、うどん派は健康面から見ると肩身がせまいと感じてしまう事があります。しかし、うどんのしっかりとした食べ応え感、どのような味付けにも合う柔軟性は素晴らしいと思うのです。パスタと同じ、小麦粉から出来ている麺なので、ミートソースやオリーブオイルを使ったパスタ風の味付けにも合うところが、自炊派の私には便利で良いとも思います。
要は、炭水化物が好き、なのです。
うどん
すごくうどんが大好きです。出雲のお蕎麦を初めて食べたときは美味しく感じましたがやっぱり讃岐うどんの美味しさのほうが私には印象に残りました。いろんな食べ方のあるうどんですが、私が好きなのは焼きうどん。いろんな野菜と一緒にいただきます。冷やしうどんも楽にできて美味しいので夏のお昼はおそうめんに次いでうどんが定番になっています。体調の悪いときはおかゆ嫌いな家族のためにあたたかいうどん。トッピングでいろんな食べ方ができて美味しくてたまりません。
そばは駄目なんですよ。
うどんとそばのどちらが好きか、これは日本人にとって永遠のテーマともいえますが私の場合は問答無用でうどんになります。

なぜなら私はそばアレルギーなので、そもそも選択の余地がないのです。
前に年越しそばを食べたときに気分が悪くなり、アレルギー症状が出たのですがあの時は本当に苦しかったです。(その時まで私がそばアレルギーだと知りませんでした)
それに対してうどんは普通に食べられます。よって私は生涯うどん派であり続けるでしょう。

うどんのコシと食感が好き
私はうどんと蕎麦、特に普段はどちらが好きだとも意識していませんが、よく考えると麺類を食べる時にはほぼうどんを選んでいます。自分で作る時も麺類を外食する時にもまず間違いなくうどんを食べています。なのでうどん派だということになります。
ではなぜ蕎麦を選ばすうどんなんだろうと考えてみると、うどんのコシともっちりとした食感が好きだということに気がつきました。蕎麦にはコシはあってももっちりとした食感はさほどないので、うどんを好んで食べるのです。
子供の頃からうどん好き
子供の頃はうどんが大好きでした。ご飯よりも好きだったくらいです。
大人が蕎麦を食べるとき、子供はうどんを食べていた記憶があります。
そのせいか、蕎麦は大人の食べ物という印象がありました。
現在は、自分も十分な大人になったわけで、子供の頃に比べると、やはり蕎麦を食べる機会も増えました。
それでも、やっぱり蕎麦よりはうどんの方が好きですね。
うどんはツルツルと気持ちよく食べられますが、蕎麦はなんとなくモサモサしていて、食べにくいような気もします。
うどんのもちもちとした食感が大好きです
断然うどんのほうが好きです。蕎麦も嫌いではありませんが、寒い季節になった時に鍋料理のシメとして楽しめるのは、うどんです。蕎麦は鍋料理に入れることも出来ませんし、温かい蕎麦でコシがあって美味しいというものに私は、行き当たったことがありません。

その点、うどんはアツアツでももちもちして美味しいですし、どのような旨みの出汁やスープとも喧嘩することなく、美味しく仕上がってくれます。

もちろん夏に食べる冷やしうどんも最高です。コシがあって麺が太いため、食べごたえがあるのが好きなところです。

のど越しの良い蕎麦がいいですね!
麺類なら、うどん、そば、ラーメン、パスタなどなんでも好きですが、もっともおいしいと思えるのは、蕎麦です。もちもちしていて、コシのあるうどんもおいしいと思いますが、手打ち蕎麦、しかもざる蕎麦が好きです。最近は、うどんも自宅でおいしく作ることができますが、蕎麦はあまり種類も売っていないせいか、家で食べることも少ないように思います。休日には、おいしいと評判のお店をさがして、出かけることも多々あります。目の前で蕎麦を打ってすぐに食べさせてもらえるお蕎麦屋さんは最高です。
もちもち感
うどんもそばも大好きですが、一番はとなるとうどんです!うどんはそばよりもちもちした食感が楽しいです。太さもいろいろいあって、稲庭風のうどんと讃岐風のうどんとではまた味わいが変わってきます!お蕎麦は基本的には細めでコシを楽しむものなので味だけでなくもちもちした食感を楽しめるうどんのほうがすきです。また、冷たくてもあったかくても、つゆの中に麺が沈んでいるまま二つ一緒にすするのがとてもすきなのでそこもうどんの大きな魅力です。
うどんを常備しています
お蕎麦も好きですが、よく食べるのはうどんの方です。
うどんの方がクセがなくて食べやすいのかな、と思います。
月に5、6回くらいは食べているような気がします。

バリエーションが多いから飽きないところも良いですね。
自宅ではきつねうどん、月見うどん、煮込みうどんなどにすることが多いです。
カレーが残っている時はカレーうどんにして食べることもあります。
自宅では冷凍うどんを常備していて、小腹が空いている時によく食べています。

うどん
出身が香川県だからです。香川の人でうどんが嫌いな人はいないと思います。
本当に毎日うどんを食べるくらい、うどん文化が浸透しています。
うどんのバリエーションは意外と少なく、釜揚げや生醤油などシンプルな食べ方を
することが多いのですが、それでも飽きることはないです。
高校の食堂にもセルフうどんをつくる場所が必ずあります。
小さいころからそのような環境の中で育ってきているので、うどんかそばかと
聞かれると、絶対にうどん派です。
栄養価の高い蕎麦が大好き
うどんと蕎麦はどちらとも同じ麺でカロリーはたいして変わらないのに、蕎麦には嬉しい栄養成分がたくさん含まれていて健康維持やダイエットや美容にもぴったりです。生活習慣病も予防する効果があるとも言われており、栄養価がとても高いところがすごく嬉しくてうどんと比べると蕎麦派です。また、蕎麦にはもそっとした食感があり食感と共にそば粉本来の甘みをしっかりと感じることが出来るのも好きでうどんと比べると蕎麦だと思います。

まとめ

うどんと蕎麦どちらが好きですか?のアンケート結果、6割の人が「うどん好き」と圧倒的勝利でした。

うどんの好きな理由として、何にでもアレンジが出来るのが1番の決め手になりました。カレーうどん、味噌煮込みうどん、ふと麺、細麺とバリエーション豊富で何にでも合うというのが皆さん人気の理由ですね。

蕎麦好きのひとは、蕎麦の香りが好きという理由が多かったです。最後に頂く蕎麦湯なんてたまらなく美味しいですよね。蕎麦が不人気の理由として店によって当たり外れがあるという意見がありました。

年齢問わず好きなのは「うどん」という結果になりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。